SF 長編 完結済

愛・ロボット~初めて告白されたのでロボットやってみます!~

作者からの一言コメント

ロボット恋愛学三原則、始まります!?

読了目安時間:35分

総エピソード数:6話

冷静、冷徹、そして冷酷……人からはそう見えるらしい。 その少女は、文武両道の優等生、パーフェクトな生徒会長。 望まれた通りに生きて、言われた通りになんでもこなしてきた。 いつしか誰もがこう呼んだ……まるでロボットだもんな、と。 そんな彼女に、少し不思議な出会いが訪れる!

総エピソード数:6話

作品情報

作品名 愛・ロボット~初めて告白されたのでロボットやってみます!~
作者名 ながやん
ジャンル SF
タグ SF ラブコメ 恋愛 日常 ハッピーエンド 女主人公 恋愛に鈍感なヒロイン 少し不思議 おねショタ パーフェクトヒロイン 複雑な家庭環境 へんてこな少年 女装が似合う少年 男の娘風の恋人? ロボット三原則コン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月27日 11時46分
最終投稿日 2020年5月6日 11時28分
完結日 2020年5月6日 11時28分
文字数 17,628文字
読了目安時間 35分
総エピソード数 6話
ブックマーク登録 10件
コメント 1件
スタンプ 16件
ビビッと 0件
応援ポイント 20,300pt
ノベラポイント 300pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 雨上がりに僕らは駆けていく

    走り続けなければ、明日には辿り着けない

    11,200

    0


    2022年12月4日更新

    「隕石衝突の日(ジャイアント・インパクト)」 そう呼ばれた日から、世界は雲に覆われた。 明日は来る 誰もが、そう思っていた。 ごくありふれた日常の真後ろで、穏やかな陽に照らされた世界の輪郭を見るように。 風は時の流れに身を任せていた。 時は風の音の中に流れていた。 空は青く、どこまでも広かった。 それはまるで、雨の降る予感さえ、消し去るようで 世界が滅ぶのは、運命だった。 それは、偶然の産物に等しいものだったが、逃れられない「時間」でもあった。 未来。 ——数えきれないほどの膨大な「明日」が、世界にはあった。 けれども、その「時間」は来なかった。 秒速12kmという隕石の落下が、成層圏を越え、地上へと降ってきた。 明日へと流れる「空」を、越えて。 あの日から、決して止むことがない雨が降った。 隕石衝突で大気中に巻き上げられた塵や煤が、巨大な雲になったからだ。 その雲は空を覆い、世界を暗闇に包んだ。 明けることのない夜を、もたらしたのだ。 もう、空を飛ぶ鳥はいない。 翼を広げられる場所はない。 「未来」は、手の届かないところまで消え去った。 ずっと遠く、光さえも追いつけない、距離の果てに。 …けれども「今日」は、まだ残されていた。 それは「明日」に届き得るものではなかったが、“そうなれるかもしれない可能性“を秘めていた。 1995年、——1月。 世界の運命が揺らいだ、あの場所で。

    読了目安時間:16時間12分

    この作品を読む

  • ウェポンスピリッツは未来に継げる!

    近代戦×兵器擬人化の第三次世界大戦!

    21,210

    0


    2022年12月4日更新

    兵器、それは戦争の道具であり、人を殺す為に生まれた存在。 だが人は、そこにロマンを見出す。 空を翔ける鋼鉄の鳥に、海をゆく鋼鉄の城に、陸地を走る鋼鉄の騎馬に、終わることの無いロマンを見出す。 何故人は、戦争の悲惨さと共に、兵器の栄光、没落を語るのか。 それは、兵器が人に語りかけるからだ、自身の存在を忘れられないように、国防の意思を、未来の兵器に継げる為に。 戦争の炎は再び燃え盛る、燃やして、燃やして、燃やし尽くした先に残る灰は、一体何を残すのか それは、誰にもわからない。 厳しい批評、雑談に近いコメントなんでもウェルカムです!是非、思ったことや感じたこと、疑問に思ったことなど、お好きなようにかき込んでいってください。 感想、レビューコメント、お待ちしています!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間40分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異界のレゾナンス

    異世界で奏でる。音楽という魔法。

    174,200

    6,070


    2022年11月24日更新

    音方爽志は高校三年生。高校生活の三年間を軽音楽部に費やし、つい先日最後の文化祭のステージを終えた。情熱の矛先を失い、燃え尽き症候群とも言える状態だった彼はひょんなことから異世界《クラルステラ》へと誘われる。 見知らぬ場所に召喚された爽志は境界符術士《ボーダーチューナー》のロディーナと出会う。彼女の危機を救った爽志だったが、そこは楽器を武器として音災と呼ばれる危険な災害と戦う奏者たちの世界だった。 爽志は女神から賜った楽器を手に、元の世界へと帰還する手がかりを探す旅に出る。

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む

  • 小さな海のその下で

    異世界‪✕‬女子‪✕‬動物✕近未来

    55,250

    730


    2022年12月3日更新

    見渡す限りの海だった。 世界は海に沈んだ。 人々は、沈んだ街の上に浮かぶ小さなあばら家で、少ない資源を分け合いながら、奪い合いながら暮らしている。 でも、だけど、そんな世界でも、人々は確かに強く生きている。 そんなこの町の数少ない娯楽の一つ【イルカレース】 ウズはイルカレースの騎手をしている。 ウズには目標が二つあった。 一つ。亡き父の遺した借金を返済する事。 二つ。いつか有名になり、いなくなった母を探し出す事。 今日もウズは相棒のイルカ、キューイと共にレースに出走し続ける。 例えどんなに勝てなくても。 そう、ウズとキューイは、とてもとても弱いレーサーだった。 だけど、ウズとキューイには泳ぐ事しかできないから。 どんなに負けても、一人と一頭は泳ぎ続ける。 ……その日、そいつと出会うまでは。 ☆表紙画像☆ Picrewの「振り向くあの子」さんで作成させて頂きました! https://picrew.me/share?cd=8BvS35v9Qu #Picrew #振り向くあの子

    読了目安時間:2時間33分

    この作品を読む