愉快な5人の超絶イケメン戦記

読了目安時間:3分

エピソード:17 / 27

第3章 Bの敵、アウトオブコントロール

3-1

 十分に休憩をとった翌日。  飛行物体内の時計が午前10時に 初顔合わせをした 第5広場に集合することになっていた。  予定時刻に、5人は集結した。  突然、5人の頭部に 透明で球形のカプセルが被せられ、 色は同じだが、 スイムスーツにコスチュームが変わった。  「おはよう諸君。よく眠れたかな。 諸君の頭部のカプセルは『酸素カプセル』だ。 外部の水分から酸素を素早く取り出し、 内部に供給する。  カプセル内の呼気からも 素早く炭素を分離して酸素を取り出す。  諸君にはこれから、海中で戦ってもらう。  諸君が戦うのは、Bの敵である。  5人で力を合わせて、 Bの敵を屈服させて欲しい。  殺してはならない。和解すること。  それでは敵の情報を提示する。以上」  5人の目の前に微粒子映像が現れた。  5か国語で名称が表示され、 『out of control(アウトオブコントロール)』 という名の大きなタコの映像が表示された。  5人を取り巻く環境が一変した。  海底である。  5人は『脳内対話システム』で脳内会話する。  「おい、いきなり海の中じゃねーかよ」  「沐浴してる海より、青くてキレイだなぁ」  見渡す限りの海底である。  遠くの方を、見たこともない深海魚が泳いでいた。  「おや?大きなタコがいますね」  前方に頭の大きなタコがいた。  タコは、編み物をしていた。  「タコが編み物してるー!」  「大きな魚の骨2本を持って、 コンブやヒジキなどの海藻を使って 編んでいますね」  「何を編んでいるんだろうね」  「話しかけてみましょうか」  「すみません。 アウトオブコントロールさん、 でよろしいでしょうか。  一体、何を編んでいるんですか?」  『脳内対話システム』は、 地球上の全ての生物の 心内言語も翻訳可能だ。  アウトオブコントロールは、5人をチラ見した。  「エサを効率よく取るための、網を編んでいるのさ」  アウトオブコントロールは、 模様にするためのワカメとモズクを、 残りの6本の足のうちの2本でたぐり寄せた。  編むスピードが速くなってきた。  「できた」  アウトオブコントロールは、 2本の足を100メートルほど伸ばして、 編み上げた網を 100メートル先まで広げて、仕掛けた。  「こんなに大きな網なら、 たくさんの魚が掛かるんじゃないですか?」  「好物のヒカリモノが掛かることを期待したい。 ところで私に何の用だ」  「あなたを屈服させるよう、 この世の支配者である『世界統括電脳』から ミッションを頼まれたのです」  「屈服?何のために。どういう意味で」  「えーっとぉ・・・」  ミッションの意味について、5人は聞いてはいない。  ミッションをクリアした後、計画を伝える、 と言われたので、意味もわからずに遂行していた。  「何故私を屈服させなければならないんですか」  「うーん、何故って・・・」  「理由なき攻撃をしようとしているのですか」  「えーっと・・・」  「理由なき攻撃について、何の疑問も持たないのですか」  「僕たちは、あなたを倒そうとはしていないのです」  「倒さなければ、攻撃はしても良いのですか」  「ダメージは少なめにしますので、その・・・」  「攻撃理由があるとすれば、どのようなことですか」  「もう少し、海の生き物を・・・」  「食物連鎖に則って、食べていかなければなりません」  「そんなにたくさんのお魚が必要なのですか?」  「私が魚を大量に捕獲することを非難しているのですか」  「いやぁ、それは・・・」  「私はさほど大食漢ではないと思いますよ。  一度に大量に捕獲するのは、 タコ壺に篭る時間を増やしたいからです。  漁に出るのは、手間ですので回数を減らしたい。  外敵に狙われる可能性もありますのでね」  「・・・どうする?」  「頭良過ぎて、太刀打ちできねえや!」  「話しかけるんじゃなかったかな」  「だけど、問答無用!と先制攻撃をしたら それこそ、何をされるかわかりませんよ」    「私に任せてください」  Bにアイデアが浮かんだようだ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 真夜中のパ・ド・ドゥ

    妖怪ものです。だいたい男女コンビのお話

    1,200

    0


    2021年5月28日更新

    この世界には、『月』がふたつある──── 私立結豪学園に秘密裏に新設された学科──仮称陰陽科、通称F組。 一部の所謂『視える』人間やアヤカシモノたちが集うこのクラスで、主人公・御影縁《みかげゆかり》は無事『家族』に認めてもらうことができるのか? なぜか主人公に冷たい隣席の男子・寒凪葵《かんなぎあおい》は何を思いF組に入学したのか? 常に主人公と共にいる『影吉《かげきち》』の正体とは? そしてそれらを作者は書き切ることができるのか? 乞うご期待! 一部別所でちまちま連載していたものの転載なので短いし細切れです。カクヨムでも投稿しています。 第0章は番外編のようなもので、本編の過去軸の話です。主人公は基本いません。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 【百合】いつかバニラの香りを~魔法が解けるとき~

    ~美月センパイの秘密~の続きです

    0

    0


    日時集計中

    本作品は「いつかバニラの香りを~美月センパイの秘密~」の続編になります。 →「いつかバニラの香りを~美月センパイの秘密~」https://novelup.plus/story/767913495 「キスだけはしないでね」という約束を守りながら、美月センパイと付き合っているみのり。 美月センパイが卒業を迎え、ふたりは離れ離れになることに。 すぐに会いに行ける距離ではなくなってしまったが、美月センパイとは何も変わらない。 何も不安に思うことなんてないはずだった。 友達に誘われ教育実習生を見に行くと、ふいに美月センパイの名前が聞こえてしまい……? 【番外編】 「いつかバニラの香りを~番外編*クリスマス~」https://novelup.plus/story/937318565 「いつかバニラの香りを~番外編*キスの日~」https://novelup.plus/story/453644448 「いつかバニラの香りを~番外編*ハロウィン~」https://novelup.plus/story/567611896

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 俺のことを好き過ぎるヤンデレ共に人生を滅茶苦茶にされたので、次からは「本気」で相手をしてやることにした

    内容は割とダークです

    18,750

    401


    2023年2月1日更新

    幼い頃に両親に捨てられ、数々の理不尽に襲われながらも、少年は逞しく生きて来た。 時は数ヶ月前。最愛の人の期待に応えようと必死だった頃。 目の前に流れ込んで来る赤い血。その先に倒れている妹。あまりに悍ましい光景に、少年は呆然とした。 そう……少年から全てを奪い去ったのは、愛。 彼を愛するが故に壊れてしまった少女達のあまりにも歪んだ「愛」だった。 これは、そんな愛によって心を壊された少年が最愛の人の為にと手に入れたはずの「力」で立ち向かう物語── ※他サイトでも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間48分

    この作品を読む

  • 九龍懐古

    香港ほのぼの日常系グルメ犯罪アクション

    35,887

    0


    2023年2月7日更新

    ジャンル日間1位 ウァーッ⁉マジカー!!!! 皆様のおかげ過ぎて五体投地_(:3」∠)_ 香港に巣食う東洋の魔窟、九龍城砦。 犯罪が蔓延る無法地帯でちょっとダークな日常をのんびり暮らす何でも屋の少年と、周りを取りまく住人たち。 今日の依頼は猫探し…のはずだった。 散乱するドラッグと転がる死体を見つけるまでは。 香港ほのぼの日常系グルメ犯罪バトルアクションです、話は繋がっていますが章ごとでも読めるのでお暇なときにごゆるりとどうぞ_(:3」∠)_ イメージを崩したらどうしようとビクビクしながらUPしている蛇足の絵 pixiv タグ #九龍懐古

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間10分

    この作品を読む