異世界ファンタジー 長編 連載中

竜のこどもの物語 ~青年は竜のこどもとして竜となる~

作者からの一言コメント

思わず笑顔になっちゃう作品をあなたに。

読了目安時間:7時間8分

 主人公《平田 深那生》(ひらた みない) は、あとすこしで卒業を控える大学生。ちょっとだけつっ走りがちな彼は、ある日突然、異世界へと召喚される。  光の灯る闇のなか、そこで彼が目にしたもの――。それは、黒燐を纏(まと)い、紅い瞳で彼を見つめる、巨大な竜の姿だった……。  まるで、小説や映画にでも出てきそうなその竜は、彼の無事を確認。すると魔法で、美しい女性の姿に変身し、すこし、緊張しながらこう告げる――。 「……ぬしよ。わしの『息子』になってはくれぬか……」 「……へ?」  ……これは、彼と竜とが織りなす、魔法の世界の物語――。  いきなり喚ばれた異世界で、『竜のこども』になる彼に、いったい、どんな出会いがあるのだろうか……?  ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ※【R -15】表現について。  → リアルな感じでいきたいのですが、『なるべく少なめに』書いていく予定です。 ・・・  内容は、王道展開に持っていく予定の長編作品です。「序章」では、主人公と竜の出会いから、その仲を深めていくまでを描いています。 ・・・ 「バトル要素」は、外伝にてお試しですこし。【※036[其の伍]熊】にて――。  本編でのバトルは、「第1章」からの予定です。 ・・・ ※外伝が完結しました。【032〜042】にあります。(2021/02/23。全11話。) ※序章が完結しました。【001〜031、043〜056】にあります。 (2021/03/27。全41話、前幕1話、番外編2話、幕間1話。) ※第1章が始まりました。(2021/05/01。) ・・・ 【※のんびり更新中です】

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 竜のこどもの物語 ~青年は竜のこどもとして竜となる~
作者名 高識空
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 男主人公 異世界 西洋風 転移 竜/ドラゴン 最強主人公 ファンタジー 三人称視点 中世風 冒険 剣と魔法 シリアス ほのぼの HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年12月25日 14時00分
最終投稿日 2021年6月19日 18時42分
完結日 -
文字数 213,789文字
読了目安時間 7時間8分
ブックマーク登録 19件
コメント 57件
スタンプ 95件
ビビッと 4件
応援ポイント 86,000pt
ノベラポイント 120pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    423,000

    1,280


    2021年5月17日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間12分

    この作品を読む

  • 火葬屋ジッポ

    ヤニとライターオイル香る火葬アクション

    28,500

    70


    2021年6月13日更新

    「たとえこの街でも、死んだ人間は生き返らない。決してだ」 死んだ人間がキョンシーへと転化し、生きた人間を襲う街――チャイナタウン。一九九七年から世界各地の都市がチャイナタウン化する中、二〇〇〇年に日本で初めてキョンシー転化現象が起きたのは、横浜でも神戸でも長崎でもなく、池袋だった。 そして二〇〇六年、両切り煙草”パーカッション”をこよなく愛飲する火葬屋ジッポと、キョンシーでありながら”魂”を持つ少女リュィ、池袋駅北口辺りに位置する雑居ビル――比良坂ビル五階に居を構える二人は、閑古鳥を飼いながら、少ない依頼をこなし、キョンシーの火葬に明け暮れていた。 そんな彼らの許に、ジッポの師であり、リュィの母でもある黄燐――一年前に死んだ彼女の陰とも言える男、デュポンが現れる。 これは、死を覆された街で巻き起こる、死者を想う物語《メメント・モルトス》。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。また、この物語はいかなる政治的意図も持たず、実在の人物、団体、民族、国家などを誹謗中傷する意図はありません。 ※この作品は、喫煙を推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間50分

    この作品を読む