異世界ファンタジー 長編 連載中

転生して・・猫耳付きのにやんこな人で 漫画家のアシ兼イベントの売り子でしたが

作者からの一言コメント

転生先は猫耳がついて漫画家のアシ兼売り子

バイトもきついし・・漫画家のアシストを辞めたいと思ってたら 猫耳としっぽのある人間に転生!  ほのぼのとしたにゃんこな人間達に綺麗な欧州風の建物の街で暮らしてたら (ハウステ〇ボスとかPRL風) またしても何故か・・漫画家のアシスタント兼イベントの売り子に

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 転生して・・猫耳付きのにやんこな人で 漫画家のアシ兼イベントの売り子でしたが
作者名 のの
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ほのぼの 絵師 猫耳 ぬこ ねこ ハッピーエンド HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月2日 12時37分
最終投稿日 2020年2月11日 0時08分
完結日 -
文字数 21,320文字
ブックマーク登録 0件
コメント 4件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,460pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 最強の力なのにバレたら処刑とか聞いてない

    ♡13,600

    〇80

    異世界ファンタジー・連載中・70話・282,287字 霜月みさき

    2021年1月24日更新

    自分は異世界である「日本」という国の「高校生」で名前を「井神みぃ」だということを思い出した。 それだけならどれだけよかったか。 今いる世界の人間には能力が備わっている。 例外なくみぃにも能力が備わっていたがその力が史上最強最悪と言われたとある国の女王と同じ力であったことから運命が大きく動き出す。 いろんな人たちのいろんな思惑に振り回されたり、理不尽に痛めつけられたり、どうしようもなくて泣いたり散々なこともあったけど、それでもみぃは歩き続ける。 大好きな人たちとの約束を守りながら。

  • 猫から見た飼い主の恋愛模様(●ↀωↀ●)

    ♡4,101

    〇50

    恋愛/ラブコメ・連載中・2話・5,157字 にゃんこマスター

    2021年1月9日更新

    「美人のお姉さんに飼われ溺愛されている俺は、人生の勝ち組を謳歌していた。ところ彼女の浮気が発覚!?、俺は浮気現場に乗り込むことにした(1話)」。「飼い主さんの彼女がビッチで大変!早く飼い主さんに知らせにゃいと!(2話)」 ※猫が主人公の猫視点の物語。「飼い主さんが大好きで溜まらない」猫たちは、飼い主さんの恋愛事情に今日も右往左往して大騒ぎ。 ※1話ずつ完結している短編物語です。 続きが気になるぞ!という方は、 ブクマや応援を残していただけると、作者がめちゃ喜びます(*´ω`*)。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 女性だけしかなれない精霊使い達の物語

    ♡3,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・552話・1,310,818字 山口 犬

    2021年1月25日更新

    ――その国の王となるには、次期王候補者と精霊使いは、四つの属性の大精霊と大竜神の祝福を受けなければならない。 『ニュースです。昨夜、銀座のビルのテナントの一室で起きた爆発事故で、連絡が取れなくなっていた従業員とみられる男女四人の遺体が発見されました。』 女子大生のハルナはMMORPGにどっぷり浸かった生活を送っていたが、PCパーツ貧乏となり親族のお手伝いで夜のアルバイトへ。不慮の事故により異世界へ転生し、精霊と出会う。 ハルナは失踪した精霊使いの少女と似ていたため、この世界の事情に取り込まれていくことになる。 ※:基本的に毎週日曜日は休載させていただいております、ご了承くださいませ。 【以下のサイトでも掲載を始めました】 小説家になろう様 https://ncode.syosetu.com/n6489fn/ アルファポリス様 https://www.alphapolis.co.jp/novel/623593810/11277286 エブリスタ様 https://estar.jp/novels/25497426 カクヨム様 https://kakuyomu.jp/works/1177354054893181287 ノベルバ様 https://novelba.com/indies/works/913633

  • 世界が君を追い詰めようとも、必ず君を助け

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・8話・22,776字 天羽翼

    2021年1月25日更新

    太陽の光が眩しい早朝。高等学校1年生の黒羽出雲は窓から降り注ぐ光によって目が覚めた。その日は出雲が楽しみにしていた音楽グループのライブ当日であったため、気持ちが高揚しているようである。出雲はライブ会場に到着をすると、突然巨大な地震と思える揺れが発生してしまう。ライブ会場にいた出雲を含めた人々は揺れの激しさから立っていられず、地面に手をついて揺れが収まるのを待つことにした。 突然発生した揺れが数十分間続き、周囲の建物の外壁が崩れる程の揺れが収まるとライブ会場から見える空の空間が割れた。その空間からは異形な姿をしている人型の怪物が数十体出現し、その中には言葉を発する怪物も混ざっていた。 ライブ会場にいた人々は、その怪物を見ると悲鳴を上げてその場から逃げていく。人を押し退けて逃げる人、その場に蹲ってしまう人など様々である。出雲はライブ会場の外にいたためにすぐに逃げることが出来た。出雲がライブ会場の側に交差点に逃げた時、一台の黒塗りのトラックが猛スピードで到着する。黒塗りのトラックから出て来た少女は一振りの刀を手にして怪物と対峙をし始めた。出雲と少女が出会った時、出雲の運命が動き出す。 他サイト様にも投稿をしています。