現代/青春ドラマ 短編 完結済

死因不明

作者からの一言コメント

もし死んだら、「死因不明」になるんだろう

読了目安時間:16分

総エピソード数:3話

死因不明の表紙

見えている景色が変容するのは一瞬だった。 きっかけらしいきっかけがあったかと言われると答えに困る。 それほど心に刺さる出来事だったかと問われてもわたしは答えられないだろう。 だってそれはよくある日々のひとつでしかなかったから。 これまで何回も遭遇してきた、わたしにとっては珍しくもなんともない場面だったから。 突然だった。突然、ただ、なんとなく。 いやに、なった。

総エピソード数:3話

作品情報

作品名 死因不明
作者名 早藤 尚
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 短編
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年6月10日 7時14分
最終投稿日 2021年6月10日 7時20分
完結日 2021年6月10日 7時14分
文字数 7,884文字
読了目安時間 16分
総エピソード数 3話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 9件
応援ポイント 2,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ブルーモーメント -オーバースピード・オンライン-

    VRゲームでバカ騒ぎするだけ

    91,250

    0


    2022年12月7日更新

    誰でも簡単に↑みたいな写真を撮れるのはグランツーリスモ7だけ!!!!!!!! 事故と病気で両親を亡くし一人暮らししていた高校生、木花悠里はある日、自分の父親がダイブ型オンラインゲームの開発に関わっていた事を知る。 「このゲームにはイースターエッグがある、最初に見つけた者に莫大な利益が与えられる(かもしれない)イースターエッグが!」 なんて言葉を頼りにそのゲームへログインしてみると、そこは4輪自動車で速さを競うモータースポーツの世界だった。

    読了目安時間:3時間53分

    この作品を読む

  • 868回敬遠された月出里逢

    無名の少女が史上最強となるプロ野球もの

    12,950

    1


    2022年12月7日更新

    現実より多くの人々が野球に熱狂し、男女問わずプロの舞台にさえ飛び込む別の現代。 無名選手の月出里逢(すだちあい)は高校3年の秋、野球への未練を完全に断ち切る為、分不相応だと自覚していながら敢えてプロ志望届を提出し、その年のドラフト会議の日を迎えた。テレビの前で同年代や大学・社会人の有名選手が次々と指名されていくのを溜息交りに眺めていたが、六巡目で逢はまさかの指名を受ける。 逢を指名したのは、日本球界12球団で"最弱"と名高い天王寺三条(てんのうじさんじょう)バニーズ。そして逢の指名を促したのは、かつての高校球界のスター投手で、現在は女子大生でありながらバニーズのオーナーも務める三条菫子(さんじょうすみれこ)。1学年違いの逢と菫子はお互いたった一度だけ練習試合で対戦したことがあった。 体格に恵まれず、実績的にも本来なら指名に値しない逢だったが、実は人間離れした身体能力を持ち、そして、その身体能力さえも霞む程の類い稀な才能を秘めていた。菫子は逢の破格の潜在能力を見抜き、球団再建に加え、ある別の目的の為に逢を引き寄せたのである。 これは、実力も精神もまだまだ未完の大器である月出里逢が、幾多の困難を乗り越え、やがてとある怪物投手と共に"史上最強"と謳われるまでの英雄譚。そしてそんな彼女と共に困難を乗り越える者達と、彼女に挑む者達の群像劇。 (1~3日に1回くらい?のペースで1回2000文字前後くらいを予定) (更新はAM12:00かPM18:00くらいになることが多いです) twitter:https://twitter.com/best_yayoilover 表紙絵や挿絵、設定画など:https://www.pixiv.net/users/57502957

    読了目安時間:7時間14分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 種族の輪 《サークル》 ~精霊術師は今日も巻き込まれる~

    新たな仲間を加えて、事件に巻き込まれる

    771,733

    1,918


    2022年12月6日更新

    ここは創造神クレア―テが創った世界にある国の一つ『カルボ王国』のとある村。 十二の成人の儀を終えた『アンデリック』は多すぎる家族に頭を悩ませていた。 齢十二にして家族の貯蓄を心配する彼は出稼ぎに行くことを決意する。 冒険者になるために向かった先——隣町『バジル』に着くも、時間も遅く野営をすることになった。野営中一人の美少年——『ケイロン』が近寄ってくることに気が付く。 彼は旅をしてここまで来たようだが如何にもお忍び貴族風な格好をしているケイロンをみて気付かないふりをしながら、アンデリックは彼の提案の元彼と冒険者パーティーを組むことになる。 冒険者になり依頼を受けていく中自身が『時の大精霊』の加護? を得ていることを指摘され徐々にその能力を開花させていく。 この物語は冒険者になったアンデリックが仲間と出会い、成長し、強大な敵に立ち向かっていく物語である。 *少々不規則な投稿の仕方をいたしますのでご了承ください。 詳しくは一章 (約40話)投稿したら7~10日ほど間隔を開けて次の章へ入りまた一章投稿し......、という感じになります。 何卒宜しくお願い致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:14時間4分

    この作品を読む

  • 翠眼の女騎士と偏愛公子の亡命譚 〜生まれ変わったら〝風〟になる。

    戦乱を駆け抜ける、北欧ファンタジーロマン

    8,200

    1


    2022年12月7日更新

    騎士学校を卒業したグレンダは、辺境の地で新米騎士として働き始める。 新たなご主人様・アルネは銀髪碧眼の美青年。しかし軍事国家の公子でありながら、剣術ダメ、戦術ダメ、内政は伯母や住み込みメイドに任せきりの、書類仕事すらままならないダメダメ領主。 グレンダがあれこれ世話を焼いているうちに、アルネはとんでもないことを言い出して…!? 「一緒に逃げようグレンダ。争いに巻き込まれない遥か遠くへ」 俊速の剣撃と男顔負けの度胸を武器に、女騎士グレンダが繰り広げるは前代未聞の〝亡命〟劇。 どんな雨風が待ち受けようとも、必ず最後までアルネを戦乱から守り抜く! そして国外逃亡の果てに明かされる、グレンダの〝翠眼〟が持つ秘密とは…。 愛と正義が忠誠の狭間で揺れ動くノルディック・ロマンス、ここに全力疾走中!! 【他サイトからの再掲です。1章までを限定公開!】

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む