ただ君だけを、守りたいと願う

読了目安時間:7分

エピソード:11 / 23

10章 巣立ち

「お待たせしました」 「よい、気にするな」 どれほどの時間抱き合っていただろうか。 暫くしてイーラが落ち着くと、イーラの頭を最後に数回撫でた後、エリスはヴェルに声をかける。 「ふむ。イーラよ。落ち着いたか」 「…うん!」 グズグズと鼻をすすりながら、 それでも清々しい返事をする。 「して、行きたい場所は決まったか。」 「うん…私、魔王城に行きたい」 魔王城。 イーラの母が亡くなった場所であり、生涯で最も愛しく感じた朝日を臨む場所。 「暫くは帰ってこれないが良いか」 「うん。大丈夫」 家を離れる覚悟を決めた。 ふむ。 と、ヴェルは一呼吸を置いて、視線をイーラからエリスへ。 「とのことだ、エリスよ」 「あらあら。わかりました」 半歩だけヴェルに近寄って、 エリスはこれまでと変わらない穏やかな返事と、 「しっかり面倒を見てあげてくださいね」 私の宝物を、貴方に預けます。 今度こそ守ってあげてくださいね。 と。 「しっかりと勤めさせていただく」 エリスに立てる二度目の誓い。 ヴェルは組んだ腕をほどき、右手を胸に置く。 と、隙をついてイーラが空いた左手に縋りつく。 「私、外の世界のこと全然知らないから、いっぱい迷惑かけるかもしれないけど、よろしくね。ヴェル」 「うむ。」 ヴェルの返事を聞いて、安心をしたのか、にへへ、と表情を緩める。 そのまま、ぎゅっとヴェルの左手を少し強く抱き締める。 事情を知るエリスも、その温かな光景に今日まで感じることのなかった種類の安堵を覚えた。 「ねえヴェル。1つだけ、持っていきたいものがあるんだけど、いい?」 イーラが抱き着いたまま上目遣いでヴェルに聞く。 「かまわない。」 ヴェルの返事を聞くやいなや、左手を開放し、家に向かって駆けだす。 「やった!すぐとってくるねー!」 と、エリスはイーラが横を過ぎようとしたところで呼び止める。 「イーラや」 「なあに?ばあば!」 「カバンにちょっとした荷物を入れておいたさね。それも持っていきない」 昨晩からこうなることはなんとなく分かっていたから。 せめても、イーラに、応援をしていることを伝えたい。 そう思って昨日の夜に用意した旅支度。 「はーい!」 親の思いを知ってか知らずか。元気にそのまま駆け抜けていくイーラ。 「…ばあば、ありがとう」 ドアの前につくとふとエリスの方へ振り返り、ちょっと恥ずかし気な笑顔を向ける。 全部お見通し。嬉しいようで、照れくさいようで。 ちょっとだけエリスと目を合わせて、そのままイーラは家の中へ入っていく。 エリスはそれを見てくすっと笑った後、ふと現実的なことを考える。 実際に足を運んだことはないが、魔王城へ行く場合、いくら強いとはいえ、 今の世で無茶をして向かうわけではないのだろう。とすると…安全についてはそこまで心配はないが、 ヴェルという人から、そこはかとなく抜けている雰囲気がするのも気のせいではない、だろう…。 ここまでが数瞬。 ヴェルに向かって声をかける。 「では、頼みますね。ところで…」 急な雰囲気の変化をヴェルも察し、 少し楽にしていた腕を、再び組みなおす。 「魔王城までの…旅の支度金はあるのでしょうか」 と、問われたヴェル。 ない…とは言いにくい。 ヴェルには食事も睡眠も本来はいらない。 たとえ薄くとも空気中に漂う魔素が力の根源であり、加えて体内には千の個体に匹敵する魔素を元々蓄えている。 そのため旅先で何か入用になるということはこの10年間、滅多になかった。 あったとしてもその場で少し日銭を稼ぐだけて、宿にも泊まらず放浪を決め込んだ。 だが、イーラと一緒ということは、そうもいかない。 彼女は魔王の娘ではあるが人だ。とすると、宿にも泊まるし、普通に食事もする。 まして年頃の女の子であり、髪や服の手入れもする。風呂にも入りたがるだろう。 気軽に魔法を使って解決しても良いが、魔素を使って作ったものはすべからく人里には持ち込めない。 同じく人里の中で魔法は使えないので、旅先で病を患えば薬を所望する必要も出てくるだろう。 とすると、ヴェル一人分が単純に乗算される、という話ではない。 ここまで考え、 ゆっくりと組んだ腕の上下を入れ替え… 「ふむ」 とだけ、返事をしておく。 策がないわけではない。 「ヴェル様?」 と、初めて見せる肯定でもなく、否定でもない返事に少しばかりの不安を覚え、エリスは一つため息をついた。 きっと全く無策でもないようだが当てが外れる可能性もそこにはあるのだろう、と察し、 「あと数刻もすれば日暮れです。今日は休み明け。ぼちぼちと一昨日の祭りの片づけが終わり、商人の皆様は旅立たれます。仕事に熱心な方であれば、早朝には出発されているでしょう」 早くしないとお目当ての方も発たれてしまいますよ、と。 どこまで察しの良い婦人なのか… 「すまない、エリスよ。其方の心配りにはつくづく感謝しておる」 気まずさがだだ漏れの声でヴェルが答える。 その巨体をして小さく見えるものだから不思議だ。 エリスは、家の方を一瞥した後、持っていた貨幣いくらかをヴェルの上着のポケットへ入れ込んだ。 少ししてイーラが戻ってきたとき、家の玄関前にはエリスしかいなかった。 「あれ?ヴェルは?トイレ?」 と、素っ頓狂な声を出す。 エリスはしゃがんでもう一度イーラを抱き締める。 「ちょっと挨拶をしないといけない人が街にいるそうで、街の北側の入り口まで来てほしいそうです。」 と、エリスが言伝を伝える。言われてもいない理由を添えて。 「そうなんだ。うん!わかった!じゃあばあば、一緒に行こ?」 それに応えるようにイーラが無邪気にエリスを誘う。なるべく一緒にいたい。 これも思った通り。しかし、今は旅立ち。 二人がちゃんとやっていけるのか、自分の目で確かめる最後の機会。 抱擁を解き、イーラの頭に手を置き、まっすぐ目を見て伝える。 「ばあばは、今日の家事をやらないといけないから。一緒にはいけません」 「…え?」 イーラの顔が急に陰る。 全くこの子は……いえ、親子そろってわかりやすい。 「あなた達二人の旅立ちです。私が一つ一つ助けなくても、イーラや、一人で何でもできることを私に見せてください。」 それだけ言うと、すっくと立ち上がり、頭をひと撫でして、エリスは家の方へ向かう。 「ねぇ!街の入り口までだけ!入り口までだけだから!」 その場で、半泣きでごね始める孫娘。 だめです。 「なんで?ねぇ、できるだけばあばと一緒にいたいだけだから」 と口にはするが、離れるエリスに向けてその一歩を踏み出すことはしない。 「ねぇ!お願い!」 その姿を見て、その意味が分かって、エリスは心に押し潰されそうな痛みを感じる。 …私だって一緒にいたい、けれど、1歩外に出れば今までとは違う。少なくとも十年も一緒にいる私との生活とは大きく変わる。 色んな事を自分でやって、時に訪れる大きな不条理に勇気をもって立ち向かわなければならない。ヴェルという大きな存在がいたとしても、それは変わらない。 エリスはドアに手をかけ、ふっと後ろを振り返り 「いってらっしゃい、気を付けるのよ」 とだけ言うと、家の中に姿を消した。 送り出すのに、いっぱいの笑顔ができたかしら。 器用なタイプだと思ってきたけれど、今日ばかりは器用に笑えた自信がない。 玄関前に残されたイーラは急に一人になる。 なんでこんなに寂しい気持ちになるのだろう。さっき旅立つって決めたばっかりなのに…。 散々迷惑をかけて、何も返していないし、今日も自分のわがままを聞いてもらった。荷物の準備をしてもらった。向かうべき場所を教えてもらった。 なのに、なんでこんなに寂しいんだろう。なんでこんなに私はわがままなんだろう。 と、心が弱って、答えのない思考に入ろうとする自分。 それを奮い立たすよう、胸に抱えた物の重みに意識を向ける。 …でも、私が決めたことだもん。頑張らなきゃ。 ママが、一緒にいる。ママが一緒にいるんだから…。 一生懸命睨んでいたドアから地面に視線を落とし、 その重い身体を足を、街の入口へ向けて一歩ずつ進めていく。 彼女の母が一番好きだった本を小さな胸に抱えて。 トボトボと家とは逆へ向かい出した我が子を、 窓の陰からエリスはずっと見つめていたエリスも、 その姿が見えなくなると、家を出てこっそりとイーラの後を追う。 万が一のため、そして、孫娘の旅立ちを見届けるために。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 貴族令嬢はもふもふがお好きなご様子

    もふもふ要素はどこだ!?

    49,000

    0


    2022年11月28日更新

    滅亡間近の国の男爵家にチート娘が生まれた。その田舎の男爵家の娘が中央高等学院に首席入学したことで、公爵令嬢、令息たちの運命は大きく動きだす。 優秀を通り越して〝非常識〟な男爵令嬢に、公爵や王族すらも頭を抱えるのだが、権力者たちは彼女を安易に排除することはできない。 何年も続く不作に国全体が窮しており、収穫の改善をも成し遂げた男爵令嬢は救いをもたらす存在でもあるはずなのだ。 問題はもう一つある。 常軌を逸した数で押し寄せてくる魔物。人智を越えた力を持つ化物。 人々を恐怖に陥れんとばかりにやってくる。 しかし、いかなる敵が来ようとも、貴族令嬢と〝もふもふ〟の力が合わさったら倒せないはずが無いッ! そして、令嬢たちと〝もふもふ〟が交流をもつことで周辺国の行く末すらも変わる。 いずれは国王とその重臣となり、その先にあるのは大陸制覇しての統一国家である。が、そこまで物語が続くのかは誰も知らない…… ※ 「小説家になろう」「カクヨム」「noveler」でも公開中

    読了目安時間:55時間12分

    この作品を読む

  • 召喚者は一家を支える。

    第1部完結しました!

    6,750

    0


    2022年11月28日更新

    かつて世界で最も人気のあったゲーム【シェラリア・オンライン】。 主人公はそのゲームによく似た世界に召喚される。 しかし、存在が他に悪影響を与えるからと、意気投合した同室の同じく元プレイヤーの少女と共に城を出るが、処刑の為の追手を放たれる。 だが、全ボス撃破RTA世界記録を持つ、チームリーダーだった主人公は驚異的な早さの育成で追手を次々に撃破。 途中、加入した同じ召喚者の少女たちと共に隣国へと逃れ、有力者に斡旋してもらった家でメイドを加えて暮らすことになる。 疑似家族となった召喚者たちは、新天地で慌ただしい日々が始まるのだった。 ※修正版ですが、小説家になろうで掲載しているものと同じになります。 ※アルファポリスのものと同一になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間40分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    420,005

    618


    2022年11月25日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中都市連邦“バラクシア”の首都と呼ばれる、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24時間42分

    この作品を読む

  • 倒錯乙女と百合の華【挿絵付】

    幼き日──二人の少女は誓い合った。

    2,200

    0


    2022年11月27日更新

    親に棄てられ、愛を知らずに育った二人の少女。 悲しい夜はもう、過ごしたくなくて。 誰でもいい、心の飢えを埋めてほしかった。 幼き日──二人の少女は誓い合う。 ──という建前はさておき、以下本編あらすじ。 現代に疲れた人へ送りたい、頭空っぽ系ヒューマンドラマ。 晴れて美桜学園に入学した、性格に難ありな少女、『許斐 姫華(このみ きはな)』 そして長年の友人である、お節介やき『七瀬 美紀(ななせ みき)』 姫華がクラスに馴染めるか、心配する美紀をよそに、本人はどこ吹く風の様子。 ただの友人同士と呼ぶには、どこか仲が良すぎて、恋人同士と呼ぶには、どこか他人行儀。 これは、どこまでもくだらない、欲にまみれた少女たちのお話……。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:56分

    この作品を読む