現代/その他ファンタジー 短編 完結済

魔法少女 Double Face

作者からの一言コメント

2つの顔をもつ魔法少女の物語

読了目安時間:24分

総エピソード数:1話

多重人格 正式名称 解離性同一性障害 これがフィクションの世界と現実とで定義がかなり違っていることは広く理解されていることである。 しかしながら、この世界にはもう1つ 多重人格とは似て非なるものが存在する。 花園希美 高校1年生。 彼女もまた その多重人格とは似て非なるもの の持ち主である。 そして彼女には、えもいえない過去 と 誰にも言えない使命 があった。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 魔法少女 Double Face
作者名 Yuukiaway
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 魔法少女 女主人公 多重人格 二重人格 俺っ娘 読み切り 百合
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月11日 8時08分
最終投稿日 2021年1月11日 8時08分
完結日 2021年1月11日 8時06分
文字数 11,993文字
読了目安時間 24分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 8件
コメント 1件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔法少女らいかちゃん

    魔法少女になっちゃった?!

    2,600

    2


    2022年11月29日更新

    俺、近藤源助は目を覚ました途端に女の子に飛び付かれた衝撃に声にならない悲鳴を上げた。 いや、比喩ではなく本当に声が出ない。全身がバラバラになりそうな痛みも尋常では無かった。 おまけに熱湯でもかぶせられたかのように体中が熱い。 身じろぎすら出来ない状態でかろうじて目線を動かせば包帯だらけになっているじゃないか。 えっ? 梅木らいかって誰? 俺の事か? 話の要点を纏めると、どうやら俺は魔法少女で敵の幹部と相討ちになって入院させられているらしい。 困惑していると敵の襲撃を告げられる。 すると見舞いに来ていた女の子達が変身して窓から飛び出していったじゃないか。 マジか? 餓鬼の妄想かと思ってたけど本当に魔法少女だったんだ。 そこで俺は重要な事を思い出す。 これって弟が大コケした魔法少女物のラノベの設定に良く似ている。 打ち切りになってヤケになった弟は敵味方が全滅するバッドエンドに舵を切ったヤツじゃないか! まさか俺はバッドエンド確定の魔法少女に転生してしまったのか! どうなる、俺? どうすんだ、俺? このままじゃラスボスと自爆しちまうぞ! これは魔法少女アクストフランメこと梅木らいかに転生してしまった俺の地獄のような物語だ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 【半フルボイス】知識0から創る異世界辞典(ストラペディア) ~チャラ駄神を添えて~

    ボイスドラマを聴くように小説を読もう

    57,000

    2,641


    2022年11月28日更新

    _人人人人人人人人人人人人人人人人_ > 当作品はイヤホン推奨です!! <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ =================== 「【なろうぜ系】って分かる?」 「分かりません」 「ラノベ読んだ事無い?」 「ありません」 「ラノベって分かる?」 「ライトノベルの略です」 「漫画は?」 「読みません」 「ゲーム」 「しません」 「テレビ」 「見ません」 「ざけんなおらあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」 サブカル0知識の私が死んだ先で背負わされたのは、 異世界情報を詰め込んだ【異世界辞典】の編纂作業でした。 ======================== 利己的な人間に歪まされた自分の居場所を守る為に、私は私の正しさを貫く事で歪みを利己的な人間ごと排斥しようとした。 結果、利己的な人間により私の人生は幕を下ろした。 …違う。本当に利己的であったのは、紛まぎれも無く、私だ。間違えてしまったのだ。私は。その事実だけは間違えてはならない。 「……私は確かに、正しさという物を間違えました」 「そうだよなァ!? 綺麗事はやめようよ、ねェ! キミは正義の味方でも何でもないでしょォ!?」 我が意を得たり、と言わんばかりに醜くく歪んだ笑顔を見せる創造主。 そんな主に作られた、弄れるかわいそうな命。 違う…、違う!! その命達を憐れむ権利など私には無い! 「───だから?」 「……へっ?」 「だから、それがどうかしたんですか。私は今度こそ私の正しさを貫き通します。あなたが生み出したこの星の命へ、そしてあなたへ」 彼等のその手にそれぞれ強制的に渡されたとある本。それは目の前に浮かぶ地球によく似た星そのものであり、これから歩む人生でもある。二人の未熟なカミサマに与えられた使命、それはその本を完成させる事。 誰の思惑なのか、何故選ばれたのか、それすらも分からず。 一人は自らの正しさを証明する為に。 一人は自らの人生を否定し自由に生きる為に。 ───これは、意図せず『カミサマ』の役目を負わされてしまった不完全な者達が、自ら傷付きながらも気付き立ち上がり、繰り返しては進んでいく天地創造の軌跡である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む