現代/その他ファンタジー 長編 連載中

花嫁と空っぽ、列車の夢。

作者からの一言コメント

2章完結。生と死の恋の話。

読了目安時間:5時間2分

総エピソード数:52話

「先輩が、落ちている……!?」 普通のストーカー女装少年山瀬ユズは、憧れの先輩が落ちているのを発見した。 無理やりオカルト部に勧誘し、ユズは先輩にとある事件の協力を求む。 「実はオカルト部。俺ら以外、全員消えてしまったんです」 ストーカーと空っぽの先輩が挑む怪異譚。 ──── 花嫁になる夢を捨て死んだ怪異の少年。 怪異になるのが夢な空っぽの人間。 そんなオカルト部の歪んだ2人が、消えた部員を探す為、異界駅を巡ってゆく物語。 諦めた夢、残した未練、それから罪。 そんな物を背負って、それでも、意味のない鼓動を意味のあるものにしたいんだ。 2022/05/22 二週に一回、日曜更新予定。 ※全年齢ですがBL要素があります。ご注意ください。

総エピソード数:52話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 花嫁と空っぽ、列車の夢。
作者名 も〜の
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 部活動 現代日本 オカルト 異界駅 怪異 妖怪 ホラー BL HJ大賞2021後期 創作BL 都市伝説
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年5月8日 21時10分
最終投稿日 2022年11月20日 22時06分
完結日 -
文字数 151,186文字
読了目安時間 5時間2分
総エピソード数 52話
ブックマーク登録 11件
コメント 8件
スタンプ 62件
ビビッと 4件
応援ポイント 69,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 夢想家タッくんと妖精たちの森

    童心に帰って読んでください。

    400

    0


    2022年10月5日更新

    東京の公立小学校に通う4年生のタックン。勉強も運動も苦手だけれど、彼の特技は夢想すること。初恋のクラスメートを救い出す為に、恐ろしい敵に挑むことに。

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • W.R 戦鋭第二隊〜機改のコントラスト〜

    異世界じゃないファンタジーです

    2,000

    0


    2023年2月6日更新

    ーー20××年 真っ青な空と鮮烈な炎。 その凶暴なまでのコントラストは彼を惹き付け、正反対の世界へ引きずり込む。 彼はこれから始まるであろう困難に、どう足掻いても溺れることだろう。 今と未来を巻きこんだ物語は駅のホームにて始まる . . . . . ーー21××年 科学技術が発達した世界。特に日本は科学技術先進国として、どの国よりも進んでいた。 しかし長年続いた栄光も、ある晴れた日に崩れ去る。 東京にて見つかった未確認の人型機械「C」 Cは秩序的でいて残酷だった。平然と人々を淘汰し、さも当然のように、その人々に成り代わり生活する。 [W.R 戦鋭第二隊] W.R(World.Risk)は世界規模の組織である。あらゆる場所で起こる重大事件や、警察が手を出せない事件を陰ながら解決する組織。 その中の一部隊はCを根絶すべく、過去へと向かった。 鍵と出会うことになる過去へーー

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間25分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 最強の女騎士さんは、休みの日の過ごし方を知りたい。

    彼女は知る。休日を満喫するという事を――

    422,271

    5,060


    2023年2月5日更新

    ―― 王国歴 221年。 世は混迷を極めていた。 魔物、魔獣の襲撃に王国の防御は疲弊し、民の恐怖は限界に達す。 その混乱の世に、光が差し込む。 王国騎士団。 剣技、知略、諜報に優れたその集団の活躍は瞬く間に国全土に広がり、平和と安寧をもたらすのであった。 エリートばかりの騎士団の中での、絶対的エースの存在がその活躍の源。 ルーティア・フォエル。別名『稲光の騎士』。 雷光のように鋭く、伸びる穂先のように枝分かれする華麗な剣技を持つその騎士は――女性であった。 これは、彼女の闘いの―― ――ではなく。 彼女の、『休日』との闘いの記録である。 生まれも育ちも城で育った彼女は、幼い頃から国のために剣技に明け暮れていた。 そのため、彼女は『休む』事を知らない。自分の身体は国のため、民のためにあると、信じていた。 しかし、国王の心配は増すばかり。 若く美しい女騎士は、未だに自分の人生を全くといっていいほど謳歌していないのであった。 国王は告げる。「休日を満喫する事」を。 そして、王国からの刺客により、ルーティアは知るのだった。 ――『休日』を。 ※この作品の世界観は『極めて現代日本に近いファンタジー世界』です。緩い目で見ていただけると幸いです。 ※一話につき七分割しています。不定期連載となっております。 ※この小説は他サイトと重複投稿を行っております。 ※表紙イラストは ゆせーぺん さん(@glenlivet_speys)に描いていただきました!ありがとうございます。

    読了目安時間:12時間19分

    この作品を読む

  • 幕末日本に転生しましたが、現代知識を活かしてスポーツ振興に取り組みたいと思います

    龍馬! おまんはオリンピックを目指すがよ

    141,460

    1,333


    2023年2月6日更新

    宮地燐はスポーツ史の卒論を書き終えた後、不幸な事故に遭った。 しかし、死の直前に彼の魂は1842年まで遡り、土佐藩の幼子に宿る。 時は幕末維新、動乱の時代であるが、燐は政治や経済には背を向け、野球や競馬、フットボールといったスポーツがより早く日本で、世界で、発展できるよう知恵を絞っていく。 "コメント" ・スポーツ黎明期の歴史を駆け巡るかなり異色な歴史小説です。 ・本来なら各地の方言などが出てきますが、作者が知らないので標準語で統一します ・広範な分野になるので誤りなどが出て来るかもしれません。やんわり指摘していただけますと助かります(汗

    読了目安時間:4時間43分

    この作品を読む