恋愛/ラブコメ 短編 完結済

クリスマスはコンビニへ

作者からの一言コメント

お暇な時にでもお読みください。

読了目安時間:16分

総エピソード数:1話

貴方はポイントカードを作りますか? 財布が重たくなるから作らない、という方も居れば、 ポイントが貯まるから作る、という方も居るでしょう。 キャッシュレスの時代に乗っ取った、というわけではありませんが、 彼もポイントカードは作らない派でした。 しかし、そんな彼はある日、ひょんなことからポイントカードを作ることとなりました。 ポイントカードを作った、そんな些細なきっかけで、 何気ない日常に起こったちょっとした出来事。 これはそんな日常のお話。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 クリスマスはコンビニへ
作者名 うたた寝
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 短編 日常 コメディ
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年12月2日 23時00分
最終投稿日 2022年12月2日 23時00分
完結日 2022年12月1日 20時56分
文字数 8,162文字
読了目安時間 16分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 俺の彼女はセイジョウです

    過激でイカれてる恋愛小説いかかですか?

    10,500

    60


    2023年2月7日更新

    「私の容姿が化け物みたいにぐちゃぐちゃになっても、理解の及ばない存在になったとしても、私を見捨てないって約束できる?」 とある田舎に住む平凡な高校生、牛草秋良(うしくさあきら)は自分の身体に過剰なコンプレックスを持つ男だった。 自分ができることだけをこなし、恋愛を始めとするコンプレックスを刺激するものに対する欲求を『自分とは関係ない』と言い聞かせながら心の奥底に封印しながら毎日を過ごしていた。 そんな彼の屁理屈じみた心を溶かしたのは、ファナエル・ユピテルと名乗る銀髪緑眼の転校生だった。 「世間一般の恋愛のルールなんて関係ないよ」 「私のクッキー、飲み込んでくれたのは君だけ」 「このキスはお礼だよ、今度はもっと深いのをしようね」 「この不自然に切れた私の髪を見るたびに私の味を思い出して」 「大丈夫、あんな鳥もどき君の敵じゃないよ」 「大好きだよ、アキラ」 髪の毛入りオムライス、薬品みたいな味がする白いクッキー、鳥の怪異にきな臭い超能力組織。 普通の日常とはかけ離れすぎた毎日をファナエルと過ごしながら秋良は自分のコンプレックスを解消し、彼女が抱えている思いを紐解いてゆく。 「大丈夫、絶対に見捨てない。きっと俺も似たような思いを抱えていたから」 これは互いに拗らせてしまったものを恋人という関係性を通してグズグズに溶かす、最高に過激でイカれてる恋愛物語である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間22分

    この作品を読む

  • うちのメイドロボがそんなにイチャイチャ百合生活してくれない

    百合とおっぱいとSF好きな人集まれ!

    467,421

    2,285


    2023年2月6日更新

    メイドロボとイチャイチャする為に人生をかけた寂しい女<黒ノ木黒乃>と完璧に嗜好に合うようにカスタマイズされた美少女メイドロボ<メル子>とのガールズラブコメディ! イチャイチャ百合生活を満喫するはずがそこには新ロボット法という壁が存在した。 果たして黒乃はその壁を乗り越えてメル子とイチャコライチャコラ出来るのか!? ※複数サイトで掲載しています

    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間25分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る