恋愛/ラブコメ 長編 完結済

腕時計に従う僕と社会における男女の話

作者からの一言コメント

社会人イチャイチャラブコメを探しに

読了目安時間:2時間51分

総エピソード数:47話

新社会人1年目、会社にはまだ慣れない。 おはようございますを返してくれる憧れの先輩、宮垣さんに会えること以外、僕には楽しみが無い。 そんな毎日を過ごしていたある日、自分のために買ったスマートウォッチから指令が下る。 僕の守護霊を名乗る腕時計の住人は、どうやら死んだ祖父のようでーー? 面識のない自称祖父のいたずらで、女性との人間関係が変わっていった僕の毎日。 これは、社会人ラブコメの皮を被った単なるコメディかもしれないしヒューマンドラマかもしれないしそれともまた違うかもしれない。 焦れ焦れのイチャラブは私の十八番だろうと勘違いしたので勢いで書きました。 コメディ要素強めです。 ※普段の作者の作品と作風が違いますので、合わないと思ったら無理して読まなくて大丈夫です! ※かわいい女子が書きたかったので、かわいい女子成分が結構あります。

総エピソード数:47話

作品情報

作品名 腕時計に従う僕と社会における男女の話
作者名 碧井夢夏
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 男主人公 現代日本 ハーレム 日常 コメディ HJピックアップコン ライトノベル ノベプラオンリー 鯖が威張る イチャイチャ
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年7月15日 21時10分
最終投稿日 2022年8月29日 21時27分
完結日 2022年8月29日 21時44分
文字数 85,707文字
読了目安時間 2時間51分
総エピソード数 47話
ブックマーク登録 8件
コメント 176件
スタンプ 16件
ビビッと 1件
応援ポイント 75,800pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 小柄なボクっ娘先輩は、陰キャの僕と付き合っている件

    陰キャの僕とボクっ娘先輩の青春話

    888

    3


    2022年9月29日更新

    私立の高校に通う春日井(かすがい) 優真(ゆうま)は、ゲームや漫画とかが趣味だというだけで陽キャグループにスクールカーストの底辺にされ、さらに【陰キャ】扱いされ、肩身の狭い学園生活を送る事を強いられた。 しかし、ある日の昼に一学年上の先輩の女子生徒、四季原(しきはら) 冬(ふゆ)と出会った事で彼の学園生活は一変する。 ボクっ娘で小柄だが、天真爛漫かつ優しい彼女との学園生活は後にかけがえのない思い出となって築き上げていく。 一方で陽キャグループは、学園で禁止されているスクールカーストを作った事が学園内で広まり、次第に居場所がなくなっていく。 *「小説家になろう」「エブリスタ」にも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

  • 今夜は私が癒してあげる

    艶めく熟女は愛する男としっぽり呑む

    1,100

    0


    2022年9月29日更新

    眠らない街・東京にある『小料理屋 京子』の店主・井上京子は先の見えない経営に危うさを感じていた。 今日も客足が悪い。食材の廃棄は増えるばかり。こんな生活がいつまで続くのだろうか……。 そんな京子の前に現れた客━━勝彦は京子の昔馴染み。 それでいて、京子にとっての特別な人でもあった。 『今夜は私が癒してあげる……』 ※ この作品はフィクションです。実在の人物・団体・地域とは一切関係ありません。 本作は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • たぬきのスカッとする返し方まとめ

    みんなもぜひ使ってみてほしいっ

    7,500

    20


    2022年9月28日更新

    スカッとする論破まとめみたいななにかです

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ひいらぎ観察日誌

    活動報告的ななにか。投稿作リストもこちら

    502,889

    3,380


    2022年9月29日更新

    ノベプラ投稿にあたってのつれづれを書き残していきます。 活動報告とか生存報告とか。日常とか投稿作に関するよもやまとか。 初見さん向けの投稿作案内も、こちらの1話目に載せています。 不定期掲載の初心者料理ログコーナーもあります。 真性の初心者で失敗だらけなので、あたたかく見守っていただければ。

    読了目安時間:9時間57分

    この作品を読む