文芸/純文学 短編 完結済

棘のない薔薇

作者からの一言コメント

夢と現実の境

棘のない薔薇の表紙

自分を貫くことが難しいこの国で、私達は個性を殺されてしまう。 坂田陽奈もそのうちの一人だった。 学生時代は尖っていたのに、いつの間にか「出る杭は打たれる」に従って丸くなっていた。 しかし異端と呼ばれたある人との出会いによって徐々に自分らしさを取り戻してゆく。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 棘のない薔薇
作者名 文月伶架
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 女主人公 和風 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年2月19日 20時14分
最終投稿日 2021年4月19日 20時00分
完結日 2021年4月20日 7時23分
文字数 15,024文字
ブックマーク登録 27件
コメント 42件
スタンプ 28件
ビビッと 15件
応援ポイント 129,700pt
ノベラポイント 11,160pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界逃避ーTHE ONLY WAY IS UP IN ANOTHER WORLDー

    逃げ出したっていいじゃない 人間だもの

    8,123

    150


    2021年4月20日更新

    気が付けば夜の電車の中。 何故此処に居るのかという事は思い出せない。 そんな時に出会った『神』に自分は死んでいるのだとを教えられる『僕』 そして神に誘われたのは、自分の見知ったものとは何もかもが違う世界であった。 新しい家族に与えられる新しい名前。 鏡に映る新しい顔。 いつの間にか覚えてしまった新しい言葉。 気の許せる新しい友人。 そして少しずつ思い出す過去の自分。 記憶を失ったまま色々な物を手に入れていく僕が、『過ち』と『幸せ』を思い出す、剣と魔法と傷の物語。 表紙はウエサカ様に描いて頂きました。

    読了目安時間:1時間21分

    この作品を読む

  • マリー・ウィンゲートのおてんばライフ

    日常系恋愛ファンタジー……多分。

    66,100

    3,700


    2021年4月20日更新

    わたくしは、わたくしに生まれて良かったと思うわ。 わたくしで無いと、出会えなかった人、出会えなかった出来事が沢山あるのですもの。 生まれたときが、マイナスだからって何だというの。 生きているのでしょう? だったら、プラスに書き換えれば良いじゃない。 楽しみましょう。せっかく、ここにいるのだから。 あらすじ 『王妃候補のなり損ない、田舎に捨て置かれたご令嬢』の異名を持つマリー・ウィンゲート公爵令嬢。 片や『剣を振るわせれば、一振りで4~5人は斬り殺せる』という噂の剣豪指揮官エドマンド・マクファーレン辺境伯。 年の差は15歳。王妃様の命令で、報奨品としてエドマンドと婚約をすることになったマリー。 最初は、戸惑いつつも素朴で女性に対し不器用なエド様に惹かれ『いつか私が妻で良かったと思って頂けるように頑張るわ』という意気込みを見せるマリー。 そんなマリーをいつしか、切なく愛おしく想い包み込むように守りたいと思うエドマンド。 そんな中『お前、俺の女にならないか?』という大悪党があらわれる。 王妃様ですら、物事に素直に感謝できる心が愛しいと言われるマリーの、波乱万丈なおてんばライフ。 毎週火曜日 20時更新中。

    読了目安時間:4時間29分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る