完結済 短編集

楽しい小説の書き方 すあま式

作者からの一言コメント

初心者向けの小説書き方指南。初心者向け!

すあまごときが偉そうに語ってんじゃねー!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 楽しい小説の書き方 すあま式
作者名 寿甘(すあま)
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 小説の書き方 初心者向け 楽しく書く
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月26日 19時28分
最終投稿日 2020年5月31日 20時00分
文字数 92,808文字
ブックマーク登録 138件
コメント/スタンプ 1,621件
応援ポイント 511,185pt
ノベラポイント 1,033pt
応援レビュー 4件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 第二回ノベプラ大賞一次通過しました!

    ♡355,550

    〇1,080

    異世界ファンタジー・連載中・222話 駿河防人

    2020年5月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • ジャンプ系能力バトルをお楽しみください

    ♡54,600

    〇200

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話 一輝

    2020年4月17日更新

    とある街で、普通に学生生活を送っている唐揚げ好きの男子高校生 天月 空(16) 何事もなく平和な筈の日常‥ 空はいつものように行きつけの「からあげのエツハシ」でからあげを貪り食っていた しかし、ここ最近正体不明の動物?らしきものが世界中の至る所に現れ、それと行動を共にした人間が突然変異し、凶暴化し、暴れまわるといった事件が多発していた。 まるで他の国で起きてる事のようにそのニュースを観ていた空だったが、その事件はついには空の住む街や通う学校でまで起きてしまう。 友達や家族までもが犠牲になる中、空は何も出来ずにいた。 そんな時、空の下に、太陽と月が織り混ざった刺青の様な大きな模様を胸に持ち、カラスか或は悪魔のような禍々しい翼が生えた喋る猫??が現れる。 愛らしい姿と声とは裏腹に、生意気でツンツンとした口調でその猫はこう言う。 「おい人間!!こいつらを助けたいんだろ?だったらオイラにお前の血をよこせ!!そしてオイラに名前をつけろ!!」 「は?」 空の戦いはここから始まっていく… 様々な人間ドラマや、『火』や『水』や『雷』といった見た事のあるような異能力から『××』や『××』←(ネタバレ含むためほにゃらら扱い)といった見た事の無いような様々な異能力を屈指して繰り広げられる痛快なアクションを中心とした 〝異能力バトル〟× 〝学園青春ストーリー〟 × 〝ラブコメ〟のミクスチャー小説を是非ご堪能下さい\(//∇//)\

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る