ただ君だけを、守りたいと願う

読了目安時間:10分

1幕 演劇旅団レオニア

この世界には物質を構築する元素と、 動力の源となる魔素があり、 それぞれを根源(こんげん)として生きる者達がいる。 元素によって生きる者を「人間」または「動物」。 魔素によって生きる者を総じて「魔族」、と呼ぶ。 それぞれ異なる大陸に暮らし、 互いに干渉することなく暮らしてきた。 間に横たわる広大な海、 それを「魔海溝(まかいこう)」と呼ぶ。 沈黙が破られたのは1000年の昔。 翼をもった魔族が海を渡り、 人の地へ訪れたことを機に、長きに渡る争いの口火が点った。 初めは、小さないざこざから。 時と共に人も魔族も発展した結果、 戦地では数多(あまた)の命が失われた。 人族は兵器を用いて戦い、 魔族は魔法を用いて抗った。 そして ついぞ、10年前。 その長きに渡る争いにも終止符が打たれた。 魔の王は人の神に敗北した。 多くの魔族は徹底して人に抗い、敗戦後も数を減らし、 今や山や森の奥、 はたまた、人の下働きとして生きる道がある程度か。 魔族の故郷「魔大陸」も、次第に人の手により開拓(かいたく)がなされ、 王が住んでいた城へ、今にも手が届くか、というほどに。 世界は 安堵(あんど)に満たされていた。 それは何も人だけではない。 同じように戦争に反対した一部の魔族もまた、貧しいながらに平和を享受する。 そんな世界の今日は… 人魔終戦記念日(じんましゅうせんきねんび)。 それは一千年に渡る人族(ひとぞく)魔族(まぞく)との間に起きた争いに決着がついた日。 人々は平和を歌い、勇敢を語り、発展を踊る。 十年ほどの歴史を持つ記念の日。 その日は歌と踊りを肴に酒飲み語り合う。それが人魔終戦記念祭(じんましゅうせんきねんさい)。 十年、人々は復興の喜びを感じ貧しさに嘆きながらも、力強く生きようとしていた。 それはイーラの住む小さな街リミニセンも変わらない。 街が歌い、踊る。 祝福するような青空の下、旅人のヴェルが一人浮かぬ顔で歩みを進める。 「あの日から今日で十年」 嘆息が絶え尽きない。 私は何をしたいのだろう…。 戦争に負け、最愛のものを亡くし、なお何かと触れ合いたいとでも思っておるのか。 (うれ)い、(かな)しい姿の旅人の耳にも、祭りの(にぎ)わいの一つを作る明るい声が飛び込む。 「お、どーも。あ、こっちも、まいど!さんきゅーなー!」 軽い調子の声の持ち主の後ろに旗が風になびいている。 ―劇団レオニア公演中! 「劇団か。このような田舎の街に。珍しい」 祭りの騒めきにあてられ、ヴェルは一層深い溜息をついた。 その思いに反し、先程の明るい声が再び手向けられる。 「ん?へい!そこのにいちゃん!」 「…それにしても、騒がしい…」 「おいおい!にいちゃん!」 さらに大きく。 「にいちゃーーん!」 思いっきりの声にヴェルの視線が動く。 射止めた先には、人懐っこそうな旅芸人(たびげいにん)。 二人の瞳、ヴェルの赤と旅芸人の紫が交錯したところでようやく。 「…ふむ。私のことか?」 繋がる。 「おぉ!やっと気づいたか。そうだよ、にいちゃん」 歩みを止めたヴェルの元へ旅芸人は嬉しそうに駆け寄る。 悪戯(いたずら)が好きそうな雰囲気。 「でっかーな大男が、なんかすごーい思い詰めた顔してるから気になってな!」 見透かしていたのか。 ただの思い過ごしか。 自分でさえ気づかぬことを旅芸人は言い当てる。 「そのような顔を、しておったか?」 「そうよ!こんなに明るいおてんとさんと記念祭!なんてハッピーな日なんだ!」 おどけたように応じる旅芸人。 「ってところに、すんげーブルーな顔して歩いてるから、ますます気になっちまったのかもな!」 自分で言って納得しているのか、うんうんと頷いている。 今日の天気を象徴(しょうちょう)するような笑みにヴェルは自分の中にある影を再認識させられた気分だった。 自然と声のトーンも落ちる。 「すまぬ。暗そうで。生憎(あいにく)そういう性格なのでな」 深く、暗い影。 いつまでも身にまとわりつく。 晴れることなどない。 ふーん。 「ほんとかー?祭りに誘ったガールにお(ことわ)りされちまったんだろ?」 突き抜けるように明るい冷やかし。 誰が聞いてもそうとわかる言葉に、ヴェルは答えない。 それを怒りと受け取ったのか。 「わりいわりい!そーりーそーりー。怒るなって」 まるで悪気がないように謝りを入れて続けた言葉は。 「にいちゃん、名前はなんてんだ?」 「…なぜ言わねばならん」 しかし旅芸人めげない。食い下がる。 「いいじゃねーか!何かのよしみだよしみ!俺は役者のオレンドだ。よろしく!」 立ちふさがる。 はい、握手。 求められた手を一瞥(いちべつ)して。 「…ヴェルという。旅人だ」 手は出さない。 オレンドと名乗った旅芸人は手を空へと切らせてから、なおも表情を(ゆる)めた。 「おぉー!くーるな名前じゃねーか!ヴェルー!」 「やめろ、絡むな」 ヴェルー、ヴェルーと犬のように(まと)わりつくオレンドをヴェルが軽く(にら)みつける。 それでも人懐(ひとなつ)っこく笑みを向けて。 一つ(うな)る。 「んー。なんか、ヴェルとは初めて会った気がしないんだよなぁ」 どこで会ったっけ? 軽快(けいかい)に笑いながらヴェルの顔をまじまじと見つめる。どうも考えてるようには見えない。 「私は全く思わん。…冷やかしだけなら私はお(いとま)させてもらうぞ」 全く、に思わぬ力が入ったヴェルはオレンドの横をすり抜けようとする。 とどうだ。 唐突(とうとつ)にオレンドはその場に屈みこんだではないか。 おーいおいおい。 「そんな冷たいこと言うなよ!演劇、見てってくれよー!」 おーいおいおい。 まるで子供の泣きまねだ。 段々周囲の視線を感じるようになってくる。 この旅芸人はそれも楽しんでいるようだった。 「…演目はなんだ」 ぱっ。 オレンドは立ち上がって、朗々と演目を歌い上げる。 「うちの劇団の新作!―魔城(まじょう)の姫君―!魔王に恋した姫様の話」 「断る」 「即答!?」 間髪入れずに拒絶の言葉を口にして。 両手を広げ()いしれているオレンドの横を通り抜け、ヴェルは足早にその場を去ろうとした。 だがしかし。 「おいおい、待てよゔぇーるー」 追いつき、オレンド。 「…すまぬが興味がない」 去る、ヴェル。 「ゔぇえええるうう」 がし。 「ゔぇえええぇえぇぇえるうううう」 ずるずる。 長身の男に(すが)りついて泣き出す男の図。 これは何事かと集まる好奇(こうき)の目。 子供が二人を指さし、母親に怒られているのを見て 「わかった、わかった。わかったわかった。見る、見るので離れろ」 珍しくヴェルの表情が動かされる。 その犯人の顔がくるりと変わる。 パチン、と軽やかな指鳴りの音が青空に広がっていく。 「おおし、そうこなくちゃ。いいやつだなぁヴェルは」 一名様ごあんなーい! 仰々(ぎょうぎょう)しく右手をテントの方へと向け、一礼する。 これではダンスに誘われたレディだ。 レディというには、ほど遠いヴェルは大きく溜息(ためいき)。 打って変るは(さそ)いをかけた紳士、オレンド。 「はっはっは!不貞腐(ふてくさ)れんなって!幸せが逃げてくぞー!のーのーあんはっぴーあんはっぴー」 さあさあ。 あまりの勢いに(うなが)されるままにヴェルは歩みを進めるしかなかった。 「楽しい楽しい演劇の世界へいってらっしゃーい」 現実で最後に聞こえたのは、明るく手を振るオレンドの声。 テントの中は異世界。 薄暗く落とされた照明の中で、明るく照らされた舞台。 繰り広げられるは、魔城(まじょう)の姫君。魔王に恋した姫様のお話。 魔王が最後の戦いに(おもむ)くお話。 (きら)びやかで、時には(かな)しみを舞台が語っていく。 魔の地にて。 人間の姫が、魔の王に(すが)る。 戦いに(おも)く魔王の(そば)から離れたくない、と。 しかし、魔王は近衛従者(このえじゅうしゃ)に姫を託し、最後の戦いに赴く。 そして帰ってくることは、なかった。 待ち焦がれる姫に訃報(ふほう)が届き。 人の世になったとて魔王を愛してしまった自分は許されるものではないと姫自ら命を絶つ決意をする。 が、従者の支えによって、姫は命を救われる。 お腹に宿る新たな命と共に。 そうして姫は魔王亡き後、平和となった世を従者と共に見て歩くことになる。 最後に。 こう()めくくられた。 「彼女たちに敵意はない。今こそ剣を納め、我々は次の時代へと踏み出さねばならぬ」 夢見心地の観客に、願いを託す。 「皆様もいつか魔王の子と出会ったとして、争いの火をくべることなきよう。魔王の子もまた、我々と同じ平和の世に生まれた命なのだから!」 (まく)がするすると降りる。 夢はおしまい。 観客によりパラパラと、次第にいつしかテントを突き抜けるかのごとく拍手に包まれた。 まだ熱を帯びた観客たちが口々に劇の感想を述べながらテントから青空の、涼やかな風に当てられる。 見送る演者に賞賛(しょうさん)が集う。 「はーい!おかえりなさーい!」 「とても素敵でしたわ。姫様のお子が幸せでありますように」 「ありがとー!さんきゅーなー!」 「本当によかったよ。どこか大きな劇場でも持っているのかい?」 「え?そんな!ちっちゃな劇団ですよ。あっはっは!」 「あ!お次の方もおかえりー!さんきゅーなー!」 「ありがとう!ねえ、お兄ちゃん、握手して握手」 「え?握手!照れちゃうなあ!」 オレンドは清々しい気持ちだった。 今日も観客が自分たちの演劇を楽しんでくれた。 そこへ。 一番最後に夢の世界へ送り出した観客が通り過ぎるのを見逃さなかった。 彼もオレンドに気が付いたようだった。 「…ふむ、オレンドか」 「おやー?ゔぇーるー!おかえりなさい!さんきゅーなー!」 「なんだその、おかえりなさい、というのは」 出てくる観客にかけられる「おかえりなさい」の言葉。 それがヴェルにとっては不思議だった。 「演劇の世界からおかえりなさい!って意味さあ!…ちょっと芝居がかりすぎかね!」 あっはっは。 オレンドはからからと笑う。 かと思えば次には大仰に驚いてみせる。 「おや?ゔぇる!泣いてるのかい!そんなに感動しちゃったのかい!?」 「…私が?泣く?」 つい、と頬に手をやったヴェルは確かにそこにある液体を感じた。 「お?生まれて初めて泣いたみたいなリアクションだな!」 涙。 まだあったのか。 「いや…私の涙は尽きたと思っていた…」 そう、あの日に全て失ってしまった。 「はっはっは!なんだあ!変なヴェルだな!いやー、なんかそうまで感動してもらえるとは、なんか、俺まで…」 ハンカチで目元を覆うオレンド。 肩が、震えていない。 「茶化(ちゃか)すな。下らん芝居はやめろ」 「はっはっは!バレた?」 ハンカチの間からちらりと上目遣い。 「…オレンド、私はお前を気に入った。褒美(ほうび)として一つだけ、感想を述べてやろう」 「およ!変わり者のヴェルくんから感想なんて!ぎぶぎぶ!聞いちゃうぜえ」 「死んだのは魔王ではなく、姫の方だ」 きょとん。 「…へぇ」 面白い答えだ。 彼なりの感想に、オレンドはこの男のことをもっと知りたいと思った。 「以上だ」 去っていくヴェル。 「なあ!」 走り寄ってきたオレンドの口から飛び出した言葉は。 「ヴェルは半魔(はんま)だろ?」 ほんの少し、寂しそうだった。 「…そうだ。なぜわかった。魔力は全て封じているはずだが」 「俺もそうなんだ。俺魔力全くないから、正直人間と魔族の区別は見た目くらいでしかわかんねぇ!…けど」 けど、と顔を伏せて次にヴェルに向けた顔からは寂しさが消えた。 いや、隠された。 「なんか、そんな気がしたんだ!はっはっは!運命の出会いってやつかもなー!」 運命。 そんなものがあるのかはわからない。 しかしそれがあるのかもしれないとも感じさせる。 「…ふむ、くだらん。私はもういく。客がそなたのことも待っておるぞ」 顎でくいっと差し示した先では、観客の何人かがオレンドのことを熱く見つめている。 オレンドが彼らのことに気づいたことがわかると、観客が手を振ってくるのが見えた。 「おぉ!わりい、んじゃ!またどこかで見かけたら、また劇を見に来てくれよ!俺達も旅芸人だからさ、どこかでな!」 「その時は新作を楽しみにしている」 「およ!そんじゃー、さんきゅーな!」 オレンドは駆け出す。 夢から帰ってきた観客たちを迎えに。 おかえりなさい、と。 その声を背に受け、ヴェルは喧騒(けんそう)を忘れぬ祭りの街中を歩く。 彼はまだ夢の中のことを思う。 …ロクシー。物語のように、私ではなく、もし君がこの道を歩いていたら、どう思うだろうか。 あの時、君の願いを聞いて、君の(そば)にあれば、まだ君は生きて私の横にいたのだろうか。 私がおらぬ魔王城で、君は何を考えて、何を願っていたのだろうか。 過行(すぎゆ)く過去の記憶。 あの日から私の心は死に、付き従う仲間の声に奮い立つこともできず。 ただ我が軍が負けていく様を他人事のように眺めておった。 私までも亡者のようになり、ただ君の亡骸を眺め、気づけばあっという間に骨だけになった。 その間に世の中は様変わりし、今やどこを見ても人しかおらぬ。 人の世。 この賑やかさは人のための、もの。

お読みいただきありがとうございました! オレンドさんは、この1章、演劇旅団編の主役人物となる予定です。 可愛がってあげてください。 次は4月7日(水)21:00 更新予定です!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 神の遊戯  (第一部第一章 毎日 20:30 更新)

    とある一柱の神にまつわる物語。

    3,300

    0


    2021年6月22日更新

    こんな事を考えたことは無いだろうか。 「もしもドラクエの呪文をひとつだけ使えるとしたら何がいい?」 どの呪文をどう使ったら・・・便利か?儲かるか?異性にモテるか?強くなれるか?友達が増えるか?憎いアイツに復讐できるか?悪戯できるか?成功するだろうか?・・・と。 これは、そんなありふれた話を『想像』し、そんな世界を『創造』した、とある神にまつわる物語。 そして、そんな神の気紛れに巻き込まれ、導かれ、振り回された、たくさんの日本人達の物語―――。 本作は長編を予定しております。 序章~第一部(10章)~第二部(5章)~第三部(5章)~第四部(本編)~終章 順番に執筆していきます。終了時期は未定です。 ある程度の区切りまで完成したところで、纏めて予約更新していきます。 ・序章(全20話 32000文字)2021年2月20日 20:30~ ・第一部 第一章(全20話+1話 32000文字)2021年6月13日 20:30~ ・第一部 第二章(全20話+1話 32000文字)2021年7月24日 20:30~ ・第一部 第三章以降(未定) (関連作品) ・後輩冒険者たちへ ツチイ編 → novelup.plus/story/896652772 ・後輩冒険者たちへ リュウノスケ編 → novelup.plus/story/886969797 ・サキの秘密日記 → novelup.plus/story/728591162

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間38分

    この作品を読む

  • 激昂のラストソウル~そして悪魔になった少年が全ての悪魔を滅するまで~

    悪魔を題材にした成長系物語です

    100

    0


    2021年6月22日更新

    とある世界には「悪魔」という人を襲う脅威的な存在がいる。 その悪魔、そして悪魔が作り出した魔族に対抗するためには自身の体内に巡る魔力を武器に纏わせて攻撃するか、魔力を魔法に昇華させて攻撃するかの2つである。 そして、その悪魔及び魔族にそれらを用いて対抗する人間部隊のことを特殊任務魔術師隊ーーーー通称「特魔隊」と呼ぶ。 その未来の特魔隊員を育てる魔法学院中等部には“魔力のない”主人公【ラスト=ルーフェルト】が在籍していた。 ラストは魔力がないことから学院の中でもバカにされていて、しかしラストは何も気にしないように笑いながら日々の鍛錬を続けていくばかり。 そんなこの先の進路を決める時期、ラスト友人であるグラートが落ちぶれていく親友を気にしてとある提案をした。 それは街で連続で発生しているという失踪事件についてで、その犯人が悪魔と噂されているのだ。 グラートはラストが悪魔退治を成功させることでラストの夢である特魔隊員への道を途絶えさせないように考え、ラストはその提案を了承することにした。 そして二人で悪魔退治に出かけたその日の夕刻、二人は今にも女性を襲おうとする悪魔らしき存在を見つけ――――

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 負けるとご褒美映像のあるタイプの女勇者に転生してしまったorz

    ㊗️1周年イラスト追加 🔞に異世界転生!?

    470,700

    13,260


    2021年6月20日更新

    プロットあり ‪https://novelup.plus/story/406532720‬ 現世では男だった主人公は負けるとご褒美映像のあるアダルトゲームの女主人公に異世界転生してしまった。 負けると強くなる世界でこれを拒む主人公、主人公を敗北に導くべくあの手この手で無理難題の罠を張る国王。 果たして無敗攻略を達成できるのか?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間36分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    773,261

    3,693


    2021年6月20日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間8分

    この作品を読む