ミステリー 長編 連載中

英国探偵と伯爵令嬢の華麗なる戯曲

作者からの一言コメント

ラブコメ¬ ミステリのオリジナルホームズ

19世紀イギリス・ロンドン。 容姿端麗、しかし偏屈で極めて奇人と噂の探偵「シャーロック・ホームズ」と、自称"令嬢探偵"のお気楽可憐な恋する伯爵令嬢「メアリー・リーズベット」のもとに、今宵も美しい戯曲のような事件が舞い込む。 ◆◆◆ 原作「シャーロック・ホームズシリーズ」の世界を愛する方にも、 初めて読んでいただく方にも楽しんでいただけるような、 原作に敬意を−そしてオリジナリティを加えたラブコメ?ありの、本格ミステリです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 英国探偵と伯爵令嬢の華麗なる戯曲
作者名 こまつみえ
ジャンル ミステリー
タグ 最強主人公 西洋風 シャーロックホームズ イギリス ロンドン 探偵 ラブコメ ミステリ 年の差 令嬢 英令戯曲 英国探偵 オリジナル ホームズ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月15日 8時52分
最終投稿日 2020年11月7日 20時00分
文字数 59,658文字
ブックマーク登録 74件
コメント 31件
スタンプ 305件
ビビッと 0件
応援ポイント 425,801pt
ノベラポイント 5,880pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年11月23日更新

    平和な島で暮らす衣織(いおり)は十六歳の少年で、親をなくして紫暮(しぐれ)一家の家に引き取られて暮らしている。 外の世界では魔物が入り混じった黒頭巾の軍団が無慈悲な殺戮を繰り返しているという。 ある日、島に例の軍団が攻めて来て、島民は惨殺される。 傷を負った衣織は気が付くと仙人の住む仙洞にいた。 美しい仙人に介抱された衣織は仙人に弟子入りして剣技や秘儀を授けられながら、そこでしばらく日々を過ごした。 ある日、仙洞の宝物庫で剣が呼ぶ声がして、いわくつきの剣の主になった衣織は都で暴れているという憎い敵を討つために旅に出る。 ※R18には今のところなっていないのでフェアに参加します。

  • 新人魔法士たちが集まる研修、そこで……

    ♡1,365,965

    〇27,251

    現代/その他ファンタジー・連載中・91話・354,300字 秋真

    2020年11月23日更新

    ある『出来事』から日常は一変する。 その出来事の後、 各地に現れた魔法を使える者たち。 それぞれの『属性』に応じて魔法を『呼ぶ』。 国は彼らに「魔法士」の資格を与え士業に列し、その管理下に置いた。 混乱した社会。治安の悪化。 各地の人々はそれぞれの地域の都市圏ーエリアーに強制的に移住させられる。そこでのAIに管理された快適な生活。社会は落ち着きを取り戻しつつあった。 都内私立大学法学部に通う大学1年生、羽田悠貴。 テニスサークルにバイトに、とそれなりに満喫しているもののどこか満たされない日々。 サークル同期での学年合宿へ向かう悠貴たち。 そこで起こった出来事が悠貴の運命を変える。 ※※※※※※※※※※※ 初めまして、秋真(あきま)と申します。 都内で司法書士として働いています。 仕事の移動中の妄想をふとした時に小説にしてみたいと思って書き始めてみました。更新は暫くは仕事の関係で不定期になるかもですが週に何回かは更新していきたいと思っています。 現役司法書士が移動中の電車で描く妄想世界。 皆様方の暇潰しに少しでもお役立て頂ければ幸いです。 若輩者ですが宜しくお願い致します! ※こちらの作品は小説家になろう様、NOVELDAYS様にも投稿させて頂いています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 過去に書いた殺しの美学の改訂版

    ♡9,600

    〇0

    ミステリー・連載中・160話・119,671字 村上未来

    2020年11月25日更新

    感情の無い園山美玲は、産まれて初めて興味の持てるものを見つけた。それは人を殺す事。絶対無二の美しさを持つ彼女は学習する為、様々な生物を殺し始める。そして… 皇伊織は神になりたかった。頭脳明晰な彼は神になりうる手段を模索していた。そして催眠術と出会った。不可能と言われる催眠術を使っての殺害を繰り返し続ける伊織は、美玲と出会う。 美玲と伊織が出会った瞬間、何かが起こった。 寝た切りの絶対的存在の父親に殺人を強要される少年 記憶を無くした美少女 愛する者を殺され心が壊れた少年 幾人もの普通とは異なる人種達のストーリーが、やがて1つになる 過去に書いた殺しの美学の改訂版です。内容が少し変わります。

  • 結末をどう捉えるかはあなた次第です

    ♡700

    〇0

    ミステリー・連載中・5話・7,022字 羽山一明

    2020年11月25日更新

    ある優秀な男がいた。 医者であり科学者であった男は、事故で昏睡してしまった女性を救うべく、ある医療機器の開発に心血を注いだ。 夢を機械的に再現し、患者の脳に働きかける装置、通称『ドリームダイバー』。 すべての計画は順調に進んだ。ついに訪れた発表会の直後、男のもとに連絡が入った。 それは、『娘が事故に会い、昏睡状態に陥った』という報せであった。