完結済 短編

しろくろぽん.のイラコンスタンプ部門作品

作者からの一言コメント

イラコンスタンプコンテスト用ハマナスの花

ノベプライラストコンテストスタンプ部門用作品

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 しろくろぽん.のイラコンスタンプ部門作品
作者名 しろくろぽん.
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ イラコンスタンプ部門 ハマナス はまるなす なす
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月29日 20時08分
最終投稿日 2020年6月29日 20時10分
文字数 0文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 14件
応援ポイント 1,700pt
ノベラポイント 2pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡374,250

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • フリーターの主人公は女神に托卵されました

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話 天生 諷(あもう ふう)

    2020年7月3日更新

    大学受験失敗、就職失敗。 フリーターをしていた天城白鳳は、ある日、近所の池で女神に出会う。 突然、彼女は白鳳の目の前で『卵』を産み落とし、それを手渡してくる。 「この子を育ててください」 そう言い残し、女神はフッと消えた。 数日後、卵から孵ったのは、小さな可愛い女の子だった。 白鳳は、女の子に『朱華(はねず)』と名付ける。 元気に走り回る朱華だったが、彼女は何も口にしない。 困り果てた白鳳は、もう一度女神に会いに池へと赴く。 「彼女は神です。人間の食べ物はまだ受け付けません。彼女は、人間の情念を食べて生きています」 女神の話では、人に取り付いた霊を払い、その人の念を取り込んだ霊を取り込むことで糧を得ることが出来るという。 仕方なく、白鳳は朱華と共に、即席の払い屋を立ち上げる。 笑い多めの現代ファンタジーです。 世界観は、『狐の嫁入り』と共有しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 雁のたよりまゐらせ候

    ♡55,000

    〇2,000

    エッセイ/評論/コラム・連載中・59話 夜霧醒客

    2020年7月3日更新

    #RTした人の小説を読みにいく という企画を安直でやったところ、100を越えるRTや依頼が来てしまい、引くに引けなくなってしまいました。 元々こういう批評レビューをやってみたかったので、いい機会と思い、来た作品を切捨て御免、マシュごめんする事にしました。 本作はTwitterの発言を加筆・改稿したものです。 妄言・戯言ご容赦。 ※注意※ 文字数の大小に基本的に差異はありません。誤差の範囲です。引用などすると長くなることがあるので、それで文字数が増えている事がありますが、別に贔屓しているというわけではありません。基本的にすべて目を通して評しております。 ※注意その2※ 読み切れないもの、如何にしても批評できないもの(一度やってしまいましたが宗教関係などでは当方の信条もあるのでスルーの可能性があります)、紹介してほしい作品をテンプレ的に送っているなどの理由で、選考から除外していることがあります。あまりに長い作品は読み切れないので、なるたけ短編にしてください。

  • 風化していく思い出を必死に留める男の物語

    ♡0

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・1話 織銀 桜音

    2020年7月3日更新

    ──俺は、結局……何がしたかったんだ……? いつかあったような夢を見た男、レイン・クロフォード。『何事もマイペースに。やりたくない事は適当に終わらせる』が座右の銘である彼は、帝国きっての極秘部隊に所属していた。時には街中で情報収集を、またある時には紛争地帯に駆り出されたりなど。 そんな仕事を続けていたレインを待っていたのは、個性的な人達との出会いの連続!そして、レイン達に忍び寄る想像もつかない程、巨大な組織とは……? 彼等の人生が大きく左右される出来事の、幕開けである。