恋愛/ラブコメ 長編 完結済

読書キャンペーン開催中!

【完結】悪役令嬢はヒロイン気質〜どうして上手くいかないの!?〜

作者からの一言コメント

ヘタレな悪役令嬢に振り回される!?

読了目安時間:4時間7分

総エピソード数:84話

乙女ゲーム『ダイアモンドに魅せられて』 気に入らないものは実力で捩じ伏せる悪役令嬢であるラヴィーニア・ロンバルディ 孤高で、気高くて、何より美しく自分の意志をしっかりと持っている‥! そんな彼女にずっと憧れていている蜜柑は優柔不断、お人好し、断れない‥いつもオドオドしているせいで、厄介事に巻き込まれていた。 ラヴィーニアに会いたくて、ラヴィーニアの婚約者であるアルノルドルートばかりやっていた。 生まれ変わるなら、こうなりたい! ラヴィーニアのように生きられたのなら、こんな自分を好きになれる‥‥そう信じていた。 そう、今までは。 あれ‥ちょっと待って、おかしくない??? なんで私がラヴィーニアに!?!? シナリオの途中でラヴィーニアになっている事に気付いた蜜柑は、何とかラヴィーニアらしく振る舞うものの、アルノルドに問い詰められて涙が止まらない!! シナリオ通りに上手くやろう! ラヴィーニアは絶対に私が幸せにする! そう意気込んでみたものの‥‥シナリオ通りに進みたいのに正反対の性格すぎて、何もかも上手くいかないんですけど‥!? ヘタレなラヴィーニアに巻き込まれていく形で攻略対象者の様子がどんどんと変わっていく!! 最初の印象は最悪な不器用な王太子、ステファノ ステファノの弟で天才で物腰柔らかくて紳士に見えて実は、ジューリオ 完璧すぎる護衛だが心に闇を抱える、ディーゴ 魔法天才だけど実は重度のシスコン、フィン ヘタレな悪役令嬢に翻弄される残念な攻略対象者達。 一方、ラヴィーニアは性格が変化した事により、魔法の属性まで変化してしまう! 国で唯一の"光魔法"の使い手になってしまって‥‥! 悪役令嬢なのに何故かヒロイン気質!? ドタバタラブコメディの悪役令嬢ものです♪

総エピソード数:84話

作品情報

作品名 【完結】悪役令嬢はヒロイン気質〜どうして上手くいかないの!?〜
作者名 やきいもほくほく
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 婚約破棄 残念な悪役令嬢 残念なイケメン達 逆ハーレム ハッピーエンド 乙女ゲーム 魔法世界 ファンタジー
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年9月23日 8時00分
最終投稿日 2021年10月15日 20時00分
完結日 2021年10月16日 18時47分
文字数 123,720文字
読了目安時間 4時間7分
総エピソード数 84話
ブックマーク登録 5件
コメント 0件
スタンプ 7件
ビビッと 1件
応援ポイント 12,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 風の国のお伽話

    魔法もスキルも無い世界の真面目っ子奮闘記

    991,920

    36,111


    2021年6月19日更新

    むかしむかし、あるところにあったヴィンティア王国という名の風の国の、小さな山村で起きるありきたりかもしれない小さな事件。 だが当人たちにとっては生死にも関わる重大なその事件の前後で、王族の連枝の末の王子ユーキと村長の養子ケンが試練に立ち向かう物語。 他領からの養子である自分を優しく受け入れてくれた村を愛して止まず、我が身を顧みず村人達を率いて戦いに臨むケン。 幼い日に出会った少女の思い出を胸に、国民の幸せを信条としてひたすらに学びに励むユーキ。 魔法は無い。ジョブもスキルもアビリティも無い。そんな世界にもヒーローが必要になる時はある。 それぞれに困難に向き合う二人と、二人を支える周囲の人々を描いていきます。 魔物はほんの少し出て来ますが、その領分を人間が侵さない限りは手を出して来ません。 魔法っぽいものは魔物にしか使えませんので、人間の戦いは剣や弓矢などの武器だけで行われる世界です。 闘争や人が死ぬ描写がありますのでご注意ください。 恋愛部分は糖度高いです。甘々です。 ランキング最高順位(2021/9/30時点) 総合:日間1位、週間1位、月間5位、年間19位、累計109位 ジャンル:日間1位、週間1位、月間2位、年間10位、累計52位 応援有難うございます。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 「小説家になろう」にも掲載しています。 表紙絵は雪丸ぬん先生作。使用許諾を得ております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間50分

    この作品を読む

  • sky bird

    変革後の世界で殺し屋と少女が空を舞う

    2,350

    0


    2022年5月22日更新

    奇跡なんて起こらないと信じられていた、その時代。その世界。 最終戦争と言われた世界大戦時、核兵器に優る新兵器の有害物質や複数の有害物質が混合して生まれた未知の物質などにより世界は歪んだとされている。そして歪みからカオス空間と後に呼称される異次元がうまれた。世界は変革した。 物理法則が狂い環境が変革した変革後の世界。世界はイフ(仮定=未来)とパスト(過去=絶対)に分かれた。人々はヤク(異能=厄災)とネイチャー(無能=自然人)に分かれた。世界は人間、突然変異で生まれた獣人、変革により生じた異形が混じりあい、更には未来と過去が両存する混沌のゴミ箱と化していた。 変革を作りしカオス空間の使者達はヤクやネイチャー等、人に扮して世界に混ざった。そして一つの支配階級を形成した。奴らを見分け、早期に世界を取り戻す。その志を持つ者はいない。何故か。知る者がほぼいないからだ。巧みな手口で世界からカモフラージュされた彼らはとある力で持って世界の命運(設定)をゲームのように決めていた。法則が常に変わる世界では生け贄と捕食者という関係性は崩れない。歪みが定期的に発生しカオス空間が生まれそこに現れた異形に餌を与え、満足すれば帰って行くというゲームだ。その餌の確保と自らの安全な暮らしのために、人は他者を犠牲にする。【彼】は人知れず全てを知っている。人知れず知りながら、彼はまだ誰にも明かさない。乱立する高層ビル群を飛びながら何かを知りながら素知らぬ風に空を舞う彼には事情がある。あるが、それを知る者は彼以外またいない。主に殺しを仕事でする彼だが、本職は便利屋である。イレギュラーとインビジブルの異能を持つ彼は今日も稼業に奮闘し、逃亡劇を繰り広げていた。が、かのビルで一緒に逃げていたミルミと出会った。 天下無敵の殺し屋自由人×裏がありそうだけど元気溌溂少女ミルミによる、自由を求める悲喜交々爽快痛快ファンタジー。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む