現代/その他ファンタジー 短編 完結済

無人祭祀

作者からの一言コメント

民俗学的現代伝奇小説

無人祭祀の表紙

——故郷の地で、奇妙な祭祀に遭遇した主人公。彼は果たして何を見たのか? 太古の遺物が時を超えて現代に現れる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 無人祭祀
作者名 亜済公
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 伝奇 怪奇 怪異 怪異譚 民俗学 日本 神道 祭祀 祭礼 祭り
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月16日 19時46分
最終投稿日 2020年9月16日 19時48分
完結日 2020年9月16日 19時48分
文字数 4,509文字
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    6,400

    50


    2021年4月13日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    634,370

    3,638


    2021年4月11日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間48分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 〜クイーン·ザ·セレブレイド〜

    毎日朝8:00更新です🎵

    600

    0


    2021年4月15日更新

    12の国と城が存在するオブスーン大陸。 そこで12の月も終わりに差し掛かる週、大陸の南のローズ城で毎年それぞれの国の王と王女が集まる討議が行われていた。だが、今年は異例で12の椅子に全て王女という類を見ない出来事が起きていた。 そして、 「クイーン·ザ·セレブレイド、その神の称号を手にするためのな!」 この大陸では宗教が存在し聖書には、 『最期の2人が決着をつけたとき夜空から天の光が降り注ぎ最期に生き残った女性は神の啓示を受け皆に争いを静めさせ長きに渡る戦いに終止符を打ったのだ』。 12の王女達が集った円卓の間で言い伝えの様な事を信じ戦おうとする王女と否定派の王女達の戦争にロベリー王女も巻き込まれていく······。 「なら血を流すことが正しいと言うの?」 「甘えた王女には味わった事があるまい、それが痛みだ」 12の王女達による大陸全土を巻き込んだ悲しみと覚悟の壮大な戦争が始まる。 ファンタジー×ミステリー長編小説🎵 ※アルファポリス、エブリスタでも投稿してます。

    読了目安時間:2時間33分

    この作品を読む

  • 僕は明日、彼女に殺害予告をする。

    僕が彼女を殺すまでの話。

    7,300

    340


    2021年4月15日更新

    大雨の日。僕は少女に殺された。 目を覚ました時、僕はもう人間ではなく、鬼として生き返ったらしい。 僕を殺した少女は言う。 「人間に戻りたいなら、わたしを殺しなさい」 ──と。 ☆☆☆ 人間として生きてきた少年は、鬼の少女との出会いによって突然鬼に変えられてしまう。 人間に戻るための条件、それは鬼に変えた張本人である少女を殺すこと。 そして少年は人間に戻ること選択する。 ──これは、鬼になった少年と鬼の少女の出会いと別れまでを書いたお話。 ※所々流血表現など出てきますので、苦手な方はお控えください。 ☆☆☆ こちらは平日朝8時に更新しています! まだまだ文字書き素人ですが、読んでいただけると幸いです。 応援してくれたら泣いて喜びます() よろしくお願いします! (表紙絵は自作です)

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む