SF 短編 完結済

心のあるところ

作者からの一言コメント

テーマは「私からあなたへ」です。

心のあるところの表紙

時代は昭和。旧家の九条家所有の日本屋敷に住む女ー晴子は脳を他人に移植する研究をしていた。 孤独に研究をする彼女のもとへ、父親が愛人の子ーヨウを連れてきたことから2人の生活が始まっていく。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 心のあるところ
作者名 月並海
ジャンル SF
タグ シリアス 和風 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月27日 20時00分
最終投稿日 2020年12月27日 20時00分
完結日 2020年12月27日 17時20分
文字数 7,979文字
ブックマーク登録 3件
コメント 1件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 過去に打ち勝ち心的外傷を除却せよ

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・1話・5,229字 ピーター・バターナッツ

    2021年3月6日更新

    少女が目を覚ますと、そこは見知らぬ白い空間だった。 見渡す先まで何もない、まるで光の中のような現実味の無い世界。 この場所に来るまでの経緯も何も思い出せない。 それだけではない。自分が何者なのか、名前すらも思い出せない。 少女は――記憶の全てを失っていた。 そんな少女の前に、一人の女性が姿を現す。 心療アシスタントAIと名乗る看護師姿の女性、ナビィ。 ナビィは、少女が過去に心的外傷を負い、治療のために試験運用中の心療プログラムに参加したという。 その概要は、仮想現実で過去の傷を再体験し、打ち勝つことで心的外傷を除却するというもの。 それを成すのが今立っている仮想現実「心的外傷除却支援システム ヘルスキュア」であると。 少女は自らの心的外傷に打ち勝つため、忌まわしき過去の傷と立ち向かっていく。 一つ、また一つと過去の傷を除却していく。 全ての心的外傷を除却した後、少女に訪れる運命とは。 ============================= 【カテゴリ】 VR(仮想現実) 【注意】 この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件・災害とは一切関係がありません。 作品内には暴力描写、性的描写も含まれます。それらに耐性の無い方はご遠慮ください。 【投稿について】 投稿は隔日1回行います。投稿がなかった場合は執筆遅れですので、優しく見守って頂けると幸いです。 【最後に】 読んでいただいて面白かったら、ぜひ感想お聞かせいただけると、とても励みになります。 それでは、お楽しみくださいませ。

  • 人生やり直せるならやり直す?

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・2話・11,881字 ほんのり雪だるま

    2021年3月6日更新

    『MyLife.』というゲームが出たらしい。 キャッチコピーは”あなたの人生を続きからでもう一度”。 話題になっているうさんくささ大爆発のゲーム『MyLife.』。 人生をやり直せると銘打たれている、ありがちさと、うさんくささと、クソゲ―臭の三拍子そろったゲーム。 センスのないタイトルにそのキャッチコピーまで加えれば人気が出るなんて思えないようなゲーム。 しかし、どうだろう。 実際に人生のやり直しを体験できるなら。 それがゲームだとして、現実ではないとしても。 体験できるとしたのなら、なんだかんだやってみたいとちょっと思ったりしないだろうか。 どう見ても怪しくても。 ※小説家になろう、カクヨムにも同じものがあります。 不定期更新です。