異世界ファンタジー 長編 完結済

タキオン・ソード ~朴念仁が欲した最強剣とお姫様のたわわな果実~

作者からの一言コメント

R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

タキオン・ソード ~朴念仁が欲した最強剣とお姫様のたわわな果実~の表紙

「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」  琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。    彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。  アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。  ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。  魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。  後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。  目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。  女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。  世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。  理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。  時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。  

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 タキオン・ソード ~朴念仁が欲した最強剣とお姫様のたわわな果実~
作者名 駿河防人
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 恋愛ファンタジー 朴念仁 巨乳 男主人公 超能力 剣と魔法 超文明 R15 ラブコメ要素アリ 最強 アクション/バトル 悪魔 微エロ HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年7月1日 12時00分
最終投稿日 2020年6月24日 0時48分
完結日 2020年6月24日 0時48分
文字数 781,506文字
ブックマーク登録 249件
コメント 179件
スタンプ 426件
ビビッと 2件
応援ポイント 396,450pt
ノベラポイント 1,280pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 今度は夜食じゃないよ

    ♡52,700

    〇59

    エッセイ/評論/コラム・連載中・25話・69,045字 穴の開いたまるい食べ物

    2021年2月26日更新

    俺、中谷はとにかく食べることが好き。 ご時世でリモートワークになってしまい、一人暮らしのアパートで鬱々と仕事をする日々。 ある時、ふと思いついた。 「お家でいるなら、昼飯も夜も好きなものを作って食べればいいじゃない?」 近所のスーパーで売っているような、どこにでもある材料で、誰にでもできる「うまい料理」を作る。 オンラインゲームの仲間に、作った料理を晒す日々。 仲間は彼をこう呼ぶ。「飯テロのミディアム(中)バレー(谷)」と……。 ***空腹時の閲覧はご注意ください*** シリーズ物 ①夜食 https://novelup.plus/story/240711353 エッセイ部門 日間1位 週間3位 ありがとうございます。

  • 新人魔法士たちが集まる研修、そこで……

    ♡1,787,465

    〇40,414

    現代/その他ファンタジー・連載中・108話・442,217字 秋真

    2021年2月22日更新

    ある『出来事』から日常は一変する。 その出来事の後、 各地に現れた魔法を使える者たち。 それぞれの『属性』に応じて魔法を『呼ぶ』。 国は彼らに「魔法士」の資格を与え士業に列し、その管理下に置いた。 混乱した社会。治安の悪化。 各地の人々はそれぞれの地域の都市圏ーエリアーに強制的に移住させられる。そこでのAIに管理された快適な生活。社会は落ち着きを取り戻しつつあった。 都内私立大学法学部に通う大学1年生、羽田悠貴。 テニスサークルにバイトに、とそれなりに満喫しているもののどこか満たされない日々。 サークル同期での学年合宿へ向かう悠貴たち。 そこで起こった出来事が悠貴の運命を変える。 ※※※※※※※※※※※ 初めまして、秋真(あきま)と申します。 都内で司法書士として働いています。 仕事の移動中の妄想をふとした時に小説にしてみたいと思って書き始めてみました。更新は暫くは仕事の関係で不定期になるかもですが週に何回かは更新していきたいと思っています。 現役司法書士が移動中の電車で描く妄想世界。 皆様方の暇潰しに少しでもお役立て頂ければ幸いです。 若輩者ですが宜しくお願い致します! ※こちらの作品は小説家になろう様、NOVELDAYS様にも投稿させて頂いています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 乙女たちは戦う。それぞれの願いの為に。

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・54話・150,004字 星乃 流

    2021年2月26日更新

    どこかの世界のどこかの集落。 外界から閉じられた小さな里で、住民は質素だが平和な日常を謳歌していた。里の人間は皆、特殊な力を生来より持ち合わせていた。例えば道具なしに火を灯したり、物を凍らせたり、風を起こしたり、光で夜闇を照らしたり、その掌上に小さな雷を生み出したり。それらは日々の生活を少し便利にして助けてくれる。その程度の能力だった。 しかし、ある日唐突に首長の家に呼び出された十二人の少女たちは「刻印」と呼ばれる印の争奪戦を行うように命じられる。 破滅の運命に抗うべく、それぞれ異なる想い、願いを秘めた少女たちが、それぞれの理由、目的のためにバトルロイヤルじみたことに身を投じるお話です。視点は複数人の登場人物の間をあっちいったりこっちいったりする群像劇です。 ※「特殊な力」は魔法や魔術よりどちらかというと自然を操る超能力に近いです ※物語の一部にGL(ガールズラブ、百合)要素を含みます(ただしそれが本筋ではなく、一部の話です。ご了承ください) ※流血シーンが何度も描写されています。そこまでグロテスクな表現ではありませんが(作者の力不足でそもそも書けない)、あらかじめご了承願います。 ※投稿執筆時は横書きで書いていますが、プレビューでは縦組みでのチェックもしています。そのため、「!!」のようなダブルエクスクラメーションマークなどは「‼」などといった環境依存文字を使用しています。 この作品は初めて書き上げた作品ですが、以前他所に投稿→とある賞に応募→一次通過二次落ち→一次審査にて送られてきた評価シートを元に、最大文字数の制約を気にせずにリテイクしたものです。 15万字程度で完結します。

  • 2021年2月26日更新

    魔法が全ての世界でシドは化物クラスの魔力量を持って生まれた。しかし魔法属性は火の一つのみ。更に有効魔法範囲がまさかの0。つまり魔法を外へ飛ばすことができない。そんなシドは無能として勘当される。 父親、兄弟に蔑まれて育ったシドだが、母だけは違った。母はいつも言ってくれた。『お前はいつか太陽になると』 勘当されたシドだが元従者の天才魔法使いアリスが旅のお供としてついてくる。そしてここから無能と言われた男が太陽へと至る物語が始まる。(物理的に)