文芸/純文学 短編 完結済

ロンリーガール

作者からの一言コメント

一人寂しい夜もある

トリニティ ブラッドフォードは今日も仕事帰りにスーパーマーッケットに寄る 晩冬の家路はまだまだ寒い 心まで冷えてきそうだ 誰もいないアパートの部屋 2年前まではそこには最愛の母の姿があった…

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ロンリーガール
作者名 John 
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 女主人公 西洋風 日常 スーパーマーケット 親友 ブロンテ三姉妹 英米文学 小説 作家
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年2月16日 14時05分
最終投稿日 2021年2月16日 14時06分
完結日 2021年2月16日 9時27分
文字数 3,300文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
受け付けていません
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 二度目の人生悪役令嬢として追放されました。なんでこの世界に前世での夫が付いて来てるのですか?

    次の転生先は乙女ゲームです

    34,300

    6,965


    2020年12月4日更新

    カバーイラスト:茉璃 靜さま https://www.pixiv.net/artworks/86262581 『次の転生先に、乙女ゲームの世界なんてどうですか?』 105年の人生に幕を閉じ、輪廻転生の輪の中に戻って行くのだと信じていたあの日。 私は白い空間で、光の球体からそう言われてた。 『聖女として天寿を全うしてくれるだけで良いのです。のんびりできますよ』 なんて、悪徳業者が言うようなセリフにうっかり騙されてこの世界に降り立ってしまいました。 ルーブルシア王国の悪役令嬢マーガレット・レヴァイン公爵令嬢として……。 降り立った日(前世を思い出した日)が断罪イベントの真っ最中なんて誰が思うでしょうか? しかも、大国アイストルスト王国の女王陛下に粗相をした聖女と言われているエミリーの身代わりに、国外追放にされてしまった。もう、どうすれば良いの。 瘴気渦巻く森に捨てられる運命に付き合うと言ったのは、元近衛騎士のダグラス・ゲートスケル伯爵。 しかし彼は、前世で政略結婚をした元夫だった。 愚かな私は政略結婚でも、夫から少しくらい愛情をもらえると信じていた。 だけど夫は本妻の私と子どもを数人作った後、責任は果たしたとばかりに妾を作って家の事は私に全て任せっきりになってしまう。 はっきり言って、二度と近寄りたくない相手だった。 そう思って離れようとしているのにダグラスは付いてくる。 前世の贖罪とばかりに私の世話をしてくれていた。 ダメダメ、ほだされては。また同じことを繰り返すつもり? エミリー排除のざまぁ有(ラスト近く)、愛なんてもう信じないと思っているのにモテ期が来たり。 王室の陰謀に巻き込まれそうになったりの『のんびり』とは程遠い波乱万丈の人生になる予定です。 毎日20時更新。1話700文字~2000文字弱。 本編71話+番外編1話 よろしくお願いいたします。

    読了目安時間:4時間3分

    この作品を読む

  • ホームレスでしたが、このたび結婚いたしました。

    神様。これはいったいなんの悪戯ですか?

    46,410

    3,940


    2021年4月13日更新

    「じゃあとりあえず、キスしてみる?」 ワケありでホームレスをしていたわたし、七瀬りん子(ななせりんこ)27歳。 成り行き上、なぜかイケメン社長と結婚することに。 そこに愛はなかった……はず、なのに? 「そろそろくれてもいいんじゃない? きみの心と……身体」 そんな大切なもの、そんなに簡単にあげられませんよ、社長!? 「社長……はちみつの味がします」 「社長じゃないでしょ?」 「え?」 「ベッドでは、名前で呼んで? りん子」 甘い甘い、恋物語。 ① 幼馴染にバージンを奪われたと思い込み、幼馴染のいる地元から逃げてきたりん子は、働き先も見つからず、ホームレスになっていた。そこへ大企業の社長があらわれ、「なんでもする?」と聞かれ、就職先のことかと勘違いしたりん子が「なんでもします!」と返事をし、そのまま婚姻届を出されてしまう。事実上、社長である椛と結婚したことになり、新婚生活を送ることになる。また、椛はりん子を自分の秘書のひとりに加える。 ② 翌日から秘書として椛の会社に行ったりん子は、そこで、幼馴染が椛の秘書になっていることを知る。(椛の秘書はりん子を含めてふたりということになります)幼馴染に「社長がおまえがバージンじゃないって知ったらどうするんだろうな」とかいろいろイジメられながら、そして椛に溺愛スキンシップをされながら、りん子は仕事をこなし、新婚生活を送っていく。 ③ りん子はずっと前に好きだった大学の先生のことを時々思い出し、そのことも椛に感づかれて溺愛スキンシップ(嫉妬含み)もされてしまう。幼馴染に「バージンじゃないと知られたくなかったら言うとおりにしろ」と脅され、裸の絵を描かれる。後日幼馴染がその絵を椛とりん子の前に出してみせ、「俺たちはこんな関係です」と言っても、椛はあっさり嘘を見抜き、絵を没収。幼馴染はりん子のことが好きだからこんなことをしていたのだが、それも幼馴染はやっとりん子に告白。 それからいろいろあります🌷 ※乙女チック原作コンテスト参加作品です。 読者さまのペースでお楽しみください🐇💕

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間24分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 純文学短編集

    世界の片隅にいるかもしれない人々の短編集

    200

    0


    2021年4月13日更新

    純文学の短編集です。 どこか薄暗い恋や、予想外の結末、すっと胸が軽くなる話を書いていくつもりです。 ぜひ読んでみてください。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 蒼い花園の先で

    たとえ自分を忘れても、忘れたくない人の事

    300

    0


    2021年4月13日更新

    目が覚めたら、蒼い花園の上に立っていた。穏やかな風に吹かれながら、花弁に舞われながら、ただ立ち尽くしていた。 ようやく現実に帰ってきたと思ったら、自分の事すら忘れてしまった。思い出せるのは、蒼い花園の世界だけ。昔の生活を探すために、忘れてしまった人たちを思い出すために、思い出探しは始まる。 記憶を失った少女が、どうしても忘れたくなかった人と、記憶を失った原因を探す物語。 そびえたつ巨大なビルも、街にあふれる人も多すぎるから、その区別がつかない。でも、"運命の人"にあえば思い出せる。そんな気がしたんだ。

    読了目安時間:1時間57分

    この作品を読む