歌い踊る捜査線 〜5段重ね殺人事件〜

読了目安時間:4分

第5話 大捕り物

「ひん曲がった根性が やつらを結ぶ  本気でも犯罪    よこしまなこころ  それでも見てるよ  大きな夢を  ここにいるよ    ぶっ潰してやるよ (わかってる)  簡単じゃない    逆らうだろう (わかてっる)  だって、戦いも   仕事 (やるんだよ)  集まったら強い   チームになってくよ (きっとね)     勝ち続けて (We`ll be catch)  それぞれが好き勝手 やらかしたのなら  新しい(場所は)  刑務所だね  それぞれが好き勝手 やったのなら  絶望を(抱かせ)  ぶち込むだろう (逃れる夢は捨て去れ)  最悪の真顔で (伏して伏して低く) 君らはムショの中で    刑期を待ってろ」  合法ドラッグの密売人も買う側も始め呆気に取られていた。  令状を持った刑事たちが歌い踊りながら雑魚たちとはいえ、どんどん討ち取っていく。  実に、シュールな光景だ。現実感がマルでない。  なんてのが通用するのも曲が1曲終わる頃まで。 「なんなんだ? てめーらは?」 「だから、言ってんだろ! 歌踊署(かようしょ)の刑事だ!」 「正気か? お前ら? たった7人で、これだけの人数しょっ引けると思ってんのか?」  確かに、多勢に無勢すぎた。雑魚にかまけている間に、主犯格がへりで逃げるのは簡単そうだ。 「やってみねーであきらめるわけねーだろ!」 「おい、ちょっと相手してやれ!」  黒部刑事に襲いかかって来たのは、ヘビー級のプロボクサー崩れの男。黒部のパンチはことごとくかわされ、相手の重いパンチは面白いように黒部を捉える。明らかに手を抜いているのが分かるが、確実に黒部を逃げ場のない場所に追い詰めていく。黒部もダメージが溜まっていき、足に来ていて誘導されるがままだ。  次が、フィニッシュブローと思われた瞬間、ボクサー崩れの男の目に向かってクルミの実が飛んできた。しかし、男は瞬時にその実の軌道は自分の目の前を横切るタダの目くらましと判断して無視して、フィニッシュブローに集中することにした。  だが、クルミの実が男の目の前に来た瞬間、逆方向から飛んできた鎖の先についた三角形の鉄製の分銅によって、クルミの実は砕かれ、破片が男の目に入り目潰しとなった。  その瞬間をついて、黒部のパンチが男の顎を捉え、大脳を激しく揺すられた男はその場に崩れ去った。  古論(ころん)刑事のカポェイラの相手を買って出たのは、合気道の達人だった。  しかし、お互いに対戦経験がなく、苦戦していた。  古論の蹴りが相手を捉えそうになると、相手に足を取られそうになるので、古論が足を変化球のように軌跡を曲げてかわす、という一進一退の攻防が続いていた。  そこで、急に、段菜刑事が身長差に物を言わせて、合気道の男の身体を抱え上げると、闇雲に走り出した。合気道の男は、てっきりそのまま投げにくると思い、対処しようと思ったが、ただ走り続けている。行く手に壁などはなかったはず、どういうつもりだ? と思った瞬間、後頭部に重い一撃が入った。  古論刑事が2人を追い抜き、待ち伏せして攻撃したのだ。  合気道の男は、古論を年寄りと侮ったことを後悔しながら落ちた。  歌踊署の面々が力を合わせて倒しても、次々と怪人のような戦闘員が現れた。  刑事たちは疲弊し、まさに、主犯格を乗せたヘリが離陸しようとしていた。  刑事たちが、諦めかけたとき、1機のヘリが急降下してきて、主犯格を乗せたヘリの上空でホバリングし、離陸を阻んだ。  主犯格のヘリはなんとか、謎のヘリの下から出ようと低空を飛んでみるが、その動きに合わせて謎のヘリも移動するので、やがて諦めて元の場所に戻って着陸した。  すると。謎のヘリにライトがつき、スライドドアが開いて人が出てきた。  ヘリには「群馬県警」と書かれ、出てきたのは歌踊署署長そのひとだった。 「私だ! 意外かね? 里子に出された子供が偽名を使うと言うことは珍しくない。私の本名は本間五郎だ!」  呆気に取られる刑事たち。 「先日は、兄が大変世話になった。礼を言う。この捜査も私のお墨付きとする。そして、私からプレゼントだ。受け取れ!」  空から7色の光が降ってくる。それは美しい光景。7つの光は寸分違わず、1つずつ7人の刑事たちの下へ落ちていった。 「こ、こりゃあ、一体?」  刑事長が訊く。 「特殊サイリュウム型警棒だよ。そんななりだが警棒の15倍の強度がある。どうだ? 力がみなぎって来ないか?」 「テンション爆上がりっすよー!」  鬼津刑事が満面の笑みで答える。 「パーティ3つははしごできるぜ」  黒部刑事が言えば、 「ああ? 俺は5つ行けるぜ」  と段菜刑事。 「セーラーなんちゃら全員に勝てそう」  三田婦警が言えば、 「プリキュアオールスターズと勝負できます」  と川村婦警。 「こりゃ、四半世紀は若返りますね」  古論刑事が言い、 「俺は、15年で十分です」  と刑事長が受ける。 「つまり、まだまだ行けるってこったぁ! よっしゃ! 行けやぁ! 上級国民なんぼのもんじゃあ! こちとら、上州警察だぁ!」  そのとき、遠くからパトカーのサイレンの音が聞こえてきた。 「おるぁ! 数でも負けてねーから1人も逃がすんじゃねーぞ!」 「で、結局、署長は左遷ですか?」  三田は不満そうだ。 「まぁ。そういうもんだよ」  あきらめ顔の古論。 「そう、諦めたもんでもないですよ」  鬼津刑事がパソコンのモニターを指さす。  そこには、誰が取ったのか、特殊サイリュウム型警棒での捕り物の映像が映し出されていた。 「なんだ、こりゃ?」 「YouTubeです。ニコ生やツイッターにも上がってて、すごい反響ですよ」 「いや……、だからって」 「まぁ、もう、見守ることしかできないよ」 「そうですね」 【完】

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 殻ひよこ

    るうね

    ♡700pt 2020年9月1日 7時48分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    るうね

    2020年9月1日 7時48分

    殻ひよこ
  • TKG

    でんでろ3

    2020年9月1日 8時52分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これからもよろしくね!

    でんでろ3

    2020年9月1日 8時52分

    TKG
  • アイリ(QB)

    ばにら。

    ♡100pt 2020年9月25日 18時41分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    この世界観…好きですっ!

    ばにら。

    2020年9月25日 18時41分

    アイリ(QB)
  • TKG

    でんでろ3

    2020年9月25日 18時56分

    いや〜、いっぺんにたくさん読んでいっぺんにたくさんリアクションしてくれて本当にありがとうございます。いろんな作品がゴチャ混ぜでビックリしなかった?趣味に合わないのなかった?楽しんでくれたんだだったら良かったんだけど。いきなり通知の嵐でビックリしたけど嬉しかった!また御贔屓に!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    でんでろ3

    2020年9月25日 18時56分

    TKG

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼き瞳の異能破壊者

    異能破壊者と『万能』を操る少女の物語

    20,500

    100


    2021年5月14日更新

    太古の昔、一人の人間である最初の異能発言者(ファーストアビリティ-)が世界を歪ませる程の大規模異能を発動したことにより、様々な種族やエルフなどがこの世界に来訪した。 数多の戦争を繰り返したが、当事者の最初の異能発言者により和平が行われてその大戦争が終結した。 それから数千年の月日が経ち、世界は異能を使って様々な進化と発展を繰り返し、異能者を育成する機関が増えつつあった。 東の大陸と言われる巨大なユースリティア大陸の聖都地域にある第一異能学園に通う少年リク・ワンストは、新学期を迎えて二年生へと進級した。 ある時、学園で不可思議な事件が発生し、それの調査を行うリク。 そしてその際にリクは運命的な出会いを果たす。 彼女の名前はアテナ・セブンス。異能者の中でも特に優れている家系であり、世界で十人しか存在しない最高超越者の一人だった。 アテナとリク、二人の出会いが全ての物語の歯車を動かすことになるのだった! 異能破壊者の二つ名を持つ少年と最高超越者と呼ばれる少女による、バトルコメディ!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間51分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    40,100

    360


    2021年4月22日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間13分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 現世堂の奇書鑑定

    古書店店主×幼馴染大学生のBLミステリー

    50,000

    110


    2021年5月14日更新

    古書店店主×幼馴染大学生のBLサスペンスミステリー。 古書店『現世堂(うつしよどう)』の店主・檜山正樹。三十歳でありながら総白髪と全身に酷い火傷痕を持つ彼は、古書の他に一風変わった背景や事情を持つ“奇書”を鑑定し売買することを生業としていた。 そんな彼を手伝うのは、幼馴染である大学生の慎太郎。恋する彼は押しかけ女房のごとく檜山の家に居候を決め込むも、特に進展する様子は無かった。 しかしある日、いつも通り店を開けた二人の元に不気味な本を持った客が訪れ、二人は奇妙な事件に巻き込まれていく。 現在第3章まで完結しています。 ※隔日更新

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間34分

    この作品を読む

  • 『罪人』

    アクション好きな方におすすめです!

    100

    0


    2021年5月14日更新

    神谷は普通すぎる生活を送っている事に悩んでいた。毎日黙々と働き給料を家庭に入れる。趣味という趣味も無ければギャンブルなど一切しない生真面目な性格。やがて自分の人生これでいいのか?と思うようになる。そしてある日サラジャと名乗る三尾の生物と出会い、サラジャの助言に神谷は興奮を覚え始める。神谷はさっそく遊び慣れている同僚の日野を誘い出し、ギャンブルや風俗といった大人の遊び方に目覚めだした。その日を境に、神谷の人生は徐々に歪んで行く。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間43分

    この作品を読む