異世界ファンタジー 短編 完結済

不死の勇者ソラ

作者からの一言コメント

永遠に生きることになる。ある種の呪いだよ

「所詮は王の傀儡か。不死の勇者よ」 魔王フォボスはその一言を残し、この世から消え去った。 これで世界は平和になると信じた不死の勇者ソラだったが ニーピア国王の策略によって邪魔者として封印されてしまう。 ――それから15年の月日が流れた。 封印から解放されたソラの前に立っていたのは ニーピア王国の王女のミーファだった。 魔王を倒したことで世界の状況は変化し、領土問題が発生。 「あなたの所為でこんなことになってるのよ!」 追われる身になってまで不死の勇者の封印を解いたミーファ。 世界のバランスが魔王を倒したことによって崩れてしまった。 その責任を問われるソラは、新しい魔王シドに招かれ魔法帝国へ。 「ようこそ、不死の勇者ソラ。ミーファ姫」 待っていたのは新しい魔王シドと護衛のレイン。 不死の勇者ソラは魔王シドに目的を問いただす。 しかし、その口から放たれた言葉は意外なものだった。 『人間と魔族が共に暮らす差別のない世界の実現』

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 不死の勇者ソラ
作者名 森のうさぎ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 勇者 ダーク チート ハッピーエンド
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年4月8日 6時19分
最終投稿日 2021年4月9日 12時32分
完結日 2021年4月9日 12時34分
文字数 41,162文字
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 9件
ビビッと 7件
応援ポイント 3,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 眼鏡と翼と突風と

    巨木と本をめぐる小さな世界の物語。

    100

    0


    2021年3月25日更新

    街の中心部の丘の上には千年木と呼ばれる巨樹がある。 丘の中腹にある古本屋の店主セロは、八年前に行方不明になった少女カモミールを忘れられないでいた。 ある日、店に一冊の本が投げ込まれる。この本を巡り、セロの周りに不穏な風が吹きだした。 謎が次の謎を呼び、カモミールへと繋がって行く。 セロと一羽の鳥、友人クロウ、居候の少女シナモンをめぐる物語。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 異世界SNS

    魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    1,013,176

    15,845


    2021年4月13日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 ※〈第1回ノベルアップ+小説大賞〉に応募しているこちらの作品もぜひ! 『伝説の勇者ポイントカード』 https://novelup.plus/story/261249263 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:33時間46分

    この作品を読む