愉快な5人の超絶イケメン戦記

読了目安時間:2分

エピソード:11 / 27

1-6

 「西暦1800~1900年代、 地球は異国間同士の対立などからの 二国間の戦争、 挙句の果てに世界大戦まで経験した。  その一方で、 農地改革や産業革命など、 人類が生きていきやすい地球環境を、 知恵と労働力で作り上げていった。  当時の計画通り、 人口は爆発的に増加し、 地球上のほとんどの人類を 『労働者』として 『税金』を搾り上げることにより 中央に莫大な金銭が舞い込み、 地球は繁栄してきた。  我々の恩寵を受け続けている人類は 地球上で『幸福感』を味わいながら 『労働者』としてのライフスタイルが 定着することにより、 まるで指数関数のごとく、 人口が爆発的に増えた時代があった。  1950年には40憶人だった人口が 2010年には70憶人に達してしまった。  金銭をかき集めるための計画は成功したが、 今度は『地球環境』に悪影響が出始めた。  当時は、『自然災害』を発生させたり、 『ウイルスによる疫病』を蔓延させるなどして、 定期的に『人口削減』を行わざるを得なかったらしい。  その時代からおよそ550年後の 2555年の現在に至るまでに、 あらゆる地域の山を、 核を使用して平野にするなどして 人類の居住にふさわしい レイアウトを増設しながら 現在の人口は 352億人に抑えられてはいるが、 未だに毎年微増している。  これ以上の人口増加は、 地球環境ありきの地球の存続を考えると、 非常に危険である。  地球環境の保護程度、つまり『緑化』など 酸素供給に照準を合わせた対策だけでは とても間に合わない。  早急に『人口削減』を強行しない限り、 極端な酸素不足と汚泥により、 今後の地球という惑星の存続も、危うくなる。  かといって、むやみやたらに、そして無作為に 人間を殺害するようなことは決して行わないと誓おう。  限界が来たのだ。  力を貸して欲しい。  我々が計画を伝えるのは、 このミッションが完了した後にさせて頂く。  我々が計画を実行するためには、 ミッションを完了させ、 計画内容を聞いた諸君による受諾が必要となる。  それでは、ミッションについて説明しよう」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ブレザーと機関銃

    快☆感!となるかは不明

    7,700

    50


    2022年9月30日更新

    内部抗争の末生き残った少女が、家族の仇をとるために暴れる話。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 妖面術師―ヨウメンジュツシ― 

    諸事情により書き方を全体的に変更しました

    1,100

    0


    2022年9月30日更新

    《妖面術師》。それは妖しいお面に宿る存在と契約を交わすことにより摩訶不思議な力・現象を操る者。そんな存在に遭遇してしまった藏野井辰巳は、そこで初めて己の身に降りかかる死の恐怖を体感する。そんな辰巳のもとにどこからともなく現れた大きな欠損が見られる蒼いお面。一縷の望みを賭けて蒼いお面を手にし、どうにか難を逃れることが出来た辰巳だったが、その蒼いお面は妖面術師の間でも語り継がれる曰く付きの妖面であることが判明し――。 ※作者の完全趣味創作※ 納得いくまで書いては消してを繰り返すため更新は激遅不定期

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メリッサ/クリア・カラー

    アイドルとアイドルが戦う小説です。

    18,300

    0


    2022年9月30日更新

    アイドル大戦国時代――国家によるアイドル活動の推進プロジェクトが行われ、5年の月日が経過した。 激動のアイドル界のトップに君臨しているアイドルグループ『i─Con』は新メンバーの募集オーディションを開始し、数万人の少女達が夢をかなえるために応募する。 他人と違う身体的特徴から過去にいじめを受けていた少女、千倉ヒカル 彼女は過去のトラウマから中学生になっても1人も友達を作らず、孤独な日々を過ごしていた。 そんな彼女も中学校を卒業し、16歳の春を迎える。 ずっと憧れだったアイドルグループ『i─Con』に入るため、彼女もまたオーディションに参加する。 アイドルとは―― ファンとは―― アンチとは―― 幸せとは―― 勝利とは―― 千倉ヒカルの人生を懸けた戦いが今始まろうとしていた。 ※アルファポリスでも連載中です。

    読了目安時間:13時間27分

    この作品を読む

  • 【半フルボイス】知識0から創る異世界辞典(ストラペディア) ~チャラ駄神を添えて~

    ボイスドラマを聴くように小説を読もう

    29,200

    1,141


    2022年9月29日更新

    _人人人人人人人人人人人人人人人人_ > 当作品はイヤホン推奨です!! <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ =================== 「【なろうぜ系】って分かる?」 「分かりません」 「ラノベ読んだ事無い?」 「ありません」 「ラノベって分かる?」 「ライトノベルの略です」 「漫画は?」 「読みません」 「ゲーム」 「しません」 「テレビ」 「見ません」 「ざけんなおらあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」 サブカル0知識の私が死んだ先で背負わされたのは、 異世界情報を詰め込んだ【異世界辞典】の編纂作業でした。 ======================== 利己的な人間に歪まされた自分の居場所を守る為に、私は私の正しさを貫く事で歪みを利己的な人間ごと排斥しようとした。 結果、利己的な人間により私の人生は幕を下ろした。 …違う。本当に利己的であったのは、紛まぎれも無く、私だ。間違えてしまったのだ。私は。その事実だけは間違えてはならない。 「……私は確かに、正しさという物を間違えました」 「そうだよなァ!? 綺麗事はやめようよ、ねェ! キミは正義の味方でも何でもないでしょォ!?」 我が意を得たり、と言わんばかりに醜くく歪んだ笑顔を見せる創造主。 そんな主に作られた、弄れるかわいそうな命。 違う…、違う!! その命達を憐れむ権利など私には無い! 「───だから?」 「……へっ?」 「だから、それがどうかしたんですか。私は今度こそ私の正しさを貫き通します。あなたが生み出したこの星の命へ、そしてあなたへ」 彼等のその手にそれぞれ強制的に渡されたとある本。それは目の前に浮かぶ地球によく似た星そのものであり、これから歩む人生でもある。二人の未熟なカミサマに与えられた使命、それはその本を完成させる事。 誰の思惑なのか、何故選ばれたのか、それすらも分からず。 一人は自らの正しさを証明する為に。 一人は自らの人生を否定し自由に生きる為に。 ───これは、意図せず『カミサマ』の役目を負わされてしまった不完全な者達が、自ら傷付きながらも気付き立ち上がり、繰り返しては進んでいく天地創造の軌跡である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む