異世界ファンタジー 短編 完結済

(W)rath

作者からの一言コメント

吸血鬼と少年兵の戦後異世界ショートノベル

読了目安時間:1時間0分

フードを被った一人の少女が、西武の町に現れた。 彼女はメア。とある理由で世界を彷徨う旅人(リーパー)だ。 メアと旅する少年ハルはそんな彼女と通ずる理由で、共に生きてる残滓の兵士(ロードメイカー)。 二人は死んだも同然な……世界をひたすら歩いていた。 “けじめ”をつけるため、そして自分が生きてる意味を、自分が必ず見つけるために―――。 途方もない有限と無限の時間が交わるとき、世界という“絶望”に“希望”の発芽は芽生えるか? 広大な世界の中の、小さき“孤島”の物語―――。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 (W)rath
作者名 平田 一
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 女主人公 男主人公 戦後 人外 少年兵
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月28日 0時06分
最終投稿日 2020年3月31日 12時00分
完結日 2020年3月31日 12時00分
文字数 30,184文字
読了目安時間 1時間0分
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 王宮まかない婦さんは偉大〜贅沢料理で疲れた胃袋を優しく癒す〜

    まかないは癒しの料理……

    50,600

    0


    2021年9月20日更新

    ​───────『自分はイージアス城のまかない担当なだけです』。 いつからか、いつ来たかはわからない、イージアス城に在籍しているとある下位料理人。男のようで女、女のようで男に見えるその存在は、イージアス国のイージアス城にある厨房で……日夜、まかない料理を作っていた。 近衛騎士から、王女、王妃。はてには、国王の疲れた胃袋を優しく包み込んでくれる珍味の数々。 その名は、イツキ。 聞き慣れない名前の彼か彼女かわからない人間は、日々王宮の贅沢料理とは違う胃袋を落ち着かせてくれる、素朴な料理を振る舞ってくれるのだった。 *少し特殊なまかない料理が出てきます。作者の実体験によるものです。 *日本と同じようで違う異世界で料理を作ります。なので、麺類や出汁も似通っています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む

  • 可惜夜の史

    夜に紛れぬ一閃。奇才をもつ男性のお話。

    27,550

    0


    2021年9月20日更新

    ひときわ際立つ 一閃をもって敵を断つ。 「その眼に収めたいなら、瞬き禁止ね」 惑(ヨ)はトレイゼ。斗久(トク)の暦800年。 惑には、先天的に奇才をもつ、【奇才核(レアドラー)】の存在があった。 ある青年もまた、細く鋭い線を生成し、戦術を構成していく【奇才核】の一人。 一人で惑を歩く者として、ある存在を追っていた。 【奇子染(ガーベイド)】、後天的に奇才を与えられた人間の存在を。 それを追う理由は、青年の過去に大きく関わっていた。 たどり着く先にあるものを知った時、彼がとる行動は…… 補足 章の序章にあたる部分は視点なく進みます 可惜夜(あたらよ) ─明けてしまうことが惜しまれる夜

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間19分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • プラネット・アース 〜地球を守るために小学生に巻き戻った僕と、その仲間たちの記録〜

    地球の運命は、小学生たちに託された。

    687,912

    25,095


    2021年8月26日更新

    まさに社畜! 内海達也(うつみたつや)26歳は 年明け2月以降〝全ての〟土日と引きかえに 正月休みをもぎ取る事に成功(←?)した。 夢の〝声〟に誘われるまま帰郷した達也。 ほんの思いつきで 〝懐しいあの山の頂きで初日の出を拝もうぜ登山〟 を計画するも〝旧友全員〟に断られる。 意地になり、1人寂しく山を登る達也。 しかし、彼は知らなかった。 〝来年の太陽〟が、もう昇らないという事を。 >>> 小説家になろうからの大幅修正・転載版です。 改稿による若干の違いがありますが、お話の流れは変わりません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27時間34分

    この作品を読む

  • ゾンビの王冠

    次話より新章突入。パンデミック後日談へ。

    56,650

    1,425


    2021年9月20日更新

    ゾンビパニックなんていつ始まったのか。 ニュースも前兆も知らずに気付いたらなっていた駆け出しゾンビが朦朧とした意識で遮二無二病院の薬を手当たり次第飲んで警察に捕まらずに放浪していたら、一週間くらいで脳だけ正常の見かけ倒しゾンビになっていた。人につくかゾンビに媚びるか、大丈夫。ゾンビはまだそんなにいない。 ゆっくり考えればいい。 いや、本当にそうか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む