Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

北風は憎悪する

読了目安時間:4分

前へ

目次

次へ

コンビニイートイン

 「寂しいから」を伝家の宝刀のように使うやつは嫌いだ。例えば相手を傷つけることを恐れてしまうやつなんかは大抵それを断れなくなる。俺みたいに。 「でさあ、このときうちの 財布がばびゅんっと」  うち寂しがりややねん、がこいつの口癖だ。こいつは本当に寂しがりやなのだろうか、と俺は常々考える。  目の前でミルクティーをがばがば飲みながらいきいき話してる馬鹿には、先ほど「寂しい」と言った気配のかけらも残っていないからだ。  寂しいなんていうのは都合のいい話し相手を逃さないための方便だったんじゃないか。 「北風くん、ねえ北風くん。うちの話聞いてるん?」  考えを巡らせていると、馬鹿がいきなりこっちに身を乗り出してきた。 「聞いてる」 「ぼうっとしてたでしょ。何考えてたの」  別に何も、と言葉を返す。 「まったく。人の話はちゃんと聞くこと、って学校で教わらなかった? ほんとそういうのないわ。せっかくこの南風さんが語っているというのにそれを上の空で聞くとは何事」 「ああごめん南風。悪かったって」  誠意がないわ、と南風。そんなことを言われても困る。もともと誠意を見せるつもりなんてないからだ。俺のその場しのぎの言葉に南風が反応しているだけだ。  南風はカバンからポップコーンを取り出し、口に流し込む。 「ポップコーンはキャラメルポッ」 「話すなら飲みこんでからにしろ」 「わはってる」  こいつの変に馴れ馴れしいところにいつも腹が立つ。  空になった袋を俺に押し付け、南風はまたしゃべり始めた。 「ポップコーンはキャラメルポップコーンに限るね。キャラメルのついていないポップコーンはただのポップコーンだよ。弾ける意義も意味もない。存在自体に価値すらない。私と同じだね」  言いきると、南風は紅茶のボトルを取り上げた。飲もうとして空になっていることに気付いたようで、 「これもゴミでよろしく」  俺の手元にペットボトルを投げつけてくる。ぺこん、と軽い音。  慰めを求めながら、与えさせる隙を作らない。自己防衛。自己完結。そのずるさに吐き気がする。 「なんでも人に押しつけるのはやめろ」 「ごめん。でも、いいでしょ? なにもお金をくれとか頼んでるわけじゃないし。近場だよ、ゴミ箱は。ちょっと手を伸ばせば届く距離。ほら、あなたと私の心の距離よりは近いし」  言葉を切って、南風は間を作る。俺はそれに応えてやることにはするが、こいつの望む慰めは与えてやらない。 「ちょっと手を延ばせば届くなら、自分で捨てろ」 「だってめんどくさいんだもの」  それは半ば本当で、半ば嘘だ。こいつは切れそうな会話の糸口を保っておきたいだけ、話題が切れるのが怖いだけだ。 「嘘をつくな」 「え?」  南風は一瞬泣きそうな顔をした。しかしそれもつかの間、すぐにわからないという顔をしてみせる。 「だって、本当にめんどくさいんだよ。君だって私のめんどくさがり率はわかっているでしょう」  俺もお前の相手をするのがめんどくさいよ、南風。いい加減に解放してくれないか。  そう言いたいが、言えない。  いらいらする感情のやり場に困って、ポップコーンの袋をわざと乱暴に丸めた。幾分か気が晴れた俺は、声に苛立ちをにじませないよう慎重に口を開く。 「南風。」 「うん」 「わかったから」  南風はほっとしたような表情を見せた。 「わかったならよかったあ」  わかりきった茶番の一幕目がやっと終了した。それでもまだ一幕目だ。相手もそれを感じているのか、時計に目をやってからこちらを見る。 「北風、夕飯どうするん?」 「買ってくる」 「いてら」  席を立ってやっと、現実を噛みしめる余裕ができる。ここがコンビニに備え付けられた飲食スペースだったこと、自分の持ち合わせがあまりなかったこと。 「まずいな」  おにぎり一つがやっと買える金額しかない。しかし、今更帰るとは言い出しづらい。とりあえず梅おにぎりを一つ買って席に戻る。 「なにそれ少なっ」 「持ち合わせが少なかったんだよ、文句言うな」 「少なっ、なんかごめんね」  許すわけがない。俺が南風を許すのは、すべてが終わった後だ。  加速する南風への憎悪が最近しばしばこぼれそうになるときがある。とてもよくない。今ぶちまけたら台無しだ。  北風は忍耐を強いるものだ。コートを着た旅人にだけではなく、自分にも。  それをわかっていながら、わからないふりをしながら、不定形の憎悪だけを持て余してぺらぺらのやり取りを繰り返して、こんなこといつまで続くのか、何のためにやっているのか、全て投げ出してしまいたくなるが北風は南風がいないと成り立たないし、南風は北風がいないと成り立たない。  人懐っこくて、頭が平和で、ノリが軽くて、でも繊細で、そんな南風のことが俺は嫌いだけれど、俺がいる限り南風もまた存在し続ける。でも本当はそんなこと全て妄想で、俺がいようがいまいが南風は存在するし、俺がいたって南風はいつもの軽いノリでふっと消えてしまうのかもしれないが、南風のことが好きなようで、執着しているかのようで、でも憎くて、どうすればいいかわからないから俺はこの気持ちを押し込めて、忍耐して、口角だけ上げてみせる。 「お前が謝ることじゃない」  そう答えてやったら、南風はありがとうと言って今度こそ泣きそうな顔をした。

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 四季織のいろは

    折り紙で織りなす新しい文芸青春物語

    5,700

    0


    2021年7月30日更新

    ──夢見月にキミ想ふ。それはあの日私が出会った一冊の古い本。その中で彼女が最後に折った折鶴、それは千年の時を越えて現代に届けられた変わらぬ愛のかたちでした──高校最後の夏のある日、私は一人の女生徒と出会う。その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。私達を繋いだのは一枚の折り紙。四季と短歌、日本文化で紡がれる色鮮やかで美しい世界観と、折り紙を通して描く心の成長物語。四季織のいろはをどうぞお楽しみ下さい。 ※【春】編は毎日更新します。 ※ファンの皆様へ。今回はこのまま続きと冬編まで書いて行きます。 ※ポイントは入りません。(コメントは貰えたら嬉しいかも) ※ご意見、ご感想、誤字報告お待ちしております。

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 僕はまた金魚鉢の夢を見る

    初めて書いた小説、温かい目で見守ってね

    100

    0


    2021年7月30日更新

    大学2年生の夏休み、大人になり切れない大学生の糸川紡(いとかわつむぐ)は5年ぶりに故郷に帰る事になった。その町は紡にとって思い出したくない思い出の町。だから彼はずっとその場所を避けていた。5年ぶりに見たその町は昔も今も豊かな自然に包まれていて何も変わらない。けれどそこには一つだけ足りないものがあった。欠けてはならない大切なモノが…。5年間の空白。埋まらない溝。後悔という名の悪夢。それら全てを乗り越えた時、人はきっと大人になる。これはそんな子ども以上大人未満の糸川紡がつむぐ人生の物語だ。

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

    450,100

    1,800


    2021年7月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間34分

    この作品を読む

  • 漂流してきたお姫様と浜辺の巨神

    描いていて明るい気持ちになりました👸

    2,500

    30


    2021年7月29日更新

    「ねぇねぇ、次は砂のお城を作りましょう」 「うん、わかった」 1人浜辺で遊んでいた少年、彼がたまたま見つけたのはオモチャのような潜水艦。 その中から出てきたのは、なんと赤いリボンを付けた小人の女の子だった。 最初は驚く少年も2人は意気投合し一緒に遊ぶことに。 少年と女の子が届ける現代ファンタジーのショートショートストーリー🎵

    読了目安時間:8分

    この作品を読む