童話/絵本/その他 短編集 連載中

読書キャンペーン開催中!

妖精大百科フェアリー・マンダーラ

作者からの一言コメント

1話完結の超短編。奇妙な妖精コメディ。

読了目安時間:4時間18分

総エピソード数:68話

パッと現れスッと帰る。あと腐れの無い妖精達と織りなす曼荼羅模様ファンタジーコメディ。 深川洋一郎之介(ふかがわ・よういちろうのすけ)という中学生が、さまざまなテーマを持った妖精と出会うだけのお話です。 いきなり現れ、自己主張だけをし、唐突に帰る、そんな無茶苦茶な妖精たちに、これまた自分勝手な理論で応じる洋一郎之介。 彼がきちんと学校に行く日はくるのでしょうか。 ツッコミ不在のツッコミ待ち小説。一話完結の短編です。 ポイント、コメント、スタンプ、ブクマ、フォロー等々、ありがとうございます! お返しコメントの字数が足りなさ過ぎることによって、上記のような冒頭御礼文をカットするはめになってしまうことが多々ありますが、常に感謝の気持ちを持っています。

総エピソード数:68話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 妖精大百科フェアリー・マンダーラ
作者名 茶木チャキオ
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ コメディ ほのぼの 人外 現代日本 日常 妖精 中学生 男主人公
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年6月21日 12時40分
最終投稿日 2020年5月2日 14時08分
完結日 -
文字数 128,931文字
読了目安時間 4時間18分
総エピソード数 68話
ブックマーク登録 38件
コメント 195件
スタンプ 129件
ビビッと 0件
応援ポイント 350,240pt
ノベラポイント 2,255pt
応援レビュー 2件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • あざと可愛い童顔男子に言ってほしい台詞をまとめてみた。

    何てものを連載しようとしているの(後悔)

    500,176

    3,823


    2022年5月25日更新

    いやあの自分でもよくわからないのでほんとに中身見なくていいです(遠い目) 見てから後悔しても責任は取りません!責任は負いかねますからね!! 可愛い子が大好きなわたくし、あひなり。が独断と偏見で「童顔男子に言ってほしい言葉」をただただ公開していきます(え、黒歴史?) 創作の時にこの中から自由に台詞を使っても良し(そんな人いない)、シチュエーションを想像して悶えるも良し(そんな人いない)です。 コメントなどで寄せられたものの中からも好き!って台詞は紹介させて頂きますので良ければ書き込んでください(Twitterなどからでも大歓迎です) ほんとくだらないのでポイントとかも全然送らなくて大丈夫です。 その代わりと言っては何ですが、あひなりの画力では表紙の男の子はこれが限界なので描いてくれるという方は…ぜひ!!大募集しています!!あと可愛い台詞教えてください!!!というか可愛い男の子の供給をください!!!(がめつい) 追記 台詞を25個ずつまとめたページも追加しました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 140字の空想世界 おやすみ前の豆本ファンタジー

    小さな1ページのときめき、素敵な夢を

    5,500

    0


    2022年5月25日更新

    限られた言葉の中の無限。 目の前に広がる小さなファンタジーの世界。 おやすみ前にちょっとのぞいて見たら、 なんだか素敵な夢が見れそうな…… そんな言葉たちをぜひ楽しんでください。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • リズムゲームプラスパルクール

    音ゲー戦国時代に現れた、次世代音ゲーとは

    500

    0


    2022年5月25日更新

    ・あらすじ かつて、音楽ゲームはアーケード、アプリ等の分野で多岐にわたって存在していた。しかし、システムがワンパターン化していくにつれてユーザーは集まりにくくなっていたのかもしれない。 その中で草加市で誕生した音楽ゲーム、それは一昔のスポーツ番組を連想するようなテイストを含んだゲームだったのである。その名は『パワードミュージック』。パワードスーツを思わせるアーマーを装着し、楽器なのか武器なのか不明な装備で音楽を奏でる物だとネット上で書かれていた。 システム的には別のARゲームであるARパルクールと似たような物であり、どう考えてもこれを音ゲーと言うには苦し紛れと言う前評判もあったほど。しかし、その複雑を極めるような内容やシステムに反し、予想外にもユーザー人気を得る事になった。その人気の裏には、一人のランカーと呼ばれる人物の存在があった――というまとめサイトもある位だ。 西暦2019年4月10日、他の音楽ゲームに満足できなくなった比叡が発見した物、それは草加市で流行していたARゲームだった。その中の一つ、『パワードミュージック』を目撃するのだが――初見印象は格ゲー、それも少年漫画を思わせる物である。 その後、ネット上の情報やアンテナショップへ足を運んだことで、音楽ゲームだと言う事を知ったのだが――未だに驚きを隠せない。次第に新たな音楽ゲームをプレイしたいという熱意が――『パワードミュージック』へと彼女を後押ししていた。 比叡の様子を見ていた人物――ビスマルク。そして、様々なランカーが『パワードミュージック』へと関心を寄せる中、大きな事件が幕を開けた。 これから始まるのは、リアルと架空の区切りさえも曖昧なARゲームで展開される、もう一つの物語――。 ※カクヨム、小説家になろうと同時掲載です。

    読了目安時間:2時間13分

    この作品を読む

  • 小さい先輩と大きい後輩の何気ない非日常

    百合ときどき百合

    1,900

    200


    2022年4月29日更新

    先輩は(いろんな意味で)小さかった。 後輩は(いろんな意味で)大きかった。 あどけない少女二人は、日々ヘンテコな非日常に誘われて行く。 死にそうで死なない。安心安全な〝非日常〟は如何ですか? 押し寄せる不幸の連続。 溜め息に次ぐ溜め息。 果たして、少女二人の〝普通〟な明日はどっちだ。 これは、〝小さい先輩〟と〝大きい後輩〟が織り成す、〝何気ない非日常の日々〟を綴った物語である。 ※この作品は不定期連載です。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む