連載中 短編集

桜語(さくらがたり)

作者からの一言コメント

桜はすべて知っている

桜にまつわるショート・ストーリーを集めた短編集です。 「小説家になろう」「カクヨム」「NOVEL DAYS」にも投稿しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 桜語(さくらがたり)
作者名 朽木桜斎
ジャンル 文芸/純文学
タグ 短編集 文芸
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月13日 19時45分
最終投稿日 2020年6月30日 14時21分
文字数 8,360文字
ブックマーク登録 6件
コメント/スタンプ 7件
応援ポイント 1,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年7月9日更新

    不慮の事故に巻き込まれた主人公の三鷹ルノは、神々から特別な力を授かり、異世界アレルガルドへ転生したが着いてそうそう魔物である鬼人に襲撃され異世界の過酷さを知ることに。 敗北を知り腕を磨き始めたルノは、ウサミミの少女セラを仲間に迎え入れ人間が統治するバスタリシア王国を目指す。 そしてバスタリシア王国で奴隷として働かされるエルフの少女と出会うのだが……その少女は、彼と同じ世界から転生して来たルノの腹違いの妹だった。 主人公が仲間とともに成長する姿、義妹の救出、奴隷制度、そしてルノとその妹を異世界アレルガルドへ転生させた神の目的とは……。 異世界転生ものですが、ステータス確認やダンジョン、チート的な要素は取り除く独自のファンタジー小説になっています。 この小説は奴隷となった妹目線の小説と同時進行しています。↓ 「奴隷日記。私はエルフに転生して奴隷成金令嬢に奴隷として仕えることになりました。」 URL : https://novelup.plus/story/551626026 Twitterはこちら : https://twitter.com/akumanidemonaru **** イラスト : 菜花りよん @KakuLyon 🍙柴た @OnigiriShibata

  • ★7/8 外伝投稿★ 小説×漫画の挑戦 

    ♡212,550

    〇5,600

    現代/その他ファンタジー・連載中・9話 degirock

    2020年7月8日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== この作品はノベプラオンリーではありません。 理由は、【小説寄りのスタイル】と【漫画寄りのスタイル】の両側面からの表現を試みている為です。 小説系としてはあたすことdegirockがここ、ノベプラに。 漫画系としてはイラスト担当のとうまがPixivに。 文字書きの物語と絵描きの物語、ご縁があればそのいずれもご覧頂ける事を切に願います。 Pixiv版についてはとうまのTwitterアカウントへどうぞ (https://www.pixiv.net/users/1125628)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 夏の不思議な体験

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・5話 けんぴ

    2020年7月11日更新

    夏に感じるあの不思議な感覚はなんだろう 寂しいような懐かしいような切ないような そんな夏のある日を表現しました ある夏の日 なんの思い入れの無い道を何気なく歩いていた 孤児院で育った自分は親から捨てられ誰からも愛されずに 生きてきた 生きることとは何かわからなくなってしまっていたのかもしれない あの日が来るまでは

  • 手厚く熱い、葛藤の日々。

    ♡20,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・19話 sandalwood1124

    2020年7月11日更新

    何事にも真面目で愚直な直之と、要領がよく、何でも器用に当たり障りなくこなす泰。 二人は中学時代からの親友で、高校、大学とともに過ごしてきた。 大学卒業後はそれぞれ異なる道へと進んだが、直之の、恋人との突然の破局をきっかけに、泰は自身の生き方を見直し始める。 直之は、かつての恋人への罪悪感に囚われ、息苦しい日々を送っていた。 人生において付きまとう、闇とまではいかないものの、日向から外れたところに生じる影。 その影を抱えながら、光を目指して日々を過ごす人間たちを描いた、静かで手厚い長編小説。