ただ君だけを、守りたいと願う

読了目安時間:6分

エピソード:8 / 23

7章 王の気

「おい、そろそろいいか?脱走奴隷(だっそうどれい)を見つけなきゃいけないし、あんたにも聞きたいことがあるんだ」 貴族兵が後ろ向きのまま問うてきた。 表情は見えないが、軽い苛立(いらだ)ちを感じる。 と。 空から人影が降り立つ。 大きな影。 数刻前別れたばかりの。 「すまぬ、一足遅れた」 「ヴェル様」 「ヴェル!」 見知った名を呼ぶと、貴族兵が振り返る。 そこには大男。 今の今まで、どこにもいなかったはずなのに。 家の奥を目視で捜索(そうさく)しても見当たらなかったのに。 「うお!?あんた誰だよ!」 「ふむ。守り人よ、私はヴェルという。友人が世話になった。いろいろあるが・・・ふむ。事態は急がねばならぬ」 驚く貴族兵を一目見て、次に視線を動かす。 エリスへ。 「そなたは半魔(はんま)ではない」 言われ、戸惑(とまど)うエリス。 続けて貴族兵へと視線を移す。 「そして守り人よ、そなたの恋人が帰りを待っておった」 「…は?」 事を急ぐ。 イーラへとヴェルの視線が移ろう。 「最後にイーラよ、空を見るのだ」 これにはイーラだけではない、その場にいた全員が夕暮れの赤みを帯びた空に注意を向ける。 一同、抱く思いは同じ。 「なんじゃありゃあ」 代表して貴族兵。 暗雲(くらくも)に長く、長く伸びる赤い影。 夕焼けよりも赤く。 まるで炎のような。 「…龍…」 エリスが的を得た解をもたらす。 「魔王の気には、当てられた魔の者の姿を大きく変える力がある。空を舞う一匹の魔鳥(まちょう)さえ。」 言ったヴェルの眼差しはイーラへと注がれていた。 「イーラは、長く(とど)めすぎたのだ。そして、私はイーラの素質に気づかなかった」 「私が…?」 龍の燃えるような瞳が、この街を見ている。 何者かを探すように。 探るように。 そして、それが。 ついに見つけた。 長い尾を上空へ向け、するりと旋回。 光る目を向けこちらを目指してくるのがわかる。 「ま、待て!あいつ街に!」 「主人を救おうとしておるのだろう」 焦る貴族兵たち。 広がる翼は人のいかほど分からないほど。 その(あぎと)は、どれほどの人を砕くことができるのか。 犠牲が生まれるのは明らか。 「お前たち!外にいる者を全て屋内へ退避させろ!急げ!」 言った彼、一番偉いのであろう貴族兵が、後ろに控えていた二人に指示を飛ばす。 それでも太刀打ちできるか。 生唾を飲もうとしても喉を通らない。 「待て、守り人よ」 人民を守るため駆けだそうとした貴族兵らを止めたのは。 他ならぬヴェルであった。 その声は(いささか)かも慌てた様子がない。 「私が預かる」 「お、おい!人一人で勝てる相手じゃ…!」 言うが早いか、貴族兵が止めるのも聞かずにヴェルは龍を見据えて大地を蹴る。 常人を逸した跳躍力。 空を飛んだというに相応しい。 上空で龍がヴェルのことを敵だと捕らえたのか。 急停止。 睨みつける。 それでもヴェルは空を走る風と同じく涼やかな顔をしていた。 すっ、と龍に手を伸ばし。 首についっと触れる。 7章 王の気の挿絵1 「すまない。そなたもこの姿になりたくて、なったわけではなかろうに。今戻してやる」 龍が一声鳴いた。 高く、長く。 悲しい響きだった。 望んでいなかったのか。 誰も気づけなかった。 「そなたの主人は私が預かろう。安心すると良い」 龍がちらりと固唾をのんで見つめているイーラを見た。 それから、ヴェルに瞳を向ける。 小さく(いななく)く。 どこか安らいでいるような。 瞬きをした龍の瞳が穏やかさを含むと。 するする。 その姿を変えていく。 いや、戻っていく。 夕空と同じ、燃えるような羽色をした一羽の鳥へと。 すりっ。 鳥がヴェルの手に一度擦り寄ったように見えた。 錯覚だったのかはわからない。 問いただすべき鳥が飛び去ってしまったからだ。 ヴェルは一人上空で、皆は大地からその飛び去る鳥を見送った。 夕焼けが夕闇に変わろうとしている空。 「どうなってるんだ、こりゃ…」 鳥が見えなくなってから、ヴェルは大地へと降り立つ。 イーラたちが見守っていたところへ戻ってくるなり。 「ヴェル!!」 飛びついてくるイーラ。 その頬は興奮のためか薔薇色に紅潮(こうちょう)していた。 「すまぬ、心配をかけた」 「ううん!かっこよかった!」 ぼんやりと事の成り行きを見守っていた貴族兵もその声に現実へと引き戻され。 戻ってきたヴェルへ刮目(かつもく)する。 その瞳には畏怖(いふ)が、込められていた。 「かっこよかった、か。して守り人よ」 向けられた畏怖の対象の持つ眼差し。 射貫かれたように姿勢を正す。 「はいい!」 「かしこまらずともよい」 ヴェルは貴族兵に声をかけていく。 「奴隷を探しているのだったな?」 それでもかしこまる貴族兵。 「そ、そうです!」 これには少しばかり困った様子で、ヴェルはその手の内にある物を(もてあそ)ぶ。 奴隷の代わりくらいにはなるだろう。 「奴隷は返せぬ」 きっぱりと言い放つ。 貴族兵は落胆してみせる。 この男が後ろにいる以上、奴隷を取り返すことは困難を、いや不可能であろう。 「しかし、これでそなたの主人を納得させることはできるか?」 これ、と取り出された品に貴族兵はどよめく。 手のひらに収まるくらいの、しかしその(きら)きは間違いのない先程まみえた龍の色。 「一枚だけ拝借した」 首に手をやった時であろうか。 放り投げられた鱗は(きら)きを残しながら、貴族兵の元へ。 不意だったためか、貴族兵はよろめきながら、しかし取りこぼすことなく鱗を手にする。 「うおっとっと」 鱗を天に掲げると、炎の色をしたそれが夕闇に染まりつつある空にくっきりと浮かぶ。 その輝きは正に。 「本物だ…」 滅多にお目にかかることのない輝きに、貴族兵たちの目が奪われる。 「いくらかは知らぬ。だが高価だと聞く。受け取ると良い」 「あ、ありがとうございます!」 奴隷よりも高価なものであることは推測がつく。 これがあれば主人は納得してくれるかもしれぬ。 後ろ盾が強力であるのに(こう)することもあるまい。 「それと、恋人が待っておる。急ぐことだ」 先ほども感じたが、どうしてそれを。 一瞬だけ、そのような表情を見せたが、不思議とこの男の言うことは信じられた。 確かに今日約束はしていたのだ。 彼女であれば待っているだろう。 貴族兵はそれぞれで頷き合うと、ヴェルへ向けて礼を述べて足早に去っていく。 それを見送り。 ぶらぶら。 まだイーラはヴェルにしがみついたままであった。 「さて、イーラよ。そろそろ降りてはくれぬか」 「ヴェルってすごいのね!今の何ー!なんで!?龍はなんだったの?龍がちっちゃくなったのは何なの?」 ぶらぶらぶらぶら。 しがみついたままイーラ。 瞳には、好・奇・心、と刻まれているかのよう。 「これこれ、イーラや。ヴェル様が困ってるさね」 一息ついたエリスが二人の元へやってくる。 ぴょんと降り立つイーラを手助けしてから、ヴェルは改めてエリスへ向き直った。 どことなく疲れた表情をしたエリスを見て。 「ふむ。ご苦労であった」 その言葉に、深くため息をついた後。 「ええ、全く・・・。とりあえず家に入りましょうか。ヴェル様もどうぞ」 暗くなり始めた屋外から温かな家に導かれ、 ヴェルは訪れることがないだろうと思っていたドアを再び潜ることになる。 出ていった時と同じ、ふんわりとしたコーヒーの香りがそこにはあった。 今日もヴェルが泊っていくことになるのをイーラは手放しで喜び、 ヴェルの周りをくるくる回りながら家に入る。 おっとまりー、おっとまりー。今日もヴェルがお泊りだー。 作詞作曲、イーラ。 彼女ならではの明るさを、今日はなお強く感じた。

ヴェルさんがかっこいい話です! 魔王様はいつも冷静で強いのです! と・・・世界観を壊さない程度に 思いのたけを書きました。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 貴族令嬢はもふもふがお好きなご様子

    もふもふ要素はどこだ!?

    49,000

    0


    2022年11月28日更新

    滅亡間近の国の男爵家にチート娘が生まれた。その田舎の男爵家の娘が中央高等学院に首席入学したことで、公爵令嬢、令息たちの運命は大きく動きだす。 優秀を通り越して〝非常識〟な男爵令嬢に、公爵や王族すらも頭を抱えるのだが、権力者たちは彼女を安易に排除することはできない。 何年も続く不作に国全体が窮しており、収穫の改善をも成し遂げた男爵令嬢は救いをもたらす存在でもあるはずなのだ。 問題はもう一つある。 常軌を逸した数で押し寄せてくる魔物。人智を越えた力を持つ化物。 人々を恐怖に陥れんとばかりにやってくる。 しかし、いかなる敵が来ようとも、貴族令嬢と〝もふもふ〟の力が合わさったら倒せないはずが無いッ! そして、令嬢たちと〝もふもふ〟が交流をもつことで周辺国の行く末すらも変わる。 いずれは国王とその重臣となり、その先にあるのは大陸制覇しての統一国家である。が、そこまで物語が続くのかは誰も知らない…… ※ 「小説家になろう」「カクヨム」「noveler」でも公開中

    読了目安時間:55時間12分

    この作品を読む

  • 召喚者は一家を支える。

    第1部完結しました!

    6,750

    0


    2022年11月28日更新

    かつて世界で最も人気のあったゲーム【シェラリア・オンライン】。 主人公はそのゲームによく似た世界に召喚される。 しかし、存在が他に悪影響を与えるからと、意気投合した同室の同じく元プレイヤーの少女と共に城を出るが、処刑の為の追手を放たれる。 だが、全ボス撃破RTA世界記録を持つ、チームリーダーだった主人公は驚異的な早さの育成で追手を次々に撃破。 途中、加入した同じ召喚者の少女たちと共に隣国へと逃れ、有力者に斡旋してもらった家でメイドを加えて暮らすことになる。 疑似家族となった召喚者たちは、新天地で慌ただしい日々が始まるのだった。 ※修正版ですが、小説家になろうで掲載しているものと同じになります。 ※アルファポリスのものと同一になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間40分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 冒険者ギルド職員だって時として冒険する事もあるんだよ

    職員達も命を張る時があるんです

    5,600

    110


    2022年11月28日更新

    冒険者ギルド・聖都スチューデリア支部には様々な依頼が持ち込まれる。 そして仕事を捜しに様々な冒険者達もやってくる。 ギルド職員は冒険者達がスムーズに仕事にありつけるように、また依頼の成功率を上げる為に尽力していた。 ある日の事、持ち込まれたある依頼は普段とは毛色が違っていたようで…… 怪しい依頼を安易に受けてトラブルとなるのを避けるのもギルド職員の重要な役目であった。 無類の強さを誇る元・最強の冒険者であったギルド長。 かつて宮廷にて治療術士として仕えていた凄腕の魔法遣いである副ギルド長。 生真面目で融通が利かなそうだが、実は恋する乙女な事務長。 小生意気だが、裏では病弱な家族を支える健気な受付嬢。 などなど個性的なギルド職員が織り成す群像劇である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間39分

    この作品を読む

  • 恋に恋せよ恋愛探偵!

    残念美少女とチンピラの学園謎解きコメディ

    152,700

    710


    2022年11月27日更新

    県内一の生徒数を誇る超マンモス高校、私立晴嵐学園。 基本校則は自由! 髪型も服装も自由。学園長が入学式の挨拶で「法に触れなければ何してもいいよ」とのたまうほど自由が売りの学園。しかしそんな晴嵐学園にも唯一厳格な校則が存在する。 それは生徒の「無断恋愛禁止」 世にも珍しい恋愛許可制の学園で、人様の恋愛ごとに首を突っ込むのが大好きな学園一の変人と呼ばれる残念美少女、桐花 咲。 そしてそんな彼女に巻き込まれた学園一の不良と呼ばれる主人公、吉岡アツシ。 「恋の悩みは全て、この恋愛探偵桐花咲にお任せあれです!」 今日も今日とて2人は学園を駆け回る。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間3分

    この作品を読む