ただ君だけを、守りたいと願う

読了目安時間:9分

11章 演劇旅団レオニア、出発!

演劇旅団レオニアの座長オレンドは陽気な男だ。 見た目は20歳を過ぎたこ頃か。明るい翠色の髪に、刺々しい紫の瞳をもつ華奢で細身な男性。 その口角は上がり、ちらちらと白い歯が見えていて、賑やかな人物であることが口元からすぐに伝わる。 なんとなく頼れそうな雰囲気を併せ持つ、華奢な男性を好む女性であれば、言い寄られて悪い気はしないだろう。 オレンドは何かを待っていた。 この小さな街リミニセンの中央広場近くの小劇場の前。 裏手には片づけが終わった演劇旅団の移送車が待機している。 翠色の髪が風になびく。 そこへ 「座長、こんなところにいたんですか。もう出発ですよ。」 とオレンドの背中から演劇旅団員が声をかける。 「そうだなぁ。」 どこか抜けるような返事。 「…?何かあったんですか?」 「いやぁ?何にもないぜ。ただ、ここで待ってくれー!ウェイト!って言われてる気がしてよー。」 どうにも的を射ない返事が返ってくる。 と、くるりと周り呼びに来た演劇旅団員へ向けて白い歯を剝きだして笑う。 「はっはっはー!こりゃ、勘さ。」 勘。 「は…はぁ。座長はたまに不思議なことを言いますよね。」 「そうか?んー、そうなのかもな!」 なおもニコニコと笑いながら、また演劇旅団員に背を向けてうーんっと伸びをする。 「もうちょっとしたら行くからよ!先に準備しててくれ!」 「わかりました。」 人魔終戦記念祭で講演を終えた後、街の人達に混ざり飲めや歌えやの宴会。 そのまま泥のように翌日は休み…今朝から出発の準備をし始めたがやっと準備ができたのは、太陽が南の空を過ぎた頃合い。 太陽の光が目に差し込むと同時に、呆けすぎた頭にチクリと痛みが刺す。 出発の朝を強く感じる。 「いてて…飲みすぎた。バッドだぜ…。んー?街の入り口の方、人だかりが出来てんなぁ。まぁそりゃそうかぁ。」 荷物と人を一緒に積載して走ることのできる大型の移送車が訪れる機会は少ない。 そのため、走行しているところを見ようと街の入り口付近に人だかりが出来ているのだろう。 田舎の街では時折見かける光景だ。 自走機構は魔鉱石に含まれる魔素を使用して動作するが、一般の人が使用するには燃費が悪い。 金持ち、物好き、または、生業で必要な者しか使用せず、オレンドは生業で必要とする者だ。 と、向かいの広場から一人の男が歩いてくる。オレンドはその人影を知っている。 特に要件はないが、その男はオレンドへ向けて歩いてくる。 「すまない、オレンド、といったか。頼みがあるのだが。」 と、少し離れたところから声をかける。 「ゔぇーるーじゃないか!頼み事ってなんだぁい?」 「ふむ。暫く同行させてはくれぬか」 オレンドはにぃっと口元に笑みを浮かべる。 「どこまで行きたいんだい?」 「魔王城を目指しておる」 とんでもないことをサラっと口にする。 「そりゃまたなんでさ?ほわーい?」 「ふむ。この街で…魔王の娘を見つけた。その娘が魔王の城に訪れたいと。」 一瞬言い淀む。 オレンドは驚いて、目をまん丸くしたと思ったら、すぐに大笑いをし始める。 「はっはっはー!ひーっひひ、ははは!なんだそりゃあ!相変わらず面白いゔぇーるーだなぁ!演劇の感想を聞いたら、-死んだのは姫の方だ-なんて、言って、その2日後急に頼み事と思ったら、魔王の娘を見つけた?」 ひらひらと手で天を仰ぎ、自身に訪れた数奇な物語に酔いしれるように口を開く。 「信じぬか?」 「んー?いや、信じるさ」 と、まっすぐにヴェルの目を見つめて。 「ヴェルの言うことは本当のことな気がするのさ」 「…そうか」 オレンドはヴェルから視線を外し、ほんの一瞬どこか遠いところを見るような眼をする。 そして、すぐにヴェルに視線を戻すと、 「面白そうだからなぁ、一緒に行くかぁ!」 と屈託のない満面の笑みで言う。 「で、俺たちはこれから出発するけど、どうするさ?」 「ふむ。街の入り口でその娘と待ち合わせをしておるので、そこで娘を見つけ、同じ足でそなたらの車へ乗り込むことでもよいか。」 「オーケーオーケー。」 ふむふむと頷いた後、にひひっと悪戯な笑顔を浮かべ走り始めた。 「もう俺たち出発だから、早く合流しないと乗り遅れるぜぇ!」 そのまま、片足でくるくると一回転して楽し気にかけていく。 「街の入り口でなぁ!!」 取り残されたヴェルはふと考える。 …どうやって合流するつもりだろうか。 話はしていない。推測するに、勝手に車に乗り込めと、そういう話…なのだろう。 同じ頃、街の北側の門にイーラ来ていた。 今まで数度見てきた様子とは異なり、賑わいを見せている。この街にこんなに人がいたのか、というほど密集しており、 これでは簡単に探し人を見つけることができない。 「ヴェル?…ヴェル?どこ?」 と心の声が漏れる。周囲では、 「今日は何かあるんですか?」 「お祭りに来てた演劇旅団さんの出発なんですって!」 「あぁ、あの」 「そうそう」 や、 「母ちゃん!でっかい車まだー?」 「そろそろ来るはずよ」 「早く見たいー!」 「あんまり騒がないの」 といった、喧騒であふれている。 いくらヴェルが大男とはいえ、イーラの背が低いためなかなかその姿を見つけることができない。 「ヴェル、どこ?」 人の中を行き来するようにヴェルの姿を探す。あっ背が高い人がいる! 「…あ、あの!」 「はい?…君は?」 「あ、すみません、人違いでした」 背が高く、黒い服装ではあるが、違う人だった。 慣れている人間であれば造作もないことかもしれましが、殆ど外に出ることがなかったイーラにとって、 この人込みで人を探し出すことはひどく困難だった。 「ヴェル…どこ…。」 遅くなったから、もう一人で行っちゃったのかな? それとも、やっぱり私のこと好きじゃないから逃げたのかな? 人込みの中で立ち止まってしまう。周囲の雑踏が遠く感じる。 なんとなく、周りが色めきだした気がしたが、今のイーラにとっては関係のないことに感じる。 ばあばになんて謝ったらいいかな。意地になって出てきちゃったし。 いっそ一人で旅に出た方がいいかなぁ…でも… トン と、背中を押されたような気がした。 「わっとと…あ、ごめんなさい」 無理やり一人の思考から現実に押し戻され、驚いてちょっとだけ前の人の服を掴んでしまった。 「探さなきゃ…」 気を取り直して、ふと雑踏の向こう、通路を挟んで向こう側に背が高い長髪の人が歩いているのを見つける。 「いた!ヴェル!」 やっと見つけた安堵感。そして、先に自分が見つけたというちょっとした優越感を感じた。 確かに、イーラは背が低いので、雑踏の中外から見つけるのは困難だ。 対して通路の向こう側にいるヴェルは背が高く、圧倒的にイーラが有利である。 加えて、その雑踏はみな一律同じ方向に向かって手を振っており、その中で一人移動をしている人物は大いに目立つ。 イーラは駆けだす。 「あっ…すみません!…ヴェル…ヴェル!」 数人のわきを通り通路に出て、視界が開ける。 よし。あとちょっとで! 「あ…女の人…」 よく見るとその人はちょっと背の高い女の人だった。 辛い…けれど、折れちゃいけない。 探していればいつかきっと見つかるはず。 何でかは分からないけれど、この人ごみのそのうち掃ける。 ダメでも絶対に会うことができるはず! と、自分のことをもう一度奮い立たせたところで違和感に気づく。 何で今日は通路の端っこにしか人がいないのだろう? ふっと何か大きな物の影が見え、 イーラは何かとぶつかることを直観的に気づく。 「きゃああー!」 「あぶない!!」 イーラに気づいた人たちが悲鳴を上げる。 そこにあったのは演劇旅団の魔導移送車。エンジン部、寝台、貨物部2両と合わせて4両も編成して旅をする巨大な車両である。 車輪だけでもイーラの背丈近くあり、速度が遅くとも、踏みつぶされた結果は容易に想像できる。 イーラに気づいた運転手も急ぎブレーキを踏むが、これだけの荷物を積んだ車両が簡単に止まれるはずがない。 急停止をすれば追突事故を起こし、積載物が雑踏に向かって倒れこむ。 あ… と小さな声を漏らし、ぎゅっと目をつむる。目の前に迫る衝撃に備えて。 それとほぼ同時に体が何かに掴まれてふわっと移動させられる感覚。 その直後足元からドゴッ!!と鈍い音が響く。 「あ、あれは!?」 「え?」 次に聞こえたのは、群衆の呆気にとられた声。 「すまない、遅くなった」 と、すぐ足元から聞こえる声。 …ヴェルの声だ。 「ヴェル…!だ、大丈夫!?」 ヴェルは移送車とイーラの間に入り、イーラを移送車の外側に移動させた。 そして自分も避けようとしたところで、間に合わず車輪に踏みつぶされたのだ。 「問題ない」 やはり10年間も魔素を使わず動きもしなければ、体もなまるか。 ふむ。 ヴェルを踏みつけた先頭車両はゴトンと右前輪を軽く浮かせた程度で、問題なく進行する。 通路に集まった人たちもさっそうと一人の男が助けに入ったと思ったら、 その車輪に踏みつけられ、傷一つなさそうな雰囲気で横の娘に声をかけている様子を見て、 呆気に取られている。 そこに… 「この先何かに踏みつぶされて痛い思いをすることがあるかもしれません…バッド。でもね、彼のように頑丈な体、いんやー、そりゃ普通の人には無理だ、はっはっは!心、強い心を持っていれば、また立ち上がってその道を進むことができるのさぁ!なんて思いを込めた旅立ちのサプラーイズさぁ!」 いつの間に移送車の屋根の上に上ったか、オレンドが大声で無茶苦茶な口上をあげる。 オレンドは賢くない、筋が通っているようで、その実はすっからかんだ。 道の周辺にいる人たちも 「なんじゃそりゃ…」 「え?結局なんだったの?」 「どういうこと?」 と、納得したような…良くわからないような…となっている。 「ヴェ、ヴェル、早く立ち上がらないと!」 「そうか…ふッ…む。」 二つ目の車輪に踏みつけられた後、すっと立ち上がる。 身体にも衣服にも傷一つ、汚れ一つない。 「うーし!ゔぇーるー、よく頑張ったぜ!グッドグッド!出発だぁ乗り込め!」 オレンドが車両の屋上から縄を投げる。 ヴェルは投げられた縄を右手でつかみ、もう片腕でイーラを抱きかかえる。 「え?…えぇ!?」 「騒々しくてすまない。イーラよ、門出だ」 そういうと、ヴェルは地から足を離し、縄の導きのまま客車との連結部に二人は吸い込まれていく。 その途中イーラは、二人を見守るエリスを見た気がした。 「おっしゃ!演劇旅団レオニア、出発さー!レミニセンの皆々様、またいつか会いましょう!ごきげんようー!」 と、オレンドが大声とばっちりの笑顔で手を振ると、 道に立つ人たちも雰囲気にのまれ、大きく手を振り始める。 「また会いましょー!」 「いってらっしゃーい!」 「来年も来てねー!」 騒ぐ雑踏の先頭で、イーラを助けようと飛び出したエリスの手は空を切った。 その先でイーラはヴェルの手で助けられた。 空を切った自分の手を見つめたあと、エリスはふっと笑い。 「イーラを、どうかお願いしますね。」 とつぶやいて、周囲の街の人より一足先に、家路についた。 「なんだかあっという間の出来事でしたねえ。寂しいような、懐かしいような。不思議な気持ちです。ロクシーや、あなたの子も、あなたそっくりでしたよ。 はぁ・・・片付けもしないで出ていってしまって。ちょっとイーラの部屋を整理しますかね…うーん。さて、広いお部屋はどこでしたっけ。」 と独り言ちりながら、イーラとその母ロクシーの顔を交互に思い返すのだった。

ここまでお読みいただき本当にありがとうございます。 ただ君はこの先二つの時間軸で進んでいきます。 ちょっとした問題を、ちょこちょこと解決しながら、 ほっこり暖かく進む今の時間と 戦争の敗北へ向けて進んでいく過去の時間軸と。 この二つを一緒に流すことで「今」の意味を皆様に伝えられたら、と思っています! どうぞ、引き続きよろしくお願いします。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 闇の系譜(ミストリア編)

    蔓延する病、ハイドットが意味するものは。

    48,700

    200


    2021年6月22日更新

    獣人の棲む国ミストリアの次期召喚師、ファフリ。 召喚術の才が見出せず、父王に命を狙われることとなった彼女は、故郷を捨て逃亡の旅に出るが、その道中で目の当たりにしたのは、公害病の蔓延により疲弊していく自国の姿であった。 国を追われた彼女が背負う、残酷な運命とは──? ◆本作は、銀竹による長編ハイファンタジー小説、闇の系譜シリーズの一作目となります。 ◆他サイトで2014年1月~2017年8月に連載しておりましたが、この度移転してきました。 小説カキコ様の小説大会にて、ミストリア編が2014年に入賞、2017年に金賞を頂きました。いつもありがとうございます。 ◆一部残酷な表現などありますので、苦手な方がいらっしゃいましたらご注意下さい。 イラスト、本文の無断転載禁止です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間57分

    この作品を読む

  • 異世界ガチャの古門さん ~コモン枠の召喚者~

    一般人が帰還を目指す異世界転移物です。

    500

    0


    2021年6月22日更新

    コモンでノーマルな一般人、古門野丸(ふるかどやまる)は旅行の帰りに痴漢冤罪をかけられてしまう。 憤る女性が犯罪者は消えればいい!と叫んだそのとき、野丸は剣と魔法が存在する異世界に飛ばされてしまった。 強制的に召喚され救世主の一人として呼ばれた野丸だったが、実は十人同時召喚を行えば確実に現れる【英雄】と対を成す【外れ】として呼ばれた事が判明する。 それはさながら必ず一体は当たりを引けるガチャの外れ枠の様だった。 【外れ】として呼ばれた瞬間に役目を終えた野丸は国が求めたような能力も無く、また日本に帰ろうにも手段が無いわけではないが使えない個人のためにその様なことは出来ないと放り出されてしまう。 彼は決めた。 帰る手段である【召喚石】を作る手立てがあるのならば、自らの手でそれを用意しようと。 しかし特別な才能も技量も何も無い一般人でしかない野丸はその手段の確立が見えず、周囲に笑われながらも地道に日銭を稼ぐ日々。 そんなある日、魔法の才能が無いからこそ手に入れられた生活魔法をきっかけに、彼は大戦果と言って差し支えない程のことを偶然ながらも成し遂げる。 そのおかげで相棒となる子狼のポチ、更には頼りになる傭兵少女コロナが仲間になり、彼の世界は動き始めた。 野丸は知っている。 自分には秀でた才も高い能力も備えていない、あくまでただの一般人である事を。 だからこそ仲間を頼り、自分に出来る範囲を見極め前に進もうと。 いつか必ず日本に、住んでいた世界へ帰る為に――。 ※ストックが切れるまでは基本平日17時過ぎに毎日更新します。(10話まではやや加速投稿します)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    773,261

    3,693


    2021年6月20日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間8分

    この作品を読む

  • D’s

    謎が謎を呼ぶ、日本紛争劇

    54,600

    520


    2021年6月21日更新

    2080年、第三次世界大戦終戦。 人類は、自国・自身の利益の為に戦い全てを「無」に戻した。 勝者はおらず、残ったのは荒れ果てた地と朽ち掛けた資源、そして未来のない人類。 生き残った人類は、第二次大戦時に核が投下された国「日本」のみ。 如何なる状態でも、どの国にも援助を行わず他国からは後ろ指を刺されていたが、 各国の情勢が悪化するにつれ、人々は日本という存在を忘れ自国の滅亡の道を歩んだ。 終戦後、生き残り限られた資源の中で生活していた日本であったが、 歴史は悪い方向に繰り返す。 協力し合い、少しでもより良い生活を共に生きようとしていたはずが 一つの事件を元にまた一歩滅亡の道を歩むことになる。 きっかけは関東圏で15歳以下の男女が、毎日100人以上姿を消すという事件が発生した。 理由は不明。犯行手口・時間も不明。 関東圏全域を捜索するも被害者の姿は一人も見つからなかった。 被害者が、2000人を超えたあたりで関東圏統括本部に一つの音声データが届く。 「・・・・・関西圏を・・調べて」 雑音交じりの音声で、部分的に聞き取れない場所もあったが、 今回の事件に関与してる可能性があると判断し、 関東圏統括本部は関西圏統括本部に支援・調査を要請した。 数日調査結果を待ったが連絡がなく、不審に思った関東圏統括本部は調査隊を派遣した。 5日後、1メートル四方の木箱と共に一通の手紙が本部に到着。 手紙の内容は 「本日をもって関西圏統括本部は日本国を独立する」という文面。 届いた木箱をあけると5日前に派遣された調査員達の顔のみの亡骸だった。 関西圏のクーデターにより関東圏は対策チームを立ち上げ制圧を試みる。 準備されていたかのような関西圏の抵抗により、状況は悪化し内戦状態となる。 理由の分からない拉致事件と関西圏の独立、武力の抵抗。長期に渡る内戦。 関東圏は関西鎮圧・原因究明の為に部隊「deleter」を発足し対抗するのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間8分

    この作品を読む