文芸/純文学 短編 連載中

水底の手紙

作者からの一言コメント

沈んでいく街でわたくしは手紙を書き続ける

拝啓 親愛なる先生 カミサマからのお告げで、街が水没することになりました。 丘の上にあるこの家で、わたくしは最後の日まで貴方に手紙を書くことにしました。 表紙→椿木るり様(@ruri_tubaki )よりいただきました

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 水底の手紙
作者名 紫乃
ジャンル 文芸/純文学
タグ ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月14日 17時06分
最終投稿日 2020年11月25日 20時00分
文字数 16,055文字
ブックマーク登録 155件
コメント 232件
スタンプ 566件
ビビッと 95件
応援ポイント 621,900pt
ノベラポイント 5,790pt
応援レビュー 7件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 滅びゆく世界の伝奇×アクション×ラブコメ

    ♡88,700

    〇600

    現代/その他ファンタジー・連載中・8話・38,658字 朱坂ノクチルカ

    2020年11月22日更新

    とある休日の黄昏どき、再就職を控えた青年・苗代沢は「真っ白な少女」をめぐる誘拐事件に巻き込まれた。窮地に陥る苗代沢だったが、とあるジンクスによりアウトローに生きる友人・ミソノに結果として助けられることに。とはいえ、困った「巻き込まれ体質」の苗代沢にとっては珍しいことではなかった。だから流してしまった。これにより、苗代沢は世界の裏側で暗躍する者たちの「化物探し」に呑みこまれたというのに。 気づけば真っ白な少女は幻のように消えていた。そうして、苗代沢の周囲で奇怪な事件が発生し始める。事件ではない。それは遠い過去から続く連続的な計画だった。たとえば、いたずらに消費された無垢な少女たち。とある化物を発端とする脆弱性と、十五年前の東京タワー爆発事故。国家権力の介入できない宗教組織の凶行を誘う、欠け落ちた神様のかけら。地下にうごめく秘密結社の統治者はとっくに狂っていて、世界はもはや取り返しがつかない。 緩慢に現実性を失いつつある世界で、変わらぬ日常を求め続けることは間違いらしかった。 であれば、いずれ来る世界の終わりに。 「君」を撃たねばならない。 —- 毎週日曜21時に更新します。 ローファンタジー作品ですが、そこに息づく人々のヒューマンドラマをしっかり書いていきたいです。

  • ロンゲぇ! ギザ歯ァ! 高身長ォ!

    ♡60,800

    〇260

    異世界ファンタジー・連載中・61話・238,249字 爆散芋

    2020年11月27日更新

    僕神。横領? 気のせい。 要望あるぅ? 「フサフサ! 高身長!」 おk要望は叶える。僕の趣味混ぜるけど() え、ちょ、ま 神様「やっべ、ポップ場所上ズレしてんじゃん、え〜と、対流、成層……中間……熱圏? ハハッ、高ーい」 お約束の勇者? 魔王? 居るには居るが世界情勢関係ないねの適当食う寝る遊ぶ至上主義。 山あり谷ありの手に汗を握る? NO。 山割り谷埋めの手の石砕くのゴリ押し脳筋ファンタジー。 現在大体週一~ランダムペース更新ちう。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る