完結済 短編

さよならがいえない

作者からの一言コメント

私じゃ、駄目なんですか。

同窓会の頼りが来た日に、私は二十歳になった。この日をずっと、待ち続けていた。全ては、たった一つの恋のために。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 さよならがいえない
作者名 本間 海鳴
ジャンル 文芸/純文学
タグ 同窓会 先生 整形 恋愛
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月28日 19時00分
最終投稿日 2019年11月28日 19時00分
文字数 6,688文字
ブックマーク登録 6件
コメント/スタンプ 23件
応援ポイント 31,600pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 父からの精神的自立を目指す中学生の話です

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・41話 伊藤直人

    2020年6月7日更新

    東尾中学野球部3年生の井岡誠は、高校野球の古豪・東尾商業高校からの勧誘を受けていた。名門校で甲子園を目指したい誠だが、父・義秀からは高校では大学受験に専念するため、野球は中学卒業までと言いつけられている。厳格な父に従順だった自分を変えたいと強く思い説得を試みるが、父は頑として聞き入れてくれない。そんな中、中学生活最後の公式戦も目前に迫っていた。 一人息子の誠が進路のことで思い悩む一方で、義秀もまた自身が教師として勤務する水蘭高校では問題児・安西の指導に手を焼いていた。ある日義秀が仕事に疲れて風呂場でまどろんでいたところ、奇妙な夢を見る。夢の中でじっとこちらを見つめる少年の正体はーー 息子と父親、双方の視点から、親子の在り方を問う青春ストーリー。

  • 愛されたくて淋しくて、自分がキライ。

    ♡10,400

    〇50

    文芸/純文学・連載中・12話 白雪冬桜

    2020年6月7日更新

    お兄ちゃんのことが好きで、尊敬しています。 パパとママのことはどう思っているのか分かりません。 自分のことはキライです。 いつも心配です。 お兄ちゃんに嫌われたらどうしよう。 冷たくされたらどうしよう。 誰からも愛されなかったら、どうしよう。 心が寒いので、温かいものを下さい。 ※不定期更新です。