ミステリー 長編 完結済

仙境王還記~虹色鸚鵡と最後の王~

作者からの一言コメント

バディものです。舞台は中華風架空王朝。

山の中にひっそり存在していた仙人の支配する国、迂峨過都(うおこと)。 隣の国の都で起こった殺人事件をきっかけに、最後の王とその友人が仙人国入り。謎解きに奔走します。 仙人の国では不思議な力が使われているけれど、ほとんどすべて科学に裏付けられたもの。 でも、殺人を犯した「天君」は、唯一科学とは関係のない不思議な力を使える存在とされていて――。 第三章以降は、各章の冒頭に、前の章までのあらすじが書いてあります。 『仙境王還記 みどりごの魔宵歌』(辰巳出版)の主人公たちの少年時代、出会いの物語でもあります。 この話と『みどりご~』は、登場人物は共通していますが、それぞれ別の話です。辰巳出版の方から、続編はご自由にというご連絡をいただいており、こちらに載せた次第です。 LINEノベルの方でも同じタイトルの作品を投稿しています(内容は少し違います)。 よろしくお願いします。 ※2020年1月14日から、小説家になろうでも投稿し始めました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 仙境王還記~虹色鸚鵡と最後の王~
作者名 江東うゆう
ジャンル ミステリー
タグ R15 シリアス 男主人公 中華風 殺人事件 謎解き バディもの 科学 ブロマンス
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年8月5日 15時24分
最終投稿日 2019年11月10日 6時00分
文字数 271,376文字
ブックマーク登録 35件
コメント/スタンプ 234件
応援ポイント 111,800pt
ノベラポイント 205pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 過去に書いた殺しの美学の改訂版

    ♡9,100

    〇0

    ミステリー・連載中・100話・70,244字 村上未来

    2020年9月23日更新

    感情の無い園山美玲は、産まれて初めて興味の持てるものを見つけた。それは人を殺す事。絶対無二の美しさを持つ彼女は学習する為、様々な生物を殺し始める。そして… 皇伊織は神になりたかった。頭脳明晰な彼は神になりうる手段を模索していた。そして催眠術と出会った。不可能と言われる催眠術を使っての殺害を繰り返し続ける伊織は、美玲と出会う。 美玲と伊織が出会った瞬間、何かが起こった。 寝た切りの絶対的存在の父親に殺人を強要される少年 記憶を無くした美少女 愛する者を殺され心が壊れた少年 幾人もの普通とは異なる人種達のストーリーが、やがて1つになる 過去に書いた殺しの美学の改訂版です。内容が少し変わります。

  • これは挑戦。

    ♡66,100

    〇1,180

    ミステリー・連載中・17話・34,935字 一輝

    2020年9月23日更新

    目には目を、歯には歯を、犯罪には犯罪を‥‥ 世に蔓延る身勝手な凶悪犯罪の数々 そして、正義とされる筈の法律に守られ、犯した罪の重さ通りには決して裁かれない加害者達。 それにより、2度目の大きな傷を負わされる被害者達‥‥ そんな理不尽を過激にぶっ壊していくのは、犯罪者を犯罪で狩る 黒き執行人『黒峰 蓮』 そして、それに相対するは、己が正義を貫く心優しき信念の刑事『蒼井 龍太』 矛盾した正義というものが、正しく生きる者を傷つけていくものとなっているこの現代社会に、タブーとされている事柄に躊躇なく斬り込んだ、ハードボイルドなweb小説界の問題作。 「正義とは何か?」 犯罪に犯罪で対抗するダークヒーローのその姿、貴方は共感しますか?それとも悪だと否定しますか?