連載中 長編

最強神を殺した死神と呼ばれた少年は暇つぶしに転生して転移する。

作者からの一言コメント

最強神を殺し死神と畏れられた少年の物語

神々から疎まれてきた神が1人だけいた。彼は生まれつき固有スキルを所持していた。そのスキルは『吸収』 その神を人々と神々は畏れの念を込め、死へと導く神の案内人で『死神』と名付けた。 ある日死神は神の中で1番強い創造神ゴウトに決闘を申し込む·····『俺が勝ったらお前の能力を貰う。俺が負けたら、俺は自害しよう。』と。 そして時は経ち数十年後·····死神こと主人公 小鳥遊 凪 《たかなし なぎ》はゴウトから手に入れた能力『創造』で転生を図るそして見事に転生した死神がまた転移されてしまうお話。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 最強神を殺した死神と呼ばれた少年は暇つぶしに転生して転移する。
作者名 蛮勇
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界転生 異世界転移 ハーレム 隠れイケメン 美少女 主人公最強 神殺し 死神 ロリ 転生 転移 残酷な描写あり
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年8月1日 23時30分
最終投稿日 2019年8月6日 14時49分
文字数 14,376文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 6件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡48,100

    〇50

    SF・連載中・78話 K1.M-Waki

    2020年8月9日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

  • ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫

    ♡200,100

    〇1,843

    異世界ファンタジー・連載中・12話 レンga

    2020年7月3日更新

    ◆◆◆◆◆ 広いつばの帽子をかぶり、魔女のルカと魔導機械≪ロボット≫のクラリスは、世界を旅して回っている。 目的は、世界を知るため。 「この世界を救いたいの。美しい、この世界を――」 魔女は神格を得ると、女神となる。 治癒の魔女であったルカの母、ルウィルは、世界を旅する中で神格を得、治癒神となった。 そんな母親が、救いたいという世界を知るために、ルカは世界を旅して回る。 ちょっと生意気な、元メイドロボであるクラリスと一緒に。 これは、修行中の魔女、ルカと、 ちょっと生意気なロボット、クラリスの―― ――出会いと、別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。 ≪3日連続日間総合ランキング1位≫ ≪3日連続日間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪週間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪月間総合ランキング3位≫ ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫ 応援ありがとうございます!皆様のおかげで、日間ランキングで総合・異世界ファンタジーで1位獲得できました! さらには月間ジャンル別1位!総合月間3位です! 引き続き、応援のほどをどうぞよろしくお願いします! ◆◆◆◆◆ この作品は 「小説家になろう」 「カクヨム」 にも、掲載しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 書きながら考えた結果

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・14話 仙人掌(さぼてん)

    2020年8月10日更新

    小説家になろうで公開している物をこちらでも公開してみたいと思います。 以下なろうからコピペ 異世界に性転換して転生した主人公が転生した先で生活する話です。 貴族の家に生まれるも魔力が無いために捨てられてしまい、捨てられた先で龍と出会ってなんだかんだでくっついてしまう。 それからもいろんなものとくっつくがそれでも人として日常生活を営んでいく話。

  • また余所で掲載している物のコピペです

    ♡400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話 仙人掌(さぼてん)

    2020年8月10日更新

    異世界に転生した人は星の数ほどある、しかしその転生者たちは全員がチートを使えるわけでもなく、運命的な出会いがある訳でもない、ただ単純に日本で生活していた記憶があるだけでその記憶が異世界の生活に役に立つ訳でもない。 主人公はそんな転生者達を手助けする仕事についている、時には直接介入したり先に脅威を潰したりしてしる。 以下なろうからコピペ 若くして死ぬと異世界転生するらしい。 まさか自分がそうなるとは思わなかった。 しかしチートはもらえなかった。 特殊な環境に生まれる事もなく、そこそこ大きな街の平民として生まれ、特殊な能力や膨大な魔力を持つことも無かった。 地球で生きた記憶のおかげで普通び人よりかは魔法は上手く使えるし特に大きな苦労はしていない。 学校こそ身分の関係で行けなかったが平凡にくらしていた。 そんなある日、初めて同じ日本の記憶がある人と出会った。 なんでもその人は異世界に転生した日本人の手助けをする仕事についているそうだ。 自分もその職につけるようで参加してみた。 すると好感度が振り切った嫁をもらった。 それから自分も転生した人たちを助ける仕事を始めることになりました。