Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

ただ君だけを、守りたいと願う

読了目安時間:6分

5章 魔大陸到着!

魔大陸の奥。 そびえる岸壁の頂に鎮座する巨大な城。 見ようによっては神殿のようなその巨大な建造物こそ、魔王ヴォルカスが身を置く魔王城。 その周囲には許されざる者を拒む失明の霧。 霧に包まれた者はその報告感覚を失い、いくら進もうが城の足元、その崖の淵を拝むことすら出来ない。 魔王の城。さらにその最上階に位置するひと際巨大な部屋。 魔王ヴォルカスはいつもその部屋から魔大陸を眺めながら、 物事を思案していた。 巨大な龍も軽々と通り抜けることが出来るほど巨大な窓の前に立つ理由は、 その目で世の成り行きを知覚し、魔大陸で起こる出来事そのすべてを把握するため。 黒く長い長髪は微動だにせず、ただ腕を組みたたずんでいるだけ。 しかしその存在感はこの巨大な城も小さく見えてしまうほど。 「ふむ…。」 海の遥か先にのぞむ人族の暮らす大陸を睥睨した後、魔王ヴォルカスは一人で小さく頷く。 魔大陸は人が住む大陸のそれと全く異なる構造で出来ている。 人大陸は元素と呼ばれる物質により構成された草木や岩でできている。 しかし、この魔大陸は魔素と呼ばれる力の根源により構成される。 人大陸の草木は、大地に流れる水を吸い、その水の中に溶ける養分を糧とする。 魔大陸の草木は、大気に漂う魔素を吸い、それそのものを糧として生きる。 人大陸の動物は、血肉を腹におさめるために狩りを行い、他の生き物を食する。 魔大陸の動物は、より多くの魔素を取り込むために、他の生き物を殺し、魔素を奪う。 似たような構造だが、媒介とするものが違う。 物質をつかさどる元素はそれそのものが形を成し、 魔素は生き物のようにさまざまな形を成す。 異なる元素が反応しあうとき、そこに火柱が立つ。 多量の魔素が集まったとき、同じく火柱が立つ。 そのような違いだ。 魔王ヴォルカスはこの大陸にある魔素と繋がり、 この窓から、目だけでは知覚できないさまざまな情事を感じている。 と…その沢山ある情事の一つ。 海岸沿いの小さな街で、懐かしい理の気配を感じとる。 「魔法陣か」 ヴォルカスが呟くとほぼ同時。巨大なドアがゴゴゴと音を立てて開く。 数名の死人兵がドアを開け、奥から死人を従えた魔族近衛がコツコツと足音を立てて部屋に入ってくる。 パリッとしたジャケット、黒い長髪。少しジト目気味の、悪く言えば根暗そうな雰囲気の女性魔族。 「失礼します」 「サラか」 予測して通りの来訪者に対して、向き直り何事か、と視線を向ける。 サラと呼ばれた魔族はクイッと眼鏡を上げた後、事務的な口調で部屋に訪れた目的を話す。 「ヴォルカス様、何やら海岸沿いの街で人族の娘が暴れていると報告があったのですが…」 「人族の娘?ふむ…。」 何か見知らぬ気配を感じたのは確かだが、まさか人族の娘がこの魔大陸に何の用だろうか。 とヴォルカスは思案する。 「船などを見かけた者はおらず、港があるような場所でもなく。私たちが知らぬ術を用いるそうです。」 魔法陣。古の時代に使われた術。 地に眠り、気中に漂う魔素に働きかけ意図した作用を起こさせる原初の魔法。 魔の生き物にとっては当たり前のことを、異なる理でもって使役する術。 決して便利でもないその力を、今更掘り返して使う物好きとは。 ヴォルカスにしては珍しくその人間を一目見てみたいと思った。 しかし…サラという魔族は有能だ。 相当なことでなければ、お手を煩わせるわけには、とかなんとか言い、 ほぼ全ての物事を持ち前の有能さで納めてしまう。 ここは言い訳が必要か。 「ふむ。オレンドはどうしている」 「今は人族の生産拠点を抑えるため侵攻へ向かっております」 想定問答。 「そうか。他の魔族もだったか。」 「えぇ。海獣が海、怪鳥が空より。そして傀儡師が船となり、亜人達も魔海溝を進んでいます。」 知っている。 「ですので、オレンドは上陸のため敵船の防衛網の突破口となるため出陣しています」 「そうだったな」 「はい。」 さて… 「そうか。では、私が様子を見てくることとしよう」 「ご安心ください。私が近隣の魔族に伝令を飛ばして、その者を鎮めます」 これも想定問答 「しかし、知らぬ術を用いるのだろう。」 「…?そうですね。しかし、所詮は人族が暴れている程度だと聞きます。街に屯する魔族はいざ知らず、軍に属する魔族で遅れとることはないかと。」 サラも引く様子はない。 自分の仕事にプライドを持ち、魔王の手を煩わせる気は甚だない。 「ふむ。その者の正体がはっきりしない状況であれば、私が直接出向き、その実体を明らかとしてこよう。誰を向かわせるかは、その後でもよかろう。」 「!?」 魔王が戦争や政以外のことで直接何かすること。 何か失態を犯したのでは、とサラに思わせるのに十分な理由である。 それほどにサラは己の責務に対して忠実であり、魔王に忠義を立てている。 「…差し出がましいですが、敵の正体は不明であり、万が一でもあれば…」 苦し紛れの制止。 だが、興味で行動しようとしているヴォルカスにとっては、 身を案じる言葉というのは実に分が悪い。 「私に万が一があるというのだな?」 「いえ、失礼しました」 口からついて出た言葉に気づき、ヴォルカスは己の未熟さに歯がゆさを感じる。 魔王といっても、結局は生き物であり。 力があって、同じように心がある。 「ふむ…。今のは、すまなかった。忘れてくれ。ふむ。どうにも、そなたには甘えてしまう」 まっすぐに見つめるサラの黒の瞳。ヴォルカスはその少し左下へ目を逸らす。 「…どうされました」 「サラよ。そなたの心配りには感謝する。が、私も時には外に出て、知らぬ何かを見てみたいのだ。魔王であっても堅苦しい思いをし続けるのはなんとも肩がこるのでな」 勝負あり。一時でも感情的になってしまった自分を反省しながら、 魔王ヴォルカスはふっと笑い、正直な心を語る。 応じるようにサラも息を吐くように笑う。 「ふふふ。そうですか」 ふとヴォルカスは視線を外に移す。 自分から外に出て、何かに興味を持つなんていつぶりだろうか、と思う。 その昔は良く外の世界に憧れたような、うっすらと、そんな気がする。 「サラよ。そなたも外に出たくなったら言うと良い。すぐにでも聞き届けよう」 「ありがとうございます」 ヴォルカスが部屋の奥の、一層深い影が落ちる一角に手をかざすと、 床から黒い煙が立ち込め、闇の回廊が魔大陸のどこかとつながる。 「では、様子を見てこよう。何事もなく、帰ってくる。安心すると良い」 「わかりました。お気をつけて」 サラは背を向けるヴォルカスに一礼をし、 そのままヴォルカスが回廊の中へ消えるまで、頭を下げ続ける。 回廊が閉じたことを気配で察知すると、さっと頭をあげ、 空いていたカーテンを指さし、魔力を使ってバサッと閉じる。 足早に扉から出て、裏に控えていた死人に締めるように無言で念じた後、 ジャケットのポケットから小さな傀儡を取り出して一人の魔族に交信する。 「どうしよう、オレンド。ヴォルカス様がお一人で出ていきました。止めたのですが…なぜか今日は我儘を仰られて…」 手に収まるほど小さな傀儡が大声で「はっはっはー!」と笑った。 時は少しさかのぼり魔大陸の海際の街マモン。 見慣れぬ1隻の小舟が街近くの海岸線に漕ぎつく。 「よいしょっと!」 乗るのは金長髪の女性。歳は二十歳を過ぎたくらいか。 年季の入った冒険服に身を包み、同じ色のリュックを背負って船を降りる。 ジャリジャリ 足に伝わる感触は、故郷の大陸とそれほど変わらない。 まさに海岸。 「着いてみれば大したことないわね」 とぼやきながら、うーんっ、と船の奥に手を伸ばす。 ゴトッ 荷物の最後に船から取り出したのは、相棒の巨大ツルハシ。 彼女の身長ほどもある。 彼女はトレジャーハンターのロクシー。 冒険を求めに求めて、ついに一人で戦争中の魔大陸に来るほどの冒険ジャンキーである。 「さてと、ここはどこかな、えーっと…。」 魔大陸に眠る遺物に夢をはせ、 どこぞの遺跡で見つけた、古めかしい地図をガバッと広げる。 少し離れたところから、ワラワラと魔族が集まってきていることを気にも留めずに。

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 婚約破棄された上、無実の罪で投獄された武闘派令嬢・マリー。 本来、処刑される予定だった彼女は、周囲がどんな手を尽くしても処刑できない『強運』の持ち主だった。 マリーを処刑することを諦めた元婚約者及び皇帝のデュークは、仕方なく彼女を終身刑とし、世界最高峰のセキュリティと警備力を誇る『脱獄不可能』と謳われる監獄に収監してしまう。 だが、「一生こんなところにいるのは御免だ」と思ったマリーは脱獄を決心し、着々と準備を進める。 そんなある日、マリーは監獄内でアルフォンスという青年に出会う。 マリーの能力を見込んだアルフォンスは、彼女に交換条件を持ちかけた。「俺をここから出してくれたら、お前に財産の半分をやる」と。 脱獄後、頼れる人も行く当てもないマリーは二つ返事で条件を呑む。 そして、マリーが脱獄を目指してアルフォンスと一緒に監獄内で好き勝手暴れる一方で、有能なマリーを投獄したデュークは新しい婚約者とともに自滅の道をたどり続けていくが──?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • 子ネコのゴマの大冒険〜もふもふにゃんこ戦隊と共に、2つの世界を救え‼︎〜

    ちょっと小生意気な子猫の成長物語です。

    14,700

    0


    2021年9月22日更新

    注)戦闘描写、および台風、地震、津波、噴火など一部災害描写があります。苦手な方はご注意願います。 とある家のガレージで飼われている、7匹の猫たち。 いつも通り、餌を食べて遊びに出かける。 いつも通り、夜には猫の集会に顔を出す。 そんな平和な毎日が続いていたのだが——。 ある日、7匹のうちの2匹——子猫ゴマとルナは、とある場所に突如出現した、底も見えぬ真っ暗な大穴へと転落してしまう。 どこまでも深く暗い世界に吸い込まれていく、2匹の子猫。その先に、一体どんな大冒険が待ち受けているのだろうか? もっふもふのちょっと小生意気な子猫が、剣と魔法をマスターしてレベルアップしていき、悪の組織と戦い、世界を救う旅に出ます。 その過程で知ることになる、〝誰もが幸せに生きていくための秘訣〟とは——? アクションあり恋愛ありバトルあり、猫満載なハチャメチャ物語の、はじまりはじまり!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間46分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔法士の私は、年下の大学生と付き合っているつもりですが、どうやら彼は年上で更に王様のようです

    現代風のハイファンタジーラブコメです

    21,700

    330


    2021年9月20日更新

    主人公の女性ルーシーは、スバル王国に住む国家魔法士で、彼女はこの世界で最高位の魔法士でもある。性格は穏やかで、人からの頼みを断れないたち。現在25歳である。 彼女は3ヶ月ほど前に、長身で目元が涼やかな20歳の王都内の大学に通う男性テナーと、落とした手帳を拾ってもらったことがきっかけで付き合うことに。彼とは穏やかな付き合いを続けていた。 ルーシーが苦手としているのは、この国の国王であるレオンだった。彼は、巷では非公式だがファンクラブが出来るほど人気があるのだが、彼女にとっては、無表情で圧が強いので苦手な人物だった。 だが、実はルーシーの彼氏のテナーと、国王であるレオンは同一人物だった。 スバル王国の東南部の森林に、3年前から突如現れた魔物。 この世界で魔物自体は、500年程前に突如一斉に姿を消していたのだが、どう言うわけだか、再び世界中でもスバル王国の東南部だけに、現れてしまうようになったのだ。 魔物は、既存の武器での物理攻撃がほぼ効かないが、国家魔法士レベルの攻撃魔法でなら討伐することが出来た。 そのため、魔物討伐は基本的には、国家魔法士が主に当たらなくてはならなくなったのだが、それは命懸けの仕事のため、スバル王国における国家魔法士は、すっかり人気のない職業となってしまったのだった。 国家魔法士が人手不足ということもあり、元々リーダーには向いていないのだが、ルーシーに白羽の矢が立てられ、彼女は責任の重い補佐官に就くことになった。 それからは、レオンの目から見ても、彼女は日々精神的にやられて、力なく過ごしていた。 そんな彼女を、国王であるレオンは見ていられなくなり、自身の扮装魔法で「テナー」に扮装し、大学生と偽ってルーシーを励まそうと近づいた。それが、きっかけだったのだ。 ちなみに扮装して接したのは、レオンの姿で彼女に声をかけても萎縮されて会話もままならいからであった。 レオンは身分も姿も変えて付き合っていくが、二人の関係は、どうなっていくのだろうか。 ⭐︎現在は、月・水・金曜日のの22時に1話毎載せています。お付き合いいただけたら嬉しいです。 ⭐︎タイトルの変更、作品全体の見直しを行いました(9/20) ⭐︎ちなみに、今作は題名が長いので、作者は「どうやら王様」と略しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間36分

    この作品を読む

  • 緋の魔術師の大いなる探求 ~wisdom・crusade~

    これは、魔術と叡智を巡る群像劇。

    65,150

    728


    2021年9月21日更新

    この世界には魔術が存在する。それは遥か昔、人間の手によって発見された世界の秘密にして奇跡。 魔術とは、人間という存在を格段に飛躍させ、これまでの生物としての枠から逸脱した「完全な生命体」にすべく人類を導くもの。 そして、魔術の最高到達点。人類が完全な存在となることを幾千年もの間阻み続ける、神域の魔術にして最後の門番。 人類はそれを、「叡智」と呼んだ。 世界を震撼させた第三次魔術大戦から1年がたち、世界に平穏が戻り始めた頃、未だに深く戦争の爪痕残るラディスラヴィア連邦国へ若き軍人ユート・サングレイスは極秘任務の遂行の為に降り立った。派遣目的はとある女性、シルヴィア・ベアトリクスをユートの母国であるモルトリピア帝国に護送することだった。一見するとただの護送任務であるため、こんな任務を極秘任務と呼ぶことを大袈裟に感じるユートだが、彼女と出会うことにより二人は世界全体を巻き込む程のかつてない、騒乱の渦へとその身を投じていく…相反する二人の「叡智」を巡る魔術戦闘群像劇、開幕。 * * * * * 初投稿です。どうか優しい目で見てやってください。8割シリアス、2割コメディーでやっていきます。更新は不定期になりそうですが、末永くよろしくお願いいたします。コメント・スタンプ等じゃんじゃん下さい、私が続きを書く原動力になります。レビューなんかも下さい、私がハイになります。 ※小説家になろう様、アルファポリス様、カクヨム様でも同作品連載中です。 twitter @pa_puri_Menow86 * * * * * 2021.5/13 ジャンル別ランキング日間1位、総合3位を戴きました! 本当にありがとうございます!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間56分

    この作品を読む