文芸/純文学 短編 連載中

水底の手紙

作者からの一言コメント

沈んでいく街でわたくしは手紙を書き続ける

読了目安時間:42分

水底の手紙の表紙

拝啓 親愛なる先生 カミサマからのお告げで、街が水没することになりました。 丘の上にあるこの家で、わたくしは最後の日まで貴方に手紙を書くことにしました。 表紙→椿木るり様(@ruri_tubaki )よりいただきました 二次創作→ 「休日の二人と一匹」https://novelup.plus/story/301483406 第三回いっくん大賞で金賞をいただきました。 ありがとうございます!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 水底の手紙
作者名 紫乃
ジャンル 文芸/純文学
タグ ノベプラオンリー ちとコン 既作一話部門 第1話
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月14日 17時06分
最終投稿日 2021年5月5日 11時25分
完結日 -
文字数 20,768文字
読了目安時間 42分
ブックマーク登録 208件
コメント 371件
スタンプ 843件
ビビッと 144件
応援ポイント 1,069,100pt
ノベラポイント 12,158pt
応援レビュー 13件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • どいつもこいつも異世界に転生しますが、たまにはこっちの世界に転生してくる魔王とか勇者とかがいてもいいんじゃないの?(仮)

    異世界で無双するのではなく現実世界で無双

    273,700

    8,040


    2021年4月16日更新

    剣と魔法の世界。アリフレテラ大陸で覇をとなえる魔王ヘルヴストは勇者たちの手によって討たれ、その野望はついえた。 だが魔王の魂は時空を超え、現代の日本(?)に転生する。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間11分

    この作品を読む

  • チートで護る現実《この》世界 ー乙女達は今日も異能者を捕縛する―

    腐敗の夏、乙女達は命で駆ける

    256,874

    39,382


    2021年4月18日更新

    『この現実は君の青春で綴られている』 第二次世界大戦の狼煙が見え始めた大正初期。 日本で深刻な問題が起きていた。 『神宿し事件』 日本の、とある街、とある学園内でのみ発生する特異的神隠し事件の名称だ。 元来の神隠しと大きく違うのは、突如として学生が消えるだけではなく、 異能の力、神力を宿し自力で戻ってくることにあった。 曰く、神の国、異世界なる場所にて世界を救って戻ってきたのだと言う。 絶大な神力を宿した少年少女達、時の政府は彼らの保護、管理、そして捕縛を余儀なくされた。 そんな最初の神宿し事件から、100年後、現代日本。 日本政府の要請により神宿し事件の舞台となっている学園内にて結成された 「異世界対策特殊委員会」 通称『御影学園生徒会』は異世界へと消えた生徒達の救出、保護、管理に追われていた。 中でも異世界へと直接向かい、救出活動を行う実行部隊、『図書委員』に所属する、三人の少女達。 過去に二つの異世界を救った 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の英雄、金髪巨乳で男勝り 『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口PC少女 『ピーシー』 生徒会からの依頼を請負い、異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々。 そんな日々の中、ふと、乙女は思った。 『このままでは……まずい』 高校2年、17歳、輝かしい青春が瞬く間に過ぎて行こうとしていた。 焦る乙女は、この夏、ついに一つの決心を胸に走り出す。 今年の夏こそ、この長い長い片思いを終わらせる事。 彼への『告白』を決意した、はずが……。 異世界へと消えた想い人 死者を蘇生する異能者の帰還 蘇る戦国時代の侍、忍者、魑魅魍魎 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは『腐敗』の頃合。 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

    読了目安時間:7時間13分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • プリズム

    自己満足で書く超長駄作。視点の切替注意。

    1,000

    0


    2021年5月8日更新

    誰かにとって“普通”ではないものでも、 誰かにとって“普通”な事だってある。 それくらい分かっていて、それでも尚それを認めたくないのだ。 僕らが思う“普通”が、僕らの“日常”であって、 他人の“異常”だって事は、誰だって分かってる。 それでも、僕らはそんな世界を生きていかなければならないのだ。 多少騒がしくて無機質な、そんな世界を生きる人達。 そんな人達の、極一部の物語。 ※この物語はすべてフィクションです。 実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※利用規約に反しないよう、一部を曖昧に表現する事があります。 ※あくまでも小説の中である事をご理解下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間9分

    この作品を読む

  • 火曜日の幻想譚 Ⅱ

    火曜日以外も更新する掌編集

    800

    0


    2021年5月8日更新

    2000字以下という条件で、書かれたものたち、その2。 121話以前はこちら。 https://novelup.plus/story/931194209

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:35分

    この作品を読む