現代/その他ファンタジー 長編 連載中

異世界からの来坊者

作者からの一言コメント

テキトーに作ります。

ある一つの次元の地球から来た南水菜。その目的は一つの次元の地球を守るため。その目的を達成すべく、引きこもり人見知りの上畑哉太と、この地球の異常現象、異常気象を守る物語。 ラストには思いがけない事実が判明されるので最後まで観てください。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 異世界からの来坊者
作者名 神田氷莉
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 異世界 地球 男主人公
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月23日 13時39分
最終投稿日 2020年7月24日 23時21分
文字数 1,544文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡59,800

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・53話・274,956字 普門院 ひかる

    2020年10月26日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、電撃的に勲功を重ねていく。 ついには第6騎士団長に就任する。彼が編成した騎士団は闇のダークナイトなどを含む異色の騎士団で、人々からは暗黒騎士団(ドンクレリッター)と呼ばれ畏怖されるのだった。 そんな折、次期皇帝を巡るホーエンシュタウフェン家とヴェルフ家の争いが激化するが、フリードリヒの活躍もあり、ホーエンシュタウフェン朝が復活し戦いは収束する。 これで帝国に平和な時代が戻ってきたかに思えるのだが、帝国にデンマーク軍が攻め込んできたのだった。

  • 広い異世界を少年は冒険生活の旅にでる!

    ♡396,084

    〇55,320

    異世界ファンタジー・連載中・85話・275,497字 ネコカレー

    2020年10月27日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れりと!! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 地味&女装陰陽師が星を読んで謎解き解決

    ♡600

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・20話・93,591字 瀬戸晴海

    2020年10月27日更新

    時は平安時代。 「陰陽師」と呼ばれる人々は、星を読み、吉凶を読み、人々の生活を支えていた。 女のような容姿、女のような口調をした一風変わった陰陽師、坂田守。 彼が記録するものは、誰も見ることが出来ない「闇星」ばかりで、使い物にならない。 何故そんな記録を録るのか。彼の謎を解き出そうと奮闘する日々を送る時彦(ときひこ)は、ある日星が落ちるところを目撃してしまう。 落ちた場所へ行くと、なんとそこには可愛らしい神が居た――。 星を読み、星から知り、謎を解く中編シリーズ。

  • 新章38~暫く歩きでイチャコラさせてけろ

    ♡11,268

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・50話・197,671字 英 晴

    2020年10月27日更新

    人と妖(あやかし)のハーフ「半妖」およそ千人が、人に紛れ暮らす街「東京特別4区」で、天啓を受け行政書士となった春主水(はる もんど)。 古より生き永らえ帝都支部を導く「永遠の後期高齢者」の支部長や、先輩行政書士の文太さんら周囲の支援を受けつつ、パート勤務の傍ら「なんちゃって行政書士」として、人と半妖達のお役に立つべく活動を開始いたしました。 「お人好しは才能」と言い切る支部長の薫陶を受けながら、「人と半妖が気兼ねなく楽しく暮らせる」未来を夢見て、今日も誠心誠意・コツコツと、地道に地味な案件に悪戦苦闘しております。 (★不肖、わたくしこと「妹」の美冬がご紹介申し上げました。お兄様共々、何とぞよしなに、衷心よりお願い申し上げます。残念ながら、「爆笑」はございません。誠に申し訳ないことでございます)