童話/絵本/その他 短編 完結済

君が好きなんだ

作者からの一言コメント

傷つけても傷つけられても一緒にいたい

読了目安時間:5分

総エピソード数:1話

「誰も傷つけず誰からも傷つけられないようにする」と決心した黒猫の物語

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 君が好きなんだ
作者名 MeiBen
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ 童話 純文学 短編 孤独 自殺 幸せ 自己否定 ひとりぼっち 大切なもの
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年12月16日 23時20分
最終投稿日 2021年12月16日 23時21分
完結日 2021年12月16日 23時08分
文字数 2,601文字
読了目安時間 5分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 可愛い女の子から馬鹿にされたり罵倒されたりしたい人向けのまとめ

    もう手遅れな人、集合

    29,050

    0


    2022年8月16日更新

    本作は、あひなり。様の作品“あざと可愛い童顔男子に言ってほしい台詞をまとめてみた。”から着想を得て、創作意欲が漲った結果、執筆した“あざと可愛い女の子から言われたい台詞のまとめ。”の派生作品です。 https://novelup.plus/story/175668718 ←親会社 https://novelup.plus/story/244459921 ←子会社 本家本元が親会社で、其れの女の子Verが子会社としたら、此処は孫会社といった立ち位置でしょう。 悪口/罵倒専門の、独立した別の作品を用意した方が良いかアンケートを取った結果、賛成多数で可決されました。御投票下さった方々、有難う御座いました。 私の創作活動に多大なる貢献を賜りましたあひなり。様、この御恩は一生忘れません。呉々も重複しない様、全警戒に総力を挙げて執筆に着手致します。 尚、リクエスト等御座いましたらコメント欄にどうぞ。勿論、レビューも常に大歓迎です。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 月食堂掌編録

    静謐な青の世界の140字小説集

    3,600

    0


    2022年8月16日更新

    形のよい指先が夜天色の表紙を開く。 "掌編録"と刻まれているのに、白紙の頁が続いている。 「君、運がいいね。其れは月世界から入荷した新商品さ」 視線を巡らせると淡青色の睛をした少年が佇んでいた。三日月を模した徽章が襟元で光る。 「夜にそうっと開いてごらん。一日にひとつ、物語がうまれるんだ」 ★★★ 140字小説の標本箱 毎日更新。一文タイトル ノベプラ版:2022/3/11~

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 恋愛禁止は溶けましたっ! ~元・推しアイドルと同僚になって同棲することになったマネージャーの話~

    推しアイドルと、デスクが隣でした

    50

    3,000


    2022年8月15日更新

    『恋愛禁止が〝解けた〟カリスマクーデレ少女と、漫画みたいに〝溶けそうな〟恋愛を♡ ……って! あなた、元伝説のアイドルですよね⁉』 新卒の主人公・中本才雅(なかもとさいが)は、ひとりの少女に人生を狂わされていた。 その彼女とは名実ともに世界一のアイドル・月城なゆた(つきしろなゆた)。 アイドルとしては主流の『握手会』や『チェキ会』などのファンサービスの類は一切行わず、 『会いに行けない憧れのアイドル』としての地位を確立していた。 ――そんな彼女が人気絶頂の矢先、突如芸能界を引退した。 生きる希望を失い絶望していた才雅が転職先の職場に向かうと、隣の席に事務として働く月城なゆた本人が座っていた‼ こうして才雅は自分が彼女の大ファンだったことは〝隠して〟、 手を伸ばしても届くことのない存在だった元・トップアイドルと会社の〝同僚〟になって、 さらにはひょんなことから〝同棲〟まで始めることになる。 『私、恋愛禁止はもう気にしなくていいんです――』 才雅が働く職場は、自身がアイドル好きということを隠して入社した芸能事務所。 そんな中『マネージャー』としての仕事で関わり合うことになった他の現役アイドルとの一波乱もあって……? 元・同棲相手の大ファンという〝秘密〟を抱えたまま、 めくるめくジェットコースターのように展開する恋愛模様の中で――はたして才雅の精神は無事に保たれるのか⁉ そして〝恋愛禁止〟から解放された【月城なゆた】との同棲生活の行方は――⁉ 笑いアリ! イチャラブアリ! 修羅場アリ! お酒アリアリ‼ 社会人として働く主人公のまわりで巻き起こる、 通常のアイドルものとはちょっぴり違ったドタバタ×同棲×ラブコメディです!

    読了目安時間:59分

    この作品を読む

  • 第三のローマ ~ テルティウス=ローマ

    アンカラの戦いをめぐる物語

    14,300

    101


    2022年8月15日更新

    時は十五世紀初頭。西ヨーロッパ諸国は東のイスラーム教国であるオスマン帝国の圧迫を受けていた。防波堤であるビザンツ帝国は衰退はなだしく、その対応が求められていた。レコンキスタの途上にあってイベリア半島の雄でもある新興国カスティリヤ王国はさらに東から勃興しつつあったティムール帝国に目をつける。彼の国はかつてユーラシア大陸を席巻したモンゴルの末裔を称し、領土を拡大していた。さらにオスマン帝国の領土も狙い、両国は雌雄を決する対決に向かっていた。この状況を踏まえ、カスティリヤ王国はティムール帝国との同盟によりオスマン帝国の圧迫に対抗することを決意する。派遣された外交団を狙う刺客。その窮地を救う謎の集団。オスマン帝国の『稲妻』とも称されるスルタンバヤジットと、暁のごとき勢いで西に領土を拡大するティムールの対決。アンカラの戦いの中に埋もれた、忘れられた物語を、今綴ろう。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む