水底の手紙

読了目安時間:1分

カミサマのお告げによって水没が決まった街。 残された時間はあと2日。 香澄は先生に二十九通目の手紙を書く。

二十九通目

親愛なる先生へ 先生、無事に魔法をかけ終わりました。 晴れた日ならお日さまさえ昇っていない時間。 まだ誰も起きていない時間。 その時間にわたくしは街に魔法をかけました。 雨に濡れないようにしてお薬の入ったビンを抱えてわたくしは外に出ました。 辺りはまだ暗くて、それでも少し先を見ればカミサマの雨がまるで海のように広がっているのが見えました。 わたくしはビンの蓋を開け地面に置き、そして呪文を唱えました。 街の人々に、わたくしの大切な人たちに安らかで深い永遠の眠りを、と願いを込めて。 お薬は青い光の粒になって、丘の上からわたくしの唱える声に合わせて、水面に波紋が広がるように街全体へと広がっていきました。 わたくしの頭ほどあるビンの中身が無くなったとき、辺りは明るくなっていました。 そしてわたくしもひどく衰弱していました。 今、お手紙を書く手が少し震えています。 カミサマの雨は本当に恐ろしいものですね。 先程、階段の手すりにしがみつくようにして二階に上がり、秀の寝室を覗きに行きました。 彼は眠っているようでした。 いえ、そう見えるだけで死んでいました。 首筋に手を当てて脈がないことを確認し、わたくしはそっと秀の唇に自分の唇を重ねました。 まだほのかに温かさの残る唇。 この唇からあの優しい声はもう出ないのです。 わたくしの目からぽつりと雫が秀の頬に落ちました。 それをそっと指でぬぐって、わたくしは自室へ戻りました。 カミサマの雨のせいでひどく衰弱し、魔法を使ったことで疲れてしまいました。 今日はこの辺で筆を置きます。 また明日お手紙書きます。 香澄

手紙が二十九通目になりました。 優しい最後の魔法。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 男戦士

    ぶっちゃけマシン

    ♡2,000pt 〇100pt 2020年12月11日 12時09分

    とうとう、皆死んでしまったのですね。猫さんも一緒なのかな。 最後の二通で何故、町の人々が死ななければならなかったのか、神様の雨とは何だったのかが記されていると良いなあ。 「先生」の存在も気になります。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ぶっちゃけマシン

    2020年12月11日 12時09分

    男戦士
  • ひよこ剣士

    紫乃

    2020年12月12日 17時09分

    ぶっちゃけマシンさん、コメント、ポイント、貴重なノベラポイントまでありがとうございます!実はこの作品、エピローグまでで終わりじゃないんです。書く予定のスピンオフの物語も全部読んで、舞台の全貌がわかるようになっています。手紙は物語の一部、と考えていただけたら、と思います。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    紫乃

    2020年12月12日 17時09分

    ひよこ剣士
  • 女子作家ちゃん

    キノハタ

    ♡1,000pt 〇50pt 2020年12月10日 20時20分

    ああ、秀やみんなは死んでしまったのですね。ここまでがすごく暖かく、優しい交流を繰り返していただけに、失われることがとても悲しいです。続きを切にお待ちしています。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    キノハタ

    2020年12月10日 20時20分

    女子作家ちゃん
  • ひよこ剣士

    紫乃

    2020年12月12日 17時11分

    キノハタさん、コメント、ポイント、貴重なノベラポイントまでありがとうございます。そうですね。みんな死んでしまいました。1人になった香澄は最後の手紙で何を語るのか、そしてどうするのか、エピローグも合わせてお楽しみいただければ、と思います。いつも読んでくださってありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    紫乃

    2020年12月12日 17時11分

    ひよこ剣士
  • エルフアーチャー

    s.h.n

    ♡200pt 〇30pt 2020年12月15日 23時19分

    なんと…ついに…胸が詰まるようですね…(T-T)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    s.h.n

    2020年12月15日 23時19分

    エルフアーチャー
  • ひよこ剣士

    紫乃

    2020年12月16日 5時28分

    s.h.nさん、コメント、ポイント、貴重なノベラポイントまでありがとうございます!そうですね、遂に魔法をかけ、街の人々は死んでしまいました。愛しく思っていた秀も。最後の手紙で香澄は何を語るのか、どうするのか、お楽しみいただければと思います。いつもありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    紫乃

    2020年12月16日 5時28分

    ひよこ剣士
  • くのいち

    猫野たま

    ♡300pt 〇10pt 2020年12月10日 20時11分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    神かな…?

    猫野たま

    2020年12月10日 20時11分

    くのいち
  • ひよこ剣士

    紫乃

    2020年12月12日 17時12分

    猫野たまさん、スタンプ、ポイント、貴重なノベラポイントまでありがとうございます。ついに魔法が決行されて、みんな死んでしまいました。残った香澄は最後の手紙で何を語るのか、そしてどうするのか、エピローグも合わせてお楽しみいただければ幸いです。いつも読んでくださってありがとうございます

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    紫乃

    2020年12月12日 17時12分

    ひよこ剣士
  • クトゥルフ

    yasagure

    ♡5,000pt 2020年12月10日 20時39分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「感動した!」ステラ

    yasagure

    2020年12月10日 20時39分

    クトゥルフ
  • ひよこ剣士

    紫乃

    2020年12月12日 17時27分

    yasagureさん、スタンプ、ポイントありがとうございます。感動したと言ってくださって嬉しいです。ついに魔法が決行されてみんな死んでしまいましたね。残った香澄は最後の手紙で何を語るのか、そしてどうするのか、エピローグも合わせてお楽しみいただければ幸いです。いつもありがとう!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    紫乃

    2020年12月12日 17時27分

    ひよこ剣士

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • プリズム

    自己満足で書く超長駄作。視点の切替注意。

    1,500

    0


    2021年6月25日更新

    誰かにとって“普通”ではないものでも、 誰かにとって“普通”な事だってある。 それくらい分かっていて、それでも尚それを認めたくないのだ。 僕らが思う“普通”が、僕らの“日常”であって、 他人の“異常”だって事は、誰だって分かってる。 それでも、僕らはそんな世界を生きていかなければならないのだ。 多少騒がしくて無機質な、そんな世界を生きる人達。 そんな人達の、極一部の物語。 ※この物語はすべてフィクションです。 実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※利用規約に反しないよう、一部を曖昧に表現する事があります。 ※あくまでも小説の中である事をご理解下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間34分

    この作品を読む

  • 火曜日の幻想譚 Ⅱ

    火曜日以外も更新する掌編集

    800

    0


    2021年6月25日更新

    2000字以下という条件で、書かれたものたち、その2。 121話以前はこちら。 https://novelup.plus/story/931194209

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間52分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 微笑う死神の追憶

    それは、果てのない無限の旅路

    8,700

    0


    2021年6月23日更新

    およそ20万年。途方もない年月を歩き続けた不老不死の女性、エドナがいた。 エドナは幾多の出会いと別れを繰り返していくうちに、いつしか人々から『死神』と呼ばれるようになるが、それでもエドナは微笑いつづける。彼女は、この世界の全てを愛していたからだ。 そんな彼女が旅の途中、ふとした拍子に頭の中に浮かんだ声が誰のものか、記憶を辿ってみることにした。彼女は思い出す。愛しい人が生きていたこの世界を。愛しい人が生きていくこの世界を。 家族を失った者、家族を置いていく者。 夢を叶えた者、夢に殺された者。 欲望のままに生きた者、夢のために生きた者。 何もかも失った者、何かを手に入れた者。 あらゆる『人』が、彼女の記憶の中で生きていた。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    31,530

    70


    2021年6月25日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む