異世界ファンタジー 長編 連載中

タキオン・ソードーTachyon Swordー

作者からの一言コメント

剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

読了目安時間:28時間34分

総エピソード数:244話

タキオン・ソードーTachyon Swordーの表紙

「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」  琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。    彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。  アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。  ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。  魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。  後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。  目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。  女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。  世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。  理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。  時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。   【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 タキオン・ソードーTachyon Swordー
作者名 駿河防人
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 恋愛ファンタジー 朴念仁 巨乳 男主人公 超能力 剣と魔法 超文明 R15 ラブコメ要素アリ 最強 アクション/バトル 悪魔 微エロ 忍者 HJ大賞2021後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年7月1日 12時00分
最終投稿日 2021年7月27日 15時53分
完結日 2020年6月24日 0時48分
文字数 857,056文字
読了目安時間 28時間34分
総エピソード数 244話
ブックマーク登録 288件
コメント 186件
スタンプ 510件
ビビッと 12件
応援ポイント 458,650pt
ノベラポイント 1,900pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ノベプラ面白いんだけど! 2日前に戻りたいんだけど!!

    この新鮮な気持ちを残したい

    275,160

    4,267


    2022年1月25日更新

    1月3日にノベプラと出会った彼は、このワクワク感を残すためにエッセイを書き始めた。 試行錯誤しながら住民たちと交流し、大手投稿サイトで折れた心が癒されるハードフルストーリー。 ここに感情をぶん投げろ!! エッセイだから何でもありだ! ひゃっはー! 睡眠時間が限界だ! 2022/1/11にスケブで、まりも氏(@marimo0084570)に扉絵描いてもらいました! ノベラとステラ、住人さんたちが迎えてくれて……本当に感謝です!

    読了目安時間:3時間52分

    この作品を読む

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    1,224,660

    268,619


    2022年1月18日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第4章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:19時間39分

    この作品を読む