万聖節悲哀話【短編】

読了目安時間:2分

エピソード:8 / 8

失恋8

 ぼくは、何か言ってやらなくてはならないような気がして、 「昼間は母親がいて、出て来れないんだろう?」  と、ビルに訊いた。  すると、ビルも、涙ながらに面を上げ、 「そうなんだ。おれもそう思って、あの薄汚い売春宿に行ってみたんだ。 『せめて、夜にはおいで』  って言ってやるつもりで。それが……それが、もうあの子は、その売春宿にいなかったんだ」  ビルは、ウイスキーを煽るとこはせず、その代わりに、爪が食い込むほどに、きつくこぶしを握りしめた。 「いない? 引っ越したのかい?」  あるいは、そんなことなど訊かない方が良かったのかも、知れない。  だが、ぼくは訊いていた。次に待っているビルの言葉など、知りもしなかったのだから。 「いや……。死んだんだ」  そう言って、ビルはウイスキーを一気に、飲み干した。 「死……んだ?」 「ああ……。信じられないだろう? 昨日の夜、母親のヒモとケンカになった客に刺されて死んだんだ……。客が、ケンカを止めに入った母親を刺そうとするのを見て、あの子は母親をかばって……あんな母親をかばって死んだんだ……。わずか五つの幼子が……。こんなことがあっていいのか……? ハロウィンの妖精は、あんな子供まで連れて行ってしまうのか……?」 「……」  涙を零すビルの問いに、ぼくは何も応えることが出来なかった。 「おれは……あの子のことが好きだったんだ……。可愛くて、可愛くて、たまらなかった……。あの子が死んだなんて、どうすれば信じられるというんだ? どうすれば酒を飲まずにいられるというんだ? あの子は……昨年の万聖節に帰り損ねた妖精だったのだと……だから、自分の世界に帰って行ったんだと……そう思えと言うのか? おれには……あの子がもういないなんて思えない……。あの子の赤毛が金髪に変わるのを、おれは楽しみにしていたんだ。きっと、大きくなったら金髪になると……。それを見たいと思っていたんだ。それなのに……」  ビルの涙は涸れなかった。  ぼくもまた、胸に熱いものが込み上げて来るのを感じていた。  ビルの失恋を笑う気分には、なれなかった。  彼は確かに嫌な人間だけど、悪い人間ではなかったのだから。  ビルの泣き声は、いつまでも、いつまでも、続いていた。  それでも、ビルは、きっと信じている。来年のハロウィンの日――死者がこの世に戻って来ると言われているその日に、あの子が必ず、ビルの元へ、お菓子をねだりに戻って来ると……。                  了

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 悪役令嬢ちゃん

    HKR

    ♡2,000pt 2021年11月3日 23時50分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは名作

    HKR

    2021年11月3日 23時50分

    悪役令嬢ちゃん
  • ちょんまげひよこ

    竹比古

    2021年11月4日 20時28分

    HKRさん、こちらにも足を運んでいただき、ありがとうございます! しかも、名作スタンプ! 神々しい(涙)! ほぼ改行無く延々と語られるビルの失恋話にお付き合いいただき、感謝です。(なにげにスゴイポイント…)茫然。来年のハロウィンにでもまた思い出していただければ…

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    竹比古

    2021年11月4日 20時28分

    ちょんまげひよこ
  • ひよこランチャー

    橙と猩々

    ♡1,000pt 2021年11月3日 21時47分

    先生の時の語り口と全く違うので驚きましたが、最後まで楽しませて頂きました。大人の寂しさとそれでも若いビルの心に触れた気がします。最後まで読んだ後に最初のぼくのあらすじを読むとまたぐっときますね。毎日の更新を楽しみに生きていたので明日からどうしましょう!良い作品を有難うございました

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    橙と猩々

    2021年11月3日 21時47分

    ひよこランチャー
  • ちょんまげひよこ

    竹比古

    2021年11月4日 20時23分

    橙と猩々さん、あちらもこちらも足を運んでいただき、ありがとうございます! >>最後まで読んだ後に最初のあらすじを――。目からウロコです! そんな味わい方があったなんて! そして読後にまたあらすじを見ていただけるなんて! この数日の生きる楽しみ(コメ等)をありがとうございました!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    竹比古

    2021年11月4日 20時23分

    ちょんまげひよこ
  • 女魔法使い

    和奏

    ♡200pt 2021年11月7日 16時04分

    お母さんを庇って亡くなってしまったんですね。それは本当にビルさん沢山色々な事を想ったでしょうね。死んでしまった子供ちゃんが来年のハロウィンにビルさんの所へお菓子をねだりに来るの一文で涙腺が…。ビルさん待っているだろうから来てあげて欲しい。切ない失恋のお話を有難うございます。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    和奏

    2021年11月7日 16時04分

    女魔法使い
  • ちょんまげひよこ

    竹比古

    2021年11月7日 20時12分

    和奏さん、ラストまでビルの失恋話にお付き合いくださり、ありがとうございます! 子供の貧困や戦争孤児、虐待…ニュースで耳にすることはあってもその子供たちと対面することはないので素通りしてしまっていますが、もしビルのようにそんな子供と出会ってしまったら…。続く。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    竹比古

    2021年11月7日 20時12分

    ちょんまげひよこ
  • 女魔法使い

    和奏

    ビビッと ♡200pt 2021年11月7日 15時59分

    《それでも、ビルは、きっと信じている。来年のハロウィンの日――死者がこの世に戻って来ると言われているその日に、あの子が必ず、ビルの元へ、お菓子をねだりに戻って来ると……。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    和奏

    2021年11月7日 15時59分

    女魔法使い
  • ちょんまげひよこ

    竹比古

    2021年11月7日 20時20分

    続き>>自分に何が出来るのだろう、と思ってしまいます。見なかったことにして通り過ぎたり、児童相談所に通報して対応を待つだけだったり――。ビルのように関わることさえしないかもしれない。失恋は恋をするから出来るものなのだと改めて思いました。まず相手を思うこと! ですよね!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    竹比古

    2021年11月7日 20時20分

    ちょんまげひよこ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 幸せの咲く場所

    自らの幸せを疑わず、少年少女は息絶えた。

    2,500

    0


    2022年8月16日更新

    楽園は、終わらない幸せを約束する場所。楽園の住人は死すら超越し、永遠の幸せを享受する。そこに招かれる資格は、待ち人だけがもっていた。 「センセイ。僕、楽園に行けるかな」 ベッドに横たわった少年は、天井を見つめながらそう聞いた。 男が迷うことなく答える。少年の腕に注射針を刺入させながら。 「当たり前じゃないか。君たちは神様に愛されている。たどり着けないはずがない」 「そうだよね――ありがとう、センセイ。さようなら」 「さようなら」 男が微笑む。 そして、少年の命は完全に停止した。 ◇ ◇ ◇ マキは楽園に憧れていた。他の家族と同様に、招かれる時を待っていた。 幸せの集う楽園にたどり着ければ、永遠に、悲しみもなく生きていけるのだ。 だからマキは楽園を信じた。幸せになりたかったから。 もしそれが偽りだったなら、なにを支えに生きればいいのだろう。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 泣かないで、と言えなくて。

    その人らしさ、を取り戻す為の旅。

    10,300

    38


    2022年8月15日更新

    介護士 佐々木直が出会ったのは、職場いじめを経験し精神崩壊の後、幼児退行を起こした三木 春光という一人の男性。 親子の間に亀裂が走った事も分からない春光は、自意識とそれを失う一歩手前の綱渡りの状態で過ごしていく事になる。 一人の芸術家と医者の交流を描きます 自作小説『はっちゃん」の本編開始以前を描きます。 登場人物の佐々木さんを主人公としたスピンオフです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メリッサ/クリア・カラー

    アイドルとアイドルが戦う小説です。

    15,300

    0


    2022年8月15日更新

    アイドル大戦国時代――国家によるアイドル活動の推進プロジェクトが行われ、5年の月日が経過した。 激動のアイドル界のトップに君臨しているアイドルグループ『i─Con』は新メンバーの募集オーディションを開始し、数万人の少女達が夢をかなえるために応募する。 他人と違う身体的特徴から過去にいじめを受けていた少女、千倉ヒカル 彼女は過去のトラウマから中学生になっても1人も友達を作らず、孤独な日々を過ごしていた。 そんな彼女も中学校を卒業し、16歳の春を迎える。 ずっと憧れだったアイドルグループ『i─Con』に入るため、彼女もまたオーディションに参加する。 アイドルとは―― ファンとは―― アンチとは―― 幸せとは―― 勝利とは―― 千倉ヒカルの人生を懸けた戦いが今始まろうとしていた。 ※アルファポリスでも連載中です。

    読了目安時間:12時間10分

    この作品を読む

  • 境界線上の魔王

    戦い、抗い、少年少女は未来へ進む。

    5,480,163

    258,240


    2022年8月10日更新

    ヒトとヒトならざるモノが息づく大陸、アルティア。 ある日、この大陸を東西に横切る大河が、天を貫く魔法の壁に姿を変えた。 近づくものの魔力を命ごと飲み込んで佇むその壁は、のちに『境界線』と呼称され、長きにわたって異種間の交流を断絶した。 境界線を恐れたヒトは、許可のない渡航を厳罰化し、この魔力に抵抗しうる才のある者に『聖騎士』の称号を与えた。 ……時は流れ、現代。 行方知らずとなっていた先代聖騎士の捜索のため、聖騎士クリスティアが三度目の渡航を終えた、その日の黄昏時。 凱旋式の喧噪のさなか、彼女はひとりの剣士と対峙することとなる。 ※ダークファンタジーですが、一部を除き人物が直接的に死ぬ描写はありません。 ※表紙絵は雪丸ぬん様制作。無断使用および転載はおやめください。 ※小説家になろう様にて、同様の内容で掲載させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間52分

    この作品を読む