連載中 長編

人と鬼が哭く夜

作者からの一言コメント

夜の世界を舞台に人と鬼の死闘が開幕!

夜の世界。それは異形の怪物たちが自由に動ける時間帯でもあった。 日本を守る十二支の剣士は異形の怪物を生み出す要注意人物、芥烈斬の首を取るべく動き出す。 夜の世界を舞台に人間と怪物の戦いが繰り広げられていく。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 人と鬼が哭く夜
作者名 雨音雪兎
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 異能 現代日本 アクション/バトル シリアス ライトノベル 怪物 剣戟 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年3月10日 23時38分
最終投稿日 2020年7月11日 18時41分
文字数 85,369文字
ブックマーク登録 20件
コメント/スタンプ 118件
応援ポイント 84,500pt
ノベラポイント 200pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡376,150

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • エスニックな俺TUEEはいかがですか?

    ♡17,600

    〇60

    異世界ファンタジー・連載中・28話 岸谷メルカ

    2020年7月12日更新

    不定期更新。 「黒王と聖王の戒律」の登場人物 ライルの過去話ですが、読んでいなくても単体で楽しめます。 善と悪が己に戒律を化し、忠実に生きる事が美徳とされた世界に一人の英雄となる少女が生まれた。 名前をアーティカ・ライル・カールク。通称をライルと言った。 少女は生まれた時から異物感を抱え、常に世界への疑問が耐えなかった。 一人放り込まれたイレギュラー、その様に自分自身を定義づけたライルは ほんの思いつきで世界を奔走する事を決める。 善悪で人が分かれ、争いの絶えない世界に一筋の光をともさんとして――。 ゾロアスター教をモチーフにしているので、あとがきに豆知識を掲載します。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 拙い文章失礼致します

    ♡8,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・20話 えねるど

    2020年7月15日更新

    空を飛ぶことくらいしか夢が無い、恐らく「普通」の人間である俺が、自分を「天使」などと名乗る電波な少女に出会ってしまう。 そいつは有無を介さず意味不明な言動で付きまとってくるのであった。 しかし、執拗に付きまとわれるのには理由があり……。 天使に救われ、天使を救う物語。

  • ファンタジーを見たい人は読まないで

    ♡500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・47話 handyman

    2020年7月14日更新

    挨拶 こんにちは。handymanです。 5月から小説を書き始めました。物語を書いた経験もないので、誤字脱字やおかしな点が多く見られると思います。ご了承ください。 いわゆる異世界ファンタジーですが、おそらく皆さんが想像される物語とはかなりかけ離れた内容だと思います。ファンタジーを見たい方は読まれない方がいいかもしれません... 3部構成を取っています。少しずつですが、投稿していきます。1部約20話です。 あらすじ: 竜の亡骸の跡に建てられたキーランド王国の、ある一日の話... 二つの物語が一つへと交わり、ラストへと突き進む。 第一章 ヴィルジニアは最強の女戦士として、数々のモンスターを倒してきた。 今やキーランド騎士団のアイコンともなった彼女は、その強さと美貌で多くの人を引き付けて止まない。 5月10日、彼女の一行は森の中である活動をしている人々へ、物資を届ける任務を受けた。 いつもの仲間に新人戦士三人を加え、旅に出かけるが、思いもしない事態に巻き込まれる。 危機を脱し故郷へと帰るが、さらに追い打ちをかける事件が起こる!! ヒーラー(回復係)のアレクサの視点で描くサスペンスファンタジー。 第二章 時同じくして、一人の青年ダミアンも武器を片手に「散歩」へと出かける。 その道中、「竜の子」を自称する謎の少女タルサに遭遇。 「王国に連れて行ってほしい」という彼女の願いを嫌々聞き入れ、地獄の帰路につく。 ファンタジーの世界を少し違った視点で描くバイオレンスアクション。