恋愛/ラブコメ 短編 完結済

ロジカルケミカル☆マッドサイエンティストちゃん

作者からの一言コメント

論理という名の狂気の産物だよっ☆

読了目安時間:25分

恐怖のチョコ三題噺に出し損ねました!!!!!!!! (期間と文字数がオーバー) お題:「恐怖」「チョコレート」「告白」

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ロジカルケミカル☆マッドサイエンティストちゃん
作者名 A級コネクタ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 恐怖のチョコ三題噺 ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月1日 8時00分
最終投稿日 2021年4月1日 8時00分
完結日 2021年4月1日 0時08分
文字数 12,367文字
読了目安時間 25分
ブックマーク登録 9件
コメント 5件
スタンプ 21件
ビビッと 3件
応援ポイント 14,000pt
ノベラポイント 80pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • diary

    ツイッターで書いている140字SSまとめ

    900

    0


    2021年9月21日更新

    主に『ノベルちゃん三題』(#ノベルちゃん三題)でお題をお借りして書いた、社会人の『彼』と大学生の『私』の140字SSをまとめてあります。 内容はアルファポリスさん、エブリスタさんに掲載しているものと同じです。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 私と付き合うのは駄目ですけど、あなたに彼女ができるのはもっと駄目ですッ!

    意地でも独り身を貫いてもらいますッ!

    6,300

    0


    2021年9月21日更新

    【第一章終了まで、毎日17時更新予定】 高校二年生の春、始まりの日。俺、芝原ナルタカは後輩の女の子、小山内ツツミちゃんに告白された。しかし、俺はそれを、断腸の思いで断った。だって俺には、他に好きな人がいたから。 ならば先輩も告白してきて欲しい。もし駄目だったら、自分の元に戻ってきてね、とツツミちゃんに言われた俺は、早速同じクラスの好きな人、皐月アヤヤへの告白に踏み切った。こんな俺に告白してくれたツツミちゃんに、誠意を返す為にも。 そうした俺の一世一代の告白に対する答えが、これだ。 「私と付き合うのは駄目ですけど、あなたに彼女ができるのはもっと駄目ですッ!」 待って、俺これ理解できない。付き合えないのは解るけど、俺に彼女ができるのも駄目だって? ホワイ、何故? とりあえずツツミちゃんに報告に行ったのだが、なんとアヤヤもついてくる。 「……ボク、負けないからね」 「ナルタカさんには意地でも独り身を貫いてもらいますッ!」 そうして始まったのは、よく解らない戦いだった。 俺に彼女が出来ないように妨害してくるアヤヤ vs 俺と付き合いたいツツミちゃん。 うん、俺にどうしろと? こうして、俺の高校二年生の春が始まった。

    読了目安時間:4時間12分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔女が不老不死だなんて誰が言い出したんですか?

    おねショタ要素、ありません(ネタバレ)

    5,400

    0


    2021年9月20日更新

    ――――『魔女』の生贄にされた少年はどうなる? 魔女は不老不死だ。人とは生きる時間が違う。少年は魔女に食べられるのか? それとも死ぬまで奴隷のように働かされるのか? いや、いつまでも老いる事のない魔女をいずれ少年が追い越して、「魔女と生贄」は「女と男」の関係に変わるのだろうか? ……そして少年の最期は、不老不死の魔女に看取られるのだろうか。1人残される魔女の心情を思えば、それはなんて悲しくも美しい恋物語なのだろうか。 「僕はその悲しくも美しい恋物語の主人公になれるかも知れない」 アレクシス少年は愛を知らない。 両親に愛されず、隣人に愛されず、12年間 虐げられて来た。心身共にズタボロでいつ死んでもおかしくなはい。挙句の果てには病の弟を救うため、魔女の生贄になれと告げられたのだから救いようがない。 しかしアレクシス少年は喜んだ。魔女は怖くない。ただ、愛を知らずに死ぬ事だけが怖かった。 魔女と少年の恋物語ならば耳にした事がある。――――そう、「おねショタ」だ。そして「主従逆転・立場逆転の下克上」だ。恋が無理でもどうせ死ぬ命、魔女に食べられる事に恐怖はなかった。 胸を躍らせて訪れた魔女の家。しかし中から出て来たのは、アレクシス少年と変わらない年齢の美しい少女だった。 「…………思っていたのと違うんだけど、どうしようか」 魔女は? おねショタは? 立場逆転は? 悲しくも美しい恋物語は? 果たして、不遇すぎてぶっ壊れた底抜けに明るい少年と不老不死の魔女は、悲恋物語の主人公になれるのだろうか。 ※小説家になろう、アルファポリス、カクヨム、エブリスタ(敬称略)でも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 江浦草子

    目標、大日本帝国による世界征服!

    400

    0


    2021年9月21日更新

    皇紀2701年、遂に地球は世界政府を樹立した。通称「地久共栄圏」と称されるその国際機関は、大日本帝国の勝利によって立ち上がった「大東亜共栄圏」を母体としており、それは言うなれば、大日本帝国の世界征服といっても、まず過言では無かった。 ある男が28世紀の号砲を告げる。彼は大日本帝国内閣総理大臣であり、つまりはこの地球上で天皇の次に尊い立場の人物であった。権威ではなく権力だけで考えるならば、世界一重要な人物、といってもまず過言では無い。彼は曾祖父、垣屋孝三よりの基盤を脈々と受け継いだ貴公子であり、言うなれば生まれながらの勝ち組と言っても、まず過言では無かった。 彼には、三人の妹がいた。保波、菊理、崇華の三人である。彼女等は佳く兄を支え、また兄も彼女等を慈しむことを忘れなかった。 そう、なぜなら、その三人の妹の前世とは……。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む