SF 短編 連載中

インドミナス・レジーナ

作者からの一言コメント

ツンデレヒロインの学園ラブコメ()

読了目安時間:1時間38分

総エピソード数:16話

普通の生活では満たされない。『大嶽俊宗』は退屈な日々を送っていた。そんなある日、大嶽の通う北向岩屋高校に謎の美少女『清瀧スズカ』が転校してきた。何故か自分を知っているスズカに動揺する大嶽。そしてスズカを中心に怪事件と血を求め彷徨う謎の怪物が現れ、それはやがて大嶽の運命を飲み込んでゆくことになる

総エピソード数:16話

作品情報

作品名 インドミナス・レジーナ
作者名 鷲巣 晶
ジャンル SF
タグ 未来 シリアス アクション/バトル ダーク 男主人公 人外 コズミック・ホラー 異能 学園 ノベプラオンリー コメディ
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2022年7月18日 19時44分
最終投稿日 2022年9月25日 20時43分
完結日 -
文字数 49,099文字
読了目安時間 1時間38分
総エピソード数 16話
ブックマーク登録 5件
コメント 4件
スタンプ 75件
ビビッと 29件
応援ポイント 26,000pt
ノベラポイント 57pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 此の世の終わりで、君と最後の珈琲を

    終末世界でコーヒーを探す少女たちのお話

    44,500

    100


    2022年9月27日更新

    大崩壊と呼ばれる文明の滅亡から、数十年後。生き残った人々は、大企業が残したシステムに依存し、その企業によって生み出されたキカイと呼ばれるロボット群から怯えながら、生き延びていた。かつては千葉と呼ばれた下総の国、サトミと呼ばれるコロニーで、カフェを営む少女、貝渚(カイスカ)ロイネと、彼女の育ての親であるキカイ、貝渚キコは、絶滅したと思しきコーヒーを追い求めて、奇々怪々な危険地帯である下総の国を探索する。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間21分

    この作品を読む

  • 毎日掌編を書く場所(in2022年)

    ネタくれたら書きます

    700

    0


    2022年9月26日更新

    元は日記とかも書く予定だったんですが、予想以上に掌編の確率が高かったので2022年はほぼ掌編で月頭に日記って構成になると思います。 ジャンルはマジでその日の気分で決めてるので迷いましたが、とりあえずSFにしとく。 投稿時間は夕方~日付変わるまでのどっか。 pixivファンボックスで清書版を投稿してます。 元を頂いている診断メーカーはコチラ→https://shindanmaker.com/828102

    読了目安時間:1時間36分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 闇に蠢く

    大長編オカルトホラー

    314,716

    240


    2022年8月8日更新

    関わると行方不明になると噂される喪服の女(少女)に関わってしまった相原奈央と相原響紀。 響紀は女の手にかかり、命を落とす。 さらに奈央も狙われて…… イラスト:ミコトカエ(@takoharamint)様 ※無断転載等不可

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11時間6分

    この作品を読む

  • 幸せな高校生活を送ろうと、日夜ゾンビと戦う過酷な世界で生きようと、今日も俺は夢を見る

    割としっかりしていて今でも気にいってます

    25,400

    1,200


    2022年9月24日更新

    人間の三大欲求とされる睡眠という名の欲求。 俺はこの睡眠において、少しおかしな特性を持っている。 夜の9時には抗うことすら許されない程の強烈な眠気によって夢の世界に入り込み、例えどんなに眠かろうと、必ず朝の6時に起きてしまう。 その合間に起きることは無く、例え、どんないたずらをされようと、俺が目を覚ますのは決まって6時だった。 そして、決まっていつも同じような夢を見る。 夢で見る世界はいつも決まって同じ舞台だった。俺の知っている都市は壊滅的な状況に陥っており、外に出れば荒廃した世界がただ広がるだけの世界。そこに笑いあい、怒りあう人間の姿は無く、居るのはゾンビと称された元人間だけであった。 そんな世界で、俺は頼れる仲間と共にその荒廃した都市に蔓延るゾンビ達と日夜戦っていた。 不思議な不思議な夢で、その世界の俺はその世界を夢だと認識することは無く、同じように夢で見る平和な高校生活をまるで懐かしい思い出でも見ているかのように現実とは思ってもいなかった。 俺は約一年間に渡って、この奇怪な現象に悩まされてきた。 そして、もう二度とこの変な症状は治らないんだなと諦めかけていた時、俺の前に一人の少女が現れた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:53分

    この作品を読む