インドミナス・レジーナ

読了目安時間:6分

エピソード:7 / 20

第7章 黒八幡

ーー我が家に伝わる家紋の『三上山に巻き付く百足』 屋敷のエントランスホールに掛った金色の家紋の前に私をいれた8人の男達が集結する それぞれが火星圏で財を為し、表の大抵の遊びはとうに遊び尽して退屈を弄ぶ者どもばかり 我々が心の底から面白い、楽しいと愉悦を感じるのはもはや、正気から逸脱していなければならぬのだ そんな私達は毎月、一度はこうして集まり面白おかしいレクリエーションを行う その集会を我々は『黒八幡会』と呼んでいる 近江の国にそびえ立つ三上山 その山の主は御山を七巻半する程の巨大さと、並の刃では傷一つ付かない鋼のごとき外殻、龍さえ喰らうその大妖の名は『大百足』 その大百足も最後は龍族に味方をした南無八幡の加護を受ける一人の気高き武士の矢により葬られたという。 我が一族はこの時、滅ぼされた大百足を祖とする一族と言われていた 我が一族の祖が蟲か人か? そんなことはどうでもいい。 私は蟲などではないのは確かだが、だからといって人という下等な種族と一緒になどされたくはない そうだ、かつて私はあるところで美しい姫を見た 彼女は人のようなか弱く卑小な存在では無く、世界を支配する竜を自称する六人が創り出した竜の姫君だ 麗しい彼女の姿を見れば、その絶対的な力を感じれば金をどれだけ持ってても、どれだけ人から名声を集められようとも意味が無いと思った 自分が生きているのは彼女が気まぐれで殺さないだけ 彼女の前では人として積み上げてきたすべてが否定されたような気さえしたのだ 私もあの方に近づきたい、私も竜になりたい。 そう考えて数十年、未だに私は人間の檻を抜け出せず、彼女との再会も果たせぬままである。 その欲求不満(フラストレーション)憂鬱(メランコリア)が私を竜と人、双方への憎悪をかき立てる この裕福故に大概の道楽をやり尽くし退屈を抱えたこの連中も同じだ。 あとは他者を安全圏から叩きのめし、その苦痛でよがる姿を見て人として未熟な自分達の優位性を確認するくらいしか楽しみが残されていいない そんな中でも自分が悪では無くむしろ正義側でいられる事を証明できれば自己肯定欲も満たされるというものだ ーーまるで子供だな 私の周りにいる目をギラギラ輝かした身なりのいい男達が子供のようにこちらを見ている 私が今日、君たちに提供する魅力的なオモチャやエキサイティングなゲームに興味心身で待ちきれないのだ そうだ、いい年してヒーローごっこがしたい餓鬼なのだ それぞれが大企業や政界で責ある立場にいながら自分達が未だに正義側に立っていると思っている 正気がすり切れつつある事を見て見ぬ振りをしている。 悪を屠れる立場にあると思っている。 いつまでも自分が強い善のサークルにいたいと思う思考 そしてそれには悪と呼ばれる自分達よりも弱く劣った存在が必要だ 英雄は魔龍(ファフニール)を殺すから英雄たり得るのだ 「いつものように諸君達の電脳に直接、資料を送る。確認してくれたまえ」 奴らの電脳に送った資料の内容はこうだ 今回、製造した『スタックス』のデータ 当館『アースロプレウラ』の庭に放ったスタックスは全部で20匹 スタックスの素体となったのは去年、水星のコロニーで逮捕された連続殺人鬼ジョー=ヘイグマンを筆頭に、殺し屋サクラメント=チェイサー、食人鬼テッド=ハールマン、強姦殺人犯フリッツ=キュルテンetc・・・詳しいプロフィールは添付資料を拝見されたし。どれも世間に吸血鬼というおぞましいレッテルを張られるに相応しい第一級殺人犯であり、処刑制度の残る水星圏から()()()()として極秘に火星に護送させた 彼らの知能レベルは3~4才程度にまで落としている 協力して狩りができる事は確認済みであるが、知能を少々、幼くしても残忍さは変わらず、仲間うちでも争い、昨日は死人まで出してる。弱いものは基本的に収奪の対象と見る実に殺しがいがある性格をしている 人間の時より相応しい姿になって彼らとしても生きやすくなったのではないだろうか? 彼らが扱える武器はナイフ、棍棒、弓矢も持たせてみたが問題は無かろう 対して君達に与えられる武装はナイフや棍棒では当然、傷つかない装甲を持つパワードスーツ、昆虫をモチーフにしており見かけも格好いい。 厚さ5㎜の鉄板を切り裂く振動刀『神息』 銃はアサルトライフルFNF2000(グレネードランチャー付)、FNP90、FN Five-seveN これらの武器は君たちの電脳IDと紐付けされており第三者の手では機能しないように設定されている 生来の残忍さに加えて狡猾さや悪知恵にのみ長けたスタックスの知能ならば君たちの武器を奪って攻撃してくる事は十分考えられる。 しかし、肝心の武器はスタックスが奪い取っても引き金は引けず弾丸はけして発射する事はできない 試しにわざと奪わせてみせて銃の引き金を引かせて見せて銃が撃てないことを気づかせて、その時の奴らの間抜けな絶望の表情を見てみるのも楽しいかもしれない 更にこのゲームにスリルの要素を加える為にこの『アースロプレウラ』に3名、女の子を放ってみた。 資料にあるとおり今度、創ったスタックスは人間の頃から精神に問題を抱えた血に飢えた殺人鬼や異常性欲の強姦魔ばかり・・・ そんな奴らが転生した血に飢えたスタックスが息をひそめる場所に彼女たちを離すと言う事はどういうことになるか聡明な諸君ならば簡単に想像できるはずだ さすがに少女、三人が飢えた人型の猛獣たちの中に解き放たれた事は黒八幡会のメンバーも驚いたようである。 心配する振りをして、まだ、善人の仮面をつけようとするのか? その先の快楽にもう、気づいているはずなのだ 「三上さん」 「これは・・・」 「やれやれ、あなたも酷いことをする」 「いやいや、これも余興ですよ余興」 私は首を左右に振う 「罪の無い乙女達が私が創った怪物達の毒牙に掛る前に正義の刃たるあなた達が奴らを殺し尽せばいい。それに」 「それに?」 私は顔を歪めてにんまりと笑みをつくった 「復讐こそ最高の気晴らしですよ」 おお、私の言葉に黒八幡会のメンバーは声を漏らす 「もしも間に合わず少女達が犠牲になればその分、我々は奴らにわからせる事ができる。我らの怒りと正義の拳を奴らに味あわせる事ができる。少女を犯し喰らう品性下劣な小鬼風情の首ねっこを掴み、あの子達の痛みを思い知れと拳で前歯を砕き、手足を百足の脚を引きちぎるように切断してから、わざと死ににくいように腹に弾丸を撃ち込んで絶命するまでダンスするように地べたを這いずる奴らを見ながら唾を吐きかけ、コニャックで一杯やる。これに勝る愉悦はありますまいよ」 相手が邪悪であればあるほど罰を加える事は楽しいものであり、いい気になっている奴を絶望させれば人は愉悦を感じられるものだ 我々は子供の頃から悪が正義に駆逐されるアニメや漫画、映画、小説、英雄譚を見たり聞いたりして育てられて来たのだ 我々は既に罰を下すもの(パニッシャー)の英才教育を受けている。 そんな我々にとって、こちらが傷つかない圧倒的な立場でクズのなれの果てを裁く、これほどスカッとする遊びはあるだろうか? 「いやあ、三上さんはさすがだ。悪を、しかも化け物と化し人権が剥奪された犯罪者を圧倒的な優位な立場で裁く。どんなに金を持っていてもこのような愉悦を他ではけして味あえますまい」 「私がスタックスに変えるのはすべて死刑囚。地獄で閻魔に裁かれる運命にある者をこの世で餓鬼に落とし嬲り殺す事など、せいぜい地獄の裁きを先取りした程度のこと。一体何が悪いのか?」 私はドラクロワの『民衆を導く自由の女神』のように手にした杖を天井に向けて突きつけた 「さあ、諸君、今夜もまた、命を弄ぼう。スポーツをやるみたいに品性下劣な化け物殺しを楽しもう。化け物を斃す、我々のやることはすべからく正義である!」 正義という熱に浮かれた黒八幡会のメンバーは腕をあげて歓声を上げる そして私は今日も人間の醜悪な正義というものを目の当たりにして自分に言い聞かせるのだ 自分はけしてこんな奴らと同じ人間などではないと

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ひよこ剣士

    白沢走

    〇30pt 2022年11月14日 16時27分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    白沢走

    2022年11月14日 16時27分

    ひよこ剣士
  • ステラ

    鷲巣 晶

    2022年11月14日 16時29分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがとうございます!

    鷲巣 晶

    2022年11月14日 16時29分

    ステラ
  • セリア(精霊幻想記)

    LILUA

    ビビッと ♡500pt 2022年10月20日 23時03分

    《その欲求不満(フラストレーション)と憂鬱(メランコリア)が私を竜と人、双方への憎悪をかき立てる》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    LILUA

    2022年10月20日 23時03分

    セリア(精霊幻想記)
  • ステラ

    鷲巣 晶

    2022年10月21日 8時27分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    報われました…!

    鷲巣 晶

    2022年10月21日 8時27分

    ステラ
  • 文豪猫

    杉沢村主

    ♡500pt 2022年8月16日 21時55分

    なかなかに物騒な展開になってきて、ドキドキです。言葉の選び方が独特な世界観を作り上げているのがさすがですね! 歯ごたえのある読後感はとても好みです。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    杉沢村主

    2022年8月16日 21時55分

    文豪猫
  • ステラ

    鷲巣 晶

    2022年8月17日 21時49分

    感想ありがとうございます!こういうの書くと私の人間性が疑われる?と心配していたりしますw昔から幽遊白書の人間でありながら妖怪を食い物にする金持ち達に興味がありまして。私は滋賀県育ちなので大百足を題材に三上達を書いています。八幡神を穢し竜を食い物にする人々という感じです

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    鷲巣 晶

    2022年8月17日 21時49分

    ステラ
  • ジト目ノベラ

    薄井蘭

    ビビッと ♡500pt 2022年8月13日 6時18分

    《自分はけしてこんな奴らと同じ人間などではないと》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    薄井蘭

    2022年8月13日 6時18分

    ジト目ノベラ
  • ステラ

    鷲巣 晶

    2022年8月13日 10時18分

    ビビッと来て頂いてありがとうございます。俵藤太に退治された大百足の子孫?と聞かされて育った彼は自ら創った化け物もそれを正義の味方を気取って殺す人間も嫌いという歪んだ感性を持っています

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    鷲巣 晶

    2022年8月13日 10時18分

    ステラ
  • 吟遊詩人

    田丸哲二

    ビビッと ♡200pt 2022年8月13日 7時02分

    《彼らの知能レベルは3~4才程度にまで落としている》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    田丸哲二

    2022年8月13日 7時02分

    吟遊詩人
  • ステラ

    鷲巣 晶

    2022年8月13日 10時21分

    ビビッと来て頂いてありがとうございます。昔は理性や知能を持たせる事ができなかったのですが、最近は知能のレベルをある程度コントロールできるようになりました。ゲームの難易度で調整するみたいです

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    鷲巣 晶

    2022年8月13日 10時21分

    ステラ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • MwILi

    ボディと物語と世界のはざま。

    14,987

    0


    2022年12月7日更新

    これは、複数のボディと重なり合う世界を渡り歩くのが日常になった時代のものたちの動向を追った物語の物語。モチーフは『ユニバーサル・シエスタ』の"ひとつとなりしもの・シリーズ"を踏襲しながら、さらにその先を目指している。読まなくても楽しめるよう構成してあるが、気になる方はご一読を。 ボディとそこに宿るこころに真の安息はいつ訪れるのだろう?それは死ぬ時なのだろうか? やりたいことはとどまるのを知らないのだろうか? 世界は底知れなく、インナーユニバースも見通しづらい。 これから先、少しは引っかかるかも知れないこのもうひとつの現実をぜひ知ってほしい。

    読了目安時間:1時間15分

    この作品を読む

  • COLLAPSE ─崩壊世界─

    人の可能性を信じて

    10,000

    0


    2022年12月7日更新

    十年前、世界は一度滅んだ。 ただ人間はしぶとく生き残って今は箱庭に引き篭っている。箱庭を囲う薄皮の向こう側には化け物が蠢いていて、人々は化け物を恐れて箱庭の中央を目指した。 世界はどうしようもなく終わっていて、私はそんな世界で生きている。けれどもしかすると、私に何か出来ることがあるのかもしれない。 抗え、人類。 その先の可能性を信じて。 ◇◇◇◇ 設定だけあった頭の中の物語を頑張って出力しています。 もしかするとなんか違うってなって書き換えたりする可能性もあります。 Twitterで設定とか書いてます。お絵描きとかしてる垢でキャラデザとかも描いてるので興味あったらどうぞ→@yukigon_san

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Sonora

    音よ、花開け。

    26,400

    1,100


    2022年12月6日更新

    フランスのパリ8区。 凱旋門やシャンゼリゼ通りなどを有する大都市に、姉弟で経営をする花屋がある。 ベアトリス・ブーケとシャルル・ブーケのふたりが経営する店の名は<ソノラ>、悩みを抱えた人々を花で癒す、小さな花屋。 そこへピアニストを諦めた少女ベルが来店する。 心を癒す、胎動の始まり。

    読了目安時間:1時間39分

    この作品を読む

  • 異世界スペースNo1(ランクB)(EX)(完結編)

    この俺の明日のためのスクランブルだ。

    688,500

    65


    2022年11月29日更新

    祝・30周年! リスペクト・ス○○ボ! リスペクト・ウィ○○ー! リスペクト・ダ○○○ン! 剣と魔法、そして巨大ロボ「ケイオス・ウォリアー」が存在する世界。 そこに転移ロードで異世界召喚された俺。 なぜか寝てた。 起こしてくれた娘が着いて来いというし、一緒に寝てた二人と共に行ってみるか? さーて、俺達のロボットは―― 量産型のザコ機だからよ…… 俺らの能力補正系スキル、0~9の10段階評価で2だからよ…… 鉄の城とか白い悪魔とか三つの命が百万パワーな奴とか、メチャ強え味方もいないからよ…… それでも止まるんじゃねぇぞ…… 戦士よ、起ち上がれ! ※この作品は「アルファポリス」に掲載した物を他サイト用に修正した物です。 大好きなゲームシリーズの新作発売記念に書き始めた作品。 他のサイトで2021年の6月から開始し、正直たいした反響は無かったが、それにしてももうちょっと読んでもらえるかもとここにも転載させていただく事にした。 おちこぼれで何が悪い。世の中Aムロ大尉やKIラ准将ばっかりじゃないわい。 「令嬢」タグを見て来られた方は第二次(105話)からどうぞ。 第三部で完結させますが、なんか思ったより長引いてますわ‥‥。 スタンプ・コメント等なにかしら反応くだされば喜びます。 ロボット物を書いてる方、某スパロボが好きな方、等の所には参考にさせていただくために読みに行くかもしれません。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27時間28分

    この作品を読む