ミステリー 短編集 連載中

家のハムスターの態度がでかすぎるけど、なんだかんだと助けてくれるからしょうがない?

作者からの一言コメント

毎週 土 日 水に更新します‼️

一人で探偵事務所を切り盛りする柊 和人はふと寂しくなってハムスターを飼うことに。しかしそのハムスターは急に喋り始めた!! しかも自分のことを神様だと言い出す。とにかく態度がでかいハムスターだが、どうやら神様らしいので探偵業の手伝いをしてもらうことにした。ハムスター(自称神様)が言うには一日一回だけなら奇跡を起こせるというのだが…… ハムスター(自称神様)と和人のゆる~い探偵談が幕を開ける!?

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 家のハムスターの態度がでかすぎるけど、なんだかんだと助けてくれるからしょうがない?
作者名 DANDY
ジャンル ミステリー
タグ コメディ ほのぼの ミステリー 探偵 ハムスター 神様 現代日本 ギャグ 短編集
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月1日 12時27分
最終投稿日 2020年9月27日 8時08分
文字数 62,517文字
ブックマーク登録 29件
コメント/スタンプ 125件
応援ポイント 55,900pt
ノベラポイント 1,211pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 軍隊のゴハン以外にも興味はありますか?

    ♡94,255

    〇225

    エッセイ/評論/コラム・連載中・9話・19,599字 春ノ嶺

    2020年9月26日更新

    もう解散なんです!!(ネタ切れ的な意味で) なんて理由で10文字もいかないうちに終わったミリメシエッセイ、「別にレーションにこだわらなくてもよくね?」とかいう革命的な手段で奇跡の復活。 レーションって何? 缶詰? カロリーメイトの親戚? いいえレーションとは兵士が配給されるすべての食糧を指します。レーションを見れば国の歴史がわかる、どれだけ強いかわかる、あと予算もわかる。そんなレーションを紐解……くのはもう終わったので、 面白そうな話だったらなんでも紹介していきまーーす☆

  • 卵からでてきたのは、美しき魔術師だった。

    ♡5,100

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・5話・11,854字 KONOHANA YORU

    2020年9月28日更新

    伯爵令嬢ミーティアは、王太子ラインハルトの婚約者だ。ある日城の大広間に向かうと、そこで待っていたのはまさかの婚約破棄。身に覚えのない罪により、城の地下牢に幽閉されてしまう。そしてあろうことか、そこに一人やってきたラインハルトは、ミーティアの喉元に剣を突き付けてきたのだ。 だが恐怖で目を瞑った次の瞬間――なぜか彼女は、最初の婚約破棄場面に戻ってきていた。 以降このループが繰り返され、現在それは《25回目》。 でも、今回は何かが違う!! 導かれるようにして出会ったのは、【 卵 】の中で眠り続けていた、美しき魔術師だった。 *「小説家になろう」様でも投稿しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る