完結済 短編

天使の銃を持つ男

作者からの一言コメント

西部劇風世界を舞台にしたお話です。

どこまでも果てしなく広がる、乾いてひび割れた赤土の荒野。 灰色に澱んだ空の下、ウェイストランドと呼ばれる町の片隅にある宿酒場の娘・イリーナは、一人の行き倒れになりかけた男を助ける。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 天使の銃を持つ男
作者名 RaTTiE
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ファンタジー 西部劇 短編 荒野 拳銃
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年2月15日 13時36分
最終投稿日 2020年2月22日 0時00分
文字数 13,804文字
ブックマーク登録 0件
コメント/スタンプ 2件
応援ポイント 600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ゆっくり死んでいる

    ♡466,672

    〇1,780

    異世界ファンタジー・連載中・41話 新鮮な煎茶

    2020年6月7日更新

    それなりの人生を歩み、それなりの社会生活を送る。しかし、何かが足りない。 そんな人生を、誰かがこう呼んだ。 「ゆっくり死んでいる」 ここに、一人の派遣社員の男がいた。 男もまた、自分の人生にやりきれなさを感じていた。 ある日、謎のメールを開いてしまったことにより、突然見知らぬ世界に飛ばされてしまう。 そこは、人間のようで人間ではない、獣のようなヒトが住む世界。 そして彼らは、人間より強い野生の力を持っていた。 男は必死に新しい世界に順応しようと努める。そして小さな村で質素ながらも安定した日々を送れるようになり、新しい生活に充足感を感じていた。 しかし、そんな日々は突然現れた盗賊によって壊されてしまうことになる。 そして、男は知る。 この世界には他にも「人間」がいることを。 この世界の運命が、自分たち「人間」に託されていることを。

  • 魔法少女は鋼を打ち、振るう。

    ♡96,750

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・157話 ミュート

    2020年6月7日更新

    私はクアンタ。魔法少女だ。 ……終わりか、だと? 自己紹介をこれ以上続けろと言われても話す事は無い。 そうだな……私は太陽系第三惑星地球の日本秋音市に居た筈が、異世界ともいうべき別の場所に飛ばされていた。 そこでリンナという少女の打つ刀に見惚れ、彼女の弟子としてこの世界で暮らす事となるのだが、色々と諸問題に巻き込まれる事になっていく。 皇族の後継問題とか、突如現れる謎の魔物と戦う為の皇国軍へ加入しろとスカウトされたり…… 色々あるが、私はただ、刀を打つ為にやらねばならぬ事に従事するだけだ。 詳しくは、読めばわかる事だろう。――では。 イラスト:わっちめん。様(Twitter:@asunyamn) ※この作品は「小説家になろう!」様、「アルファポリス」様でも同様の内容で公開していきます。 ※コメント、スタンプ、ポイントは全て大歓迎です。何時もありがとうございます!