完結済 長編

仙境王還記~虹色鸚鵡と最後の王~

作者からの一言コメント

バディものです。舞台は中華風架空王朝。

山の中にひっそり存在していた仙人の支配する国、迂峨過都(うおこと)。 隣の国の都で起こった殺人事件をきっかけに、最後の王とその友人が仙人国入り。謎解きに奔走します。 仙人の国では不思議な力が使われているけれど、ほとんどすべて科学に裏付けられたもの。 でも、殺人を犯した「天君」は、唯一科学とは関係のない不思議な力を使える存在とされていて――。 第三章以降は、各章の冒頭に、前の章までのあらすじが書いてあります。 『仙境王還記 みどりごの魔宵歌』(辰巳出版)の主人公たちの少年時代、出会いの物語でもあります。 この話と『みどりご~』は、登場人物は共通していますが、それぞれ別の話です。辰巳出版の方から、続編はご自由にというご連絡をいただいており、こちらに載せた次第です。 LINEノベルの方でも同じタイトルの作品を投稿しています(内容は少し違います)。 よろしくお願いします。 ※2020年1月14日から、小説家になろうでも投稿し始めました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
仙境王還記~虹色鸚鵡と最後の王~
作者名
江東うゆう
ジャンル
ミステリー
セルフレイティング
残酷描写あり
初掲載日
2019年8月5日 15時24分
最終投稿日
2019年11月10日 6時00分
文字数
299,636文字
ブックマーク登録
27件
コメント/スタンプ
158件
応援ポイント
72,800pt
ノベラポイント
205pt
応援レビュー
0件