二次創作 設定・プロット 完結済

イラコン応募作品

作者からの一言コメント

こういうの欲しいなって

読了目安時間:1分以内

自分が使いたいものを描きました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 イラコン応募作品
原作
作者名 柊水仙
ジャンル 二次創作
タグ イラコンスタンプ部門
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月25日 19時56分
最終投稿日 2020年8月25日 19時57分
完結日 2020年8月25日 19時57分
文字数 0文字
読了目安時間 1分以内
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 憂鬱チルアウト

    くたびれた社会性のクールダウン逃避行

    9,100

    0


    2021年6月18日更新

    詩というものに初挑戦してみました。誰かの心に何か残せたら嬉しいです。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 静心にて、花の散るらむ: 歌姫による戦争継続のメソッド

    とてもやさしい終わりを作ろう。

    33,500

    0


    2021年6月18日更新

    二〇八八年六月十二日——「歌姫」が戦場に現れたこの日を境にして、世界は確実に変わってしまった。圧倒的な戦闘力を有する「歌姫」たちは、たったの二人で戦争を変えてしまった。当時私は八歳だったけど、その時に聞こえた「歌」に得体の知れない恐怖を感じたのを覚えている。 「歌姫」のことはその前から知っていた。あの人たちは私たちにとって絶対的なアイドルだったから。だから、まさかその二人が、あんな巨大な——「戦艦」に乗っていると知った時には、本当に言葉を失った。 時は過ぎ、私が十五の時、軍の人たちが私の住んでいた施設にやってきた。そして士官学校の「歌姫養成科」を案内された。その時にはすでに、私の「歌姫」としての能力は発現していたらしい。軍の人たちは何らかの方法でそれを知って、だからわざわざ訪ねてきたのだ。同期のみんなもそうだって――。 そして同時に、その頃には、この忌々しい「歌姫計画」が――戦争継続のメソッドが、動き始めていたのだろうと思う。歌姫計画――セイレネス・シーケンス。多くの人を狂わせる歌。当事者である私たちですら、その流れには抗えなかったんだ……。 ----- 作者注:途中で使われているイラストは全て作者(=一式鍵)が描いたものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間23分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る