ただ君だけを、守りたいと願う

読了目安時間:6分

街外れの一軒家編

プロローグ そして騎士は魔王となった

魔海溝(まかいこう)から遠く離れた人大陸の奥、村とまでは言わない小さな街リミニセン。 その街の端。頃は夜。 街の喧騒(けんそう)から一つ離れた場所に、彼女の住まいはあった。 ゆるゆると街は眠りにつく準備を始めているのだが。 「ねえ、ばあば」 彼女はまだ眠れないようだ。 「なんだい、イーラや」 隣で老婦人が穏やかな瞳を彼女、イーラに向ける。 温かなベッドと眼差しを受けてイーラは掛物(かけもの)の裾をきゅ、と握る。 「あのね、眠くないから、今日もご本読んでぇ」 言葉とは逆に眠たげな甘い声。この時間になると決まって本を聞くことをねだる。 上目遣いで赤と金の二つの瞳が、ばあば―エリス―に向けられ。 「あらあら、もう十と一つになるのに、甘えん坊さんねぇ」 エリスの瞳が懐かしさで少し細くなる。 誰に似たのかしら、 ゆるゆるとエリスは古い本を1冊、手にして今か今かと眠たげな瞳を輝かせるイーラの隣に腰を下ろす。 「じゃあねえ、今日はこの本を読んであげようかしら」 このお話はね。 「ママが1番好きだった物語だよ」 「やったあ。どんなお話なの?」 イーラの瞳の輝きが増す。これでは眠れないかもしれない。 それだけ、ママが好きなのね。 本の表紙を開きながら、エリスはくす、と笑む。 綴られている物語は。 一万年前の真実。 ずっと昔の、魔族の王様のお話。 「どれどれ。昔々、魔族がまだ誕生していない遥か昔、人と神の時代に聖戦(せいせん)が起こりました」 聖戦(せいせん)、神話の時代。 イーラは小さく、せいせん、と胸に刻んだ。 それだけで胸が熱くなるのはどうしてだろう。 「その時代では、 権力と(かね)の神ギルディ と 愛と慈悲(じひ)の神イルミア の信者で世界は二つに分かれていました」 大きく分かたれた世界。そこにあったのは。 「そしてギルディの信者たちは、たびたびイルミアの信者たちから財産や権力を奪いましたが、イルミアの信者たちは抵抗をしませんでした」 生まれた感情が小さな口からこぼれ落ちる。 「かわいそう」 同時に、イーラは愛らしい真っ直ぐな瞳をエリスへむける。 「イルミアの信者たちはどうして抵抗しないの?」 生まれる好奇。 どうして、それはイーラの根源だった。 やはりこの子は。 エリスは懐かしさを覚えながら、ゆっくりと答えをもたらす。 「そうねぇ。どうしてだろうねえ。」「えー。」 不満そうに、あるいは思いを巡らせるかのように、イーラは整った眉を寄せる。 うーん…。 奪われる、悲しみを知っているのね。 イーラの様子を見てエリスは安堵する。きちんと育っていますよ。 考えるイーラをひとしきり待ってから、エリスは続きをイーラへと語っていく。 「騎士ヴォルカスは信心深いイルミアの信者であり、騎士であったそうな。しかし、なぜ自分たちだけ奪われなければならないのか、不思議でならなかった」 続く物語に、イーラは目を閉じた。すっかり虜になっているようだ。 「そこでヴォルカスは神に問いかけました」 イルミア様、なぜ我々は彼の者達を愛さねばならないのですか。 その声に答えをもたらすものはなく。 ヴォルカスはもう一度声を重ねる。 イルミア様、なぜ我々は彼の者達を…愛さねばならないのですか。 「やっぱり、神は何も答えません」 耐えかねたイーラが小さく身じろぎをしてエリスへ尋ねる。 「神様はどうして答えを教えてくれないの?」 「それはね、きっと自分で考えないといけないことだからよ」 エリスはさらりと返す。 「えー。うーん…。」 そう、考えて。あなたの力で。 11歳には難しいかもしれない。 でも、考えてほしかった。感じてほしかった。だから答えはもたらさない。 「わかんない…」 わからないと、まだ懸命に考えているイーラ。 閉じたまぶたに長いまつ毛の影法師がゆらゆらと踊る。 「来る日も、来る日も、ヴォルカスは神に問い続けました」 今のイーラのように。 どうして、どうして。 その答えが出ないように 「神からの言葉はありませんでした」 影法師(かけぼうし)が悲しげに揺れる。 「ある日ヴォルカスは神殿に来なくなりました。彼は最後の晩、神にこう問いかけました」 イルミア様、なぜ我々だけ、奪われ続けなければならないのですか。 神は答えない。 最後の問いにも。 得られない答え。イーラも物語の一人に心を寄せる。 「その日ヴォルカスは魔に落ちました」 どうして。 イーラの心は次に語られた物語の言葉に彩を変える。 「それからヴォルカスはあちこちで苦しむ人々を魔の力で救い、あっという間に魔族の仲間をこしらえました」 「すごい!」 イーラの小さな体が布団の中で嬉しそうに身じろぎした。 ランプの灯しがちらりと姿を変える。 「きっとすごい強い騎士様だったんだろうねえ」 「かっこいいね」 エリスへ向かうイーラの眼差しははきらきらに輝き、太陽のそれと化す。 エリスは興奮冷めやらぬイーラの頭を数回撫でて物語の続きを、夜の安息へと向けて語りだす。 「強欲なギルディはヴォルカスにこう持ちかけました」 ーイルミアの信者を魔族に変えよ。 ーさすれば我が貴様らの繁栄(はんえい)を約束してやろう。 過去の約束。 その行く末は今の歴史が知っている。 従わぬは多勢(たぜい)無勢(ぶぜい)。 望まない約束、いや脅迫(きょうはく)ともとれるそれを、飲むしかなかった。 「ヴォルカスは仕方なく誘いに乗りイルミアの信者を次々と魔に落としていきました」 望まなかった。 彼は望まなかったのだ。 「そして、多くの者が魔に落ちた頃、ギルディは自分の信者たちにこう言い放ったのです」 ー信者たちよ、イルミアとヴォルカスを(めっ)し、我らが時代を作るのだ!。 ー奪え!己と家族と、その末代(まつだい)のために。 イーラの瞳が曇る。いつも愛らしく微笑む唇が硬く結ばれる。 物語はそれでも無慈悲に続いてく。 ー愛や慈悲で飯は食えぬ!誰が貴様の明日を決めるのだ。 ーそうだ、紛れもない、貴様自身だ。 ー数多くのものが魔に落ちた。なんと嘆かわしい。 ー彼らはいずれ我々、いや、貴様の血族に刃を向けるであろう。 ー愛はいずれ憎しみにかわる。 ー止めねばならぬ。我らが隣人共(りんじんども)が魔に落ち切る前に。 「ギルディの信者たちは皆、手に武器をとり、イルミアの信者とヴォルカスの仲間たちを殺し回りました。多くの仲間を失ったヴォルカスは(いきどお)ります」 許さぬ、ギルディ。私の愛する仲間たちを…。 物語の中の騎士は憤怒(ふんど)した。それは正に一騎当千(いっきとうせん)。 一人で何千、何万もの敵の兵士を蹴散(けち)らし。 怒りに任せ、血に濡れ、恐怖にまみれ。 どれほどの人を斬ってきたのか。 「そしてある時、戦いの最中ふと気づいたのです」 私が斬り捨てた者たちは、誰なのだろうか。 誰と共に暮らし、誰のために戦っているのか。 物語の騎士とイーラは考えた。 愛とは。 彼らにとっても愛とは何なのか。 憎しみとは何なのか。 イーラは何もかもわからなくなりそうだった。 すぐにでもその小さな体を物語の中に投じたくなるほどに。 そして、物語の中の騎士は神に問うた。 イルミア様、私には愛がわからなくなりました。 憎しみもわからなくなりました。イルミア様、愛とはなんなのでしょうか。 はたして。 ついに神は答えた。 ただ静かに。 ー私にもわかりません。ただ其方(そなた)が愛を望むのであれば私は、私の愛を、其方(そなた)に授けましょう。 「イルミアの加護を受けたヴォルカスは敵を殺すでもなく、それぞれの国の間を真っ二つに割りました。それが今に残る魔海溝(まかいこう)となったのです」 エリスは、小さくため息をついた。 隣では物語ではなく、夢の世界と現とを彷徨(さまよ)うイーラの姿があった。 「こんな本でも寝れるのね。あなたのママにそっくりね」 本当に。 「それで…ヴォルカスは…どうなっ…たの??」 今は現。 「ヴォルカスは、世界に溢れる争いの気を根こそぎ吸い取って、憎しみと破壊の神になりました。その日、世界に魔王が誕生したのでした」 物語は夢。 「王様になったのね…ヴォルカス…よかった…ね」 イーラは夢の天秤(てんびん)に重りを置く。 小さな寝息が広がっていく。夢の世界でも、イーラはその好奇の瞳を輝かせるのだろうか。 きっとそうなのだろう。 「おやすみなさい。」 エリスは微笑んだあと、すっと立ち上がり、 コーヒーを()れに少女の部屋のドアノブに手をかけた。

ただ君だけを、守りたいと願う 2021年1月より企画を立ち上げ多くの方にお世話になりました。 本当に、本当に、ありがとうございます! また、この1章をお読みいただき、本当に、本当にありがとうございます。 第一部完結は6月を予定しています。是非それまでお付き合いいただけたら 本当に嬉しいです。 欲張りなお願いですが、 是非ご感想などいただけたら幸せです! さぶろう&水稀乙十葉

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ペコラ記

    風変わりな神話や戦記を読んで見ませんか?

    138,311

    300


    2021年6月22日更新

    大きくて古い生き物がこしらえた箱庭の物語。 現在2章が進行中です。 ヤアヤが彼に許してもらえる前に、それは起こってしまいます。 ──────────────────── 2021/04/17 イラスト追加しました。扉絵も新しいのに変更しました 色使い、独特の雰囲気、味わい深いイラストは獏琉源視さん!(@kuma_kenji2)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む

  • 音痴なせいで追放された旅芸人、吟遊詩人に転職して神ギタリストに【本編】

    音痴歌姫成り上がり 本編!

    2,900

    0


    2021年6月22日更新

    音痴追放! 借金返済しないと触手AV 堕ち! 死ぬ気でギターを鳴らせ! 音痴なせいで旅芸人をクビになったダンサーは、莫大な借金を背負わされる。 支払い能力がないと見なされれば、「触手AV」堕ちになってしまう! 八方塞がりの主人公は、あるとき吟遊詩人グループに数合わせでスカウトされる。 「ギターなら弾いたことがある」というと、あっという間に人気者に! 魔法で使うエフェクターなどで、演奏をさらに盛り上げる。 借金も全額肩代わりしてもらっているので、主人公はがんばる! だが、どうしてもAV堕ちさせたい前の悪徳座長が、ダンジョン探索する主人公一行を妨害する! 主人公の音痴は、呪歌というデバフ効果があった! 耳にはしんどいが、主人公は仲間を助ける! 【カクヨム新テーマ発掘委員会】投稿作 (「設定プロット」版は、『設定コン』のタグ外し済み)

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る