ミステリー 短編 完結済

歌い踊る捜査線 〜5段重ね殺人事件〜

作者からの一言コメント

本当に刑事達が歌って踊って事件を解決!

歌い踊る捜査線 〜5段重ね殺人事件〜の表紙

群馬県のとある湖畔の別荘できれいに積まれた5段の死体。それの捜査にあたるのは、とにかく歌って踊って事件を解決するとんでもない刑事達の歌踊署の面々。殺された5人は全員同じ会社の社員だってことで、地味な社員への聞き取り調査は会社の所轄の警察にお任せして、死んだ社員の穴を埋める派遣社員になりすまし潜入捜査を開始した。すると、この一連の殺人事件をプロデュースして、更に何か企む黒幕の存在が……。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 歌い踊る捜査線 〜5段重ね殺人事件〜
作者名 でんでろ3
ジャンル ミステリー
タグ ギャグ コメディ アクション/バトル 男主人公 女主人公 現代日本 刑事 推理 ミステリー キャラミス 刑事物 歌う 踊る ぶっ飛び
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年3月4日 22時10分
最終投稿日 2020年5月19日 11時20分
完結日 2020年5月19日 11時20分
文字数 17,470文字
ブックマーク登録 6件
コメント 1件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • フラグメント -花粉の少女たち-

    『花粉』によって荒廃した世界を巡る物語

    36,400

    50


    2021年4月20日更新

    『花粉』によって文明のほとんどが滅びかけている世界。 十数年前、突如として宇宙から飛来した宇宙植物生命体、通称フラグメント。世界各地に根付いたそれらは、大気中に大量の花粉をまき散らした。 それは瞬く間に空を覆いつくし、世界はかつての繁栄を失った。 生き残ったわずかな人間たちは、各地に集落(クラスター)と呼ばれる居住区を作り、ひっそりと暮らしている。 そんな世界を一人旅している旅人のソラは、とある集落(クラスター)で一人の少女と出会う。彼女はコトハ。生まれつき体内に『花粉』を宿し、過酷なこの世界に適応した第二世代の少女だった。 セルフレイティングは念のため。 タイトルを少し変えました。 作品種別を長編から短編集に変更しました。 たぶん毎日投稿します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

  • エミィの世界

    小説家になろうに掲載した作品の再録です

    32,100

    310


    2021年2月17日更新

    小学生エミィは、「国の借金問題について家族と話会いましょう」と言う宿題が学校から出されます。 エミィは家に帰ると両親と相談し、経済に詳しいお父さんと一緒にファクトについて調べていきます。 多くのファクトに基づき事実を調べていきまとめていきます。そして、親子で「国の借金問題」に対して、どのように対応するべきかをまとめます。 また別の日に、エミィのママと一緒にダイニングで一緒にテレビを見ていると消費税の逆進性の話になります。 エミィとママは、消費税の逆進性を良く知らないことに気付きます。 そこで経済に詳しいパパに消費税の逆進性について話を聞きます。 最後に消費税はどう対するべきかまとめます ※絵:堺むてっぽうさん作

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 間宮宙(まみやさとる)のスランプ1 -魔女の采配ー 【毎日更新】

    誰が魔女か?人の死なないラブコメミステリ

    52,700

    558


    2021年4月21日更新

    華麗なる変人 間宮宙×お人よしな高校生 橘慈雨=ゆるっとミステリィ&イラっとするラブストーリィ ★日常にイケメンとスリルともたらす作品です。 ★殺人は起きませんので、ご了承ください。 ★痴情沙汰は起きますので、ご堪能下さい。 ★扱いにくい人間が出てきますが、お付き合いください。 「僕を嫌う人間は二種類だ。みんなに嫌われている人間か、内面に隠し事がある人間だ」と間宮はいった。 ●間宮宙(まみやさとる)26歳。 いま最も作品が高く売れる若き現代美術家の一人で、セレブリティにして大富豪であり超のつくイケメン。 だが困ったことに恋愛不適格者。 スランプに陥っていて2年間絵を描いていない。 苦手なもの:乙女心 ●橘慈雨(たちばなじう)17歳。 地味に、目立たず、控えめに暮らす超平和主義者。 にもかかわらずお人よしなために、トラブルに巻き込まれやすい。 座右の銘は、触らぬ神に祟りなし。君子危うきに近寄らず。 慈雨の平凡な日常は、イケメンセレブリティ間宮との出会いで一変する。 <あらすじ> 高校生の橘慈雨(たちばなじう)は母の頼みで夏休みの間、叔父である間宮と渋々暮らすことに。 そんな二人の前に「魔女のシンボル」を持った女性が現れ、慈雨は間宮とともに魔女の正体を探ることにした。 間宮のスランプの原因が元カノとの別れにあると知った慈雨は、間宮に元カノに連絡することを促す。 当初それを拒んでいた間宮だったが、慈雨と一緒にいるうちに考えを改め、ついに元カノに連絡して返事を待つことにし、いよいよ新作に着手し始めた。 同じころ、間宮は魔女の正体を暴くが本当の魔女は、想像の及ばない力と目的を持っていた。 果たして本当の魔女とその狙いは何なのか。 新作は完成するのか。 間宮の恋の行方は? 【お知らせ】6.1から1ページの文字数増やしています。

    読了目安時間:1時間59分

    この作品を読む

  • 死刑執行班・ユーラシア大陸支部

    人殺しが許された職業のお話です。

    7,400

    0


    2021年4月20日更新

    この世界で唯一、人殺しが許された職業。 死刑執行人。 世界に3つしかない死刑執行班。俺はそのユーラシア大陸支部に勤めている。 犯罪に対する法律に革命が起き、1人殺した瞬間に即死刑。そして、死刑囚は被害者と同じ殺され方で人生の幕を閉じなければならないという法律が新しく制定された。これはその死刑囚を殺し、世を平和にするために人を殺す職に就く1人の男の話。 掃除屋────それは、大陸を震撼させている犯罪組織の呼び名だ。突如として活動を始めた組織、そしてもう一つの謎のグループ。死刑執行班は、正しき者のみを地獄に送ることを命じられ、三つ巴の戦争を始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む