恋愛/ラブコメ 長編 完結済

またここで君と逢いたい

作者からの一言コメント

忘れたい記憶と、忘れたくない想い——

ある事故で意識不明だった少女、美桜(みお)は、約1年ぶりに目を覚ました。 リハビリと経過観察のために入院生活を送ることになった美桜は、同じく入院している車椅子に乗る少女、真璃(まり)に出会う。 真璃とすぐに打ち解け、平和な入院生活を始める美桜だったが、周りの人間が自分に何か大きな隠し事をしている事に気づき始める。 それを追求しようとする美桜に突きつけられる真実とは。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 またここで君と逢いたい
作者名 きおかわ ひつじ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 女主人公 百合 現代日本 シリアス 百合フェア2020 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月16日 2時45分
最終投稿日 2020年5月15日 2時21分
文字数 159,679文字
ブックマーク登録 57件
コメント 96件
スタンプ 236件
ビビッと 0件
応援ポイント 193,009pt
ノベラポイント 5,289pt
応援レビュー 7件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 滅びゆく世界の伝奇×アクション×ラブコメ

    ♡61,100

    〇410

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話・19,555字 朱坂ノクチルカ

    2020年10月25日更新

    とある休日の黄昏どき、再就職を控えた青年・苗代沢は「真っ白な少女」をめぐる誘拐事件に巻き込まれた。窮地に陥る苗代沢だったが、とあるジンクスによりアウトローに生きる友人・ミソノに結果として助けられることに。とはいえ、困った「巻き込まれ体質」の苗代沢にとっては珍しいことではなかった。だから流してしまった。これにより、苗代沢は世界の裏側で暗躍する者たちの「化物探し」に呑みこまれたというのに。 気づけば真っ白な少女は幻のように消えていた。そうして、苗代沢の周囲で奇怪な事件が発生し始める。事件ではない。それは遠い過去から続く連続的な計画だった。たとえば、いたずらに消費された無垢な少女たち。とある化物を発端とする脆弱性と、十五年前の東京タワー爆発事故。国家権力の介入できない宗教組織の凶行を誘う、欠け落ちた神様のかけら。地下にうごめく秘密結社の統治者はとっくに狂っていて、世界はもはや取り返しがつかない。 緩慢に現実性を失いつつある世界で、変わらぬ日常を求め続けることは間違いらしかった。 であれば、いずれ来る世界の終わりに。 「君」を撃たねばならない。 —- 毎週日曜21時に更新します。 ローファンタジー作品ですが、そこに息づく人々のヒューマンドラマをしっかり書いていきたいです。

  • 少女達の異能捕縛劇 くたばれ無敵チート

    ♡152,074

    〇29,455

    現代/その他ファンタジー・連載中・46話・170,098字 兎野熊八

    2020年10月26日更新

    【《チート》とは、卑怯者の意味である 】 大正初期、世界を一変させる事件が片田舎の校舎から始まった。 学び舎に通う少年少女が突如として神の国、異世界へと姿を消し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、神宿し事件『異世界問題』が発生。 たった一人の能力者が国家すら揺るがす程の破格の能力《チート》 これら能力者達を他国に悪用されないためにも誰かが彼ら、彼女らを護る必要があった。 大正九年、異能者による異能者達の、捕獲、保護、管理を旨とする国家運営組織、『国立御影学園生徒会』が発足。 それから100年後、現代、日本。 異世界対策特殊図書委員に所属する、 過去に二つの異世界を救った、 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の乙女、金髪巨乳の男勝り、『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口少女、 『ピーシー』 三人の乙女達は異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々の中、 この夏、長い片想いの末、ついに意中の彼への告白を決意するメクルだったが……。 告白を目前に異世界へと消えた思い人、それと同時に現れた、異能者『レイズデッド』の帰還により、 前代未聞の夏が始まる。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る