現代/その他ファンタジー 長編 連載中

ゾンビになった。思考ができた。 さて、時間は腐るほどある。ゆっくり考えよう。

作者からの一言コメント

脳味噌正常ゾンビのゾンビサバイバル始動

読了目安時間:27分

ゾンビになった。思考ができた。 さて、時間は腐るほどある。ゆっくり考えよう。の表紙

ゾンビパニックなんていつ始まったのか。 ニュースも前兆も知らずに気付いたらなっていた駆け出しゾンビが朦朧とした意識で遮二無二病院の薬を手当たり次第飲んで警察に捕まらずに放浪していたら、一週間くらいで脳だけ正常の見かけ倒しゾンビになっていた。人につくかゾンビに媚びるか、大丈夫。ゾンビはまだそんなにいない。 ゆっくり考えればいい。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ゾンビになった。思考ができた。 さて、時間は腐るほどある。ゆっくり考えよう。
作者名 日熊明
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス コメディ ダーク 男主人公 人外 ゾンビ パニック サバイバル
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年4月28日 5時04分
最終投稿日 2021年5月12日 4時05分
完結日 -
文字数 13,250文字
読了目安時間 27分
ブックマーク登録 16件
コメント 10件
スタンプ 44件
ビビッと 4件
応援ポイント 23,100pt
ノベラポイント 1,020pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • オカルト!美少女ヴァンパイアミラカちゃん!

    胡散臭い美少女と取り戻す青春ストーリー

    1,000

    1,000


    2020年11月7日更新

    しがないオカルト系ウェブサイト管理人の梅寺アシオは、夢も希望も失いつつある30過ぎのオッサンだ。 街かどで見つけた掲示板に冗談で助手の募集を書き込んだところ、美少女ヴァンパイアと自称するアイルランド産の女の子が彼の自宅兼事務所に、無理やり足をねじ込んでやってきた! 自称ヴァンパイアの自称ミラカ・レ・ファニュは316歳を自称するけど、どっからどう見ても小中学生の容姿。 いろいろとマズいしいろいろとアヤしいけど、いろいろと仕方がないのでアシオはけっきょく彼女を事務所に住み込みの助手として雇うことに。 可愛くて胡散くさい自称ヴァンパイアといっしょに日常生活を送ったり、いちゃいちゃしたり、UFOを見つけたり、ツチノコを探したり、ヒヨコを育てたり、ユーレイを捕まえたり、旅行した先で陰謀渦巻く殺人事件に遭遇したり、男子小学生がメガネを「クイッ」としたり、ハロウィンしたり、宇宙人の生き血を吸ったり吸わなかったり、宇宙人に悪口言ったり、宇宙人に金的したりする、笑いあり涙ありの夢と希望あふれるオカルティックラブコメディ! うさんくさーい彼女は果たして、本当にヴァンパイアなのか!? 真相は物語の終盤にて、追って報告する! ※この小説はフィクションです。実在の人物や団体、事件などとは関係ありません。 (当作品は2019年前半に小説家になろうさんで連載していた作品です。完結済み)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28時間44分

    この作品を読む

  • 逃げるしかないだろう

    絵描きの男と、キャバレーの女。

    66,816

    12


    2021年5月11日更新

    舞台は1980年頃の、大阪ミナミ。貧乏青年の譲治は、友人の紹介でキャバレーで黒服の仕事をするために面接を受けることになった。 面接に行く途中、時間に余裕があったので、道頓堀にある戎橋、通称ひっかけ橋で、趣味の似顔絵を描くことにした。大道芸のように、女の子に声を掛けて器用に似顔絵を描く譲治。その時、橋の上で男たちに言い寄られている一人の美しいお姉さんを見つけた。鋭い目つきで、男たちを罵倒するそのお姉さんの勝気な姿。譲治は、その表情に惚れてしまった。止せばいいのに、騒動の中に分け入ってその子の似顔絵を描き始める譲治。気になったものは描かずにはおれないのだ。火に油を注ぐような譲治の行為。そこに、怖いヤクザの姿も現れる。 知り合ったその美しいお姉さんは、譲治がこれから面接に行くキャバレー「ジュエリーボックス」のホステスだった。源氏名を月夜という。頼りない譲治と、勝気な月夜。黒服とホステス。職場は同じと言えども、全く立場の違う二人。支配人は黒服とホステスの恋愛は禁止だという。 交わらなかった二人が、お互いを意識した時、恋愛のドラマが加速を始める。惹かれ合う二人に、様々な障害が襲いかかる。傷つき、すれ違い、揺れる心。結ばれたいのに、結ばれない。はたして二人が行く先は、ハッピーエンドか、バットエンドか。 この作品は、前作「本読みクラブー怪人二十面相が好きだった僕らの時代ー」で登場した、譲治を主人公とした、パラレルワールドな世界のお話です。 ※2021年4月20日 譲治 一九七九年十二月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 明美 一九七九年十二月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 譲治 一九七九年十六月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 明美 一九七九年十六月 加筆・修正を行いました。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間20分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ふたりぼっちの死霊術師 〜心とは何か? 答えを創る為に今を生きる少女達の物語〜

    作品を読まれないと嘆く全ての作家へ送る

    144,359

    150


    2021年5月12日更新

    ※※ふたりぼっちの死霊術師はこんな人にオススメ※※ ・自分の小説が読まれなくて、寂しい思いをしている人 ➡批判よりも無価値がキツいと感じている少女の一人称視点の物語。故に共感しながら読めます。 ・日常に疎外感を感じている人 ➡人に認知されたい願望を持つ少女が主人公なので、共感しながら読めます。 ・魅力的なキャラに会いたい人 ➡片手欠損の堅苦しい軍人。スケベわんこ。二重人格の少年。大きな光と重い闇を抱えた少年。様々です。 ※※あらすじ※※ この世にある全てのものは世に出回り、認知されることで初めてその存在意義を得る。誰も見向きしなければ価値はない。誰も見向きしないものには価値はない。 そのような考えを持つ中学三年生の少女「足立灯」は常に孤独だった。平凡過ぎて誰も構ってくれない人生を過ごしているが故に、自分の無価値さに苛まれてていた。 無価値である故に発生した「価値がないものは存在してはならない」という脅迫概念やかかわりのない人生から生まれた孤独から逃れる為に、灯は自殺の名所から飛び降り自殺を図った。 しかし、すんでの所で彼女を助けたものがいた。 ――そんな彼女を助けたのは半透明の幽霊だった。 孤独のまま死んだ幽霊は今まで何度も自殺するものを救おうとしてきたが、実体のない体ではそれは不可能だった。そんな彼が唯一救えたのは足立灯だった。 何故灯だけを救えたのか。幽霊はその答えを探し、彼女の孤独を消し去ることを誓い、行動を共にする。 その答えとは、灯たちにかかわりのある「こころ」の問題だった。 こころとは何か? 抽象的で答えのない問いに彼女たちは答えを見つけ出せるのか。 この物語は孤独な少女と幽霊が手を取り合って、こころを駆使して戦い、養いながら、それぞれの答えを見つけ出す現代ファンタジーである。 定期更新日:月・水・金曜日 他不定期更新 〘注意事項〙 本作はフィクションです。実在する地名・人物が作品内に登場しますが、実際の地名・人物とは一切関係がありません。 本作には幾つか物理法則が出てきますが、それらは「ふたりぼっちの死霊術師の世界観」でのみ通用する法則であり、現実では通用しない法則・現象が多数出てきます。それを踏まえて、「現実ではありえない」などの誹謗中傷はご控えください。

    読了目安時間:7時間28分

    この作品を読む

  • 異世界転移者を許すな

    人生を狂わされた者たちは異世界に誘われる

    3,100

    0


    2021年5月12日更新

    ※こちらはカクヨムとの同時掲載となります。 これは現実世界で異能力を振るう「異世界転移者」と、それに抗う人間たちの物語である。 あなたがもし、大事な人を失って絶望したら────代わりに誰かの人生を奪いますか? <あらすじ> 幼いときに兄が行方不明になった徳地カルマは、ある日廊下でいじめられている金髪の少年、火山俊也に出会う。 放課後いつものように、森で音楽を聴いて過ごそうとすると、先ほど出会った俊也がたたずんでいた。 「異世界から帰ってきた勇者って、知ってるか?」 彼がこぼした言葉に続き、音が山の奥から聞こえてくる。 音の鳴る先には「コロポン」というおもちゃを出す機械が一つ置いてあり、 コロポンが出した道具を使うと、二人は異世界へと飛ばされていた。 その異世界で出会ったのは俊也の大事な人を殺したとされる『勇者』。 『勇者』曰く、異世界で手に入れた力を使い、多くの人間を絶望に陥れようとしている。 『勇者』に目をつけられ、殺されようとした時 兄との約束を思い出し、カルマは不思議な力に目覚める。 『──お姉ちゃんだけは、一人にしないで』 現実世界で異能力を振るう『異世界転移者』が巻き起こす 『異世界事件』に主人公たちが挑む────。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間37分

    この作品を読む