愉快な5人の超絶イケメン戦記

読了目安時間:1分

エピソード:12 / 27

1-7

 「メンバー5人には、 それぞれ1体の 心理的な敵が内包されている。  Gの敵・・・それは、 『abandon(アバンダン)』  無欲が過ぎて、諦めが早く、 何にも執着せず、 何も手に入れようとしない。  挙句の果てには、 周囲の全てを見捨てようとする怪物である。  Bの敵・・・それは、 『out of control(アウトオブコントロール)』  発想や閃きが、 次から次へと奔放に湧き過ぎて、 とりとめのない思考奔走をする、 鋭くキレる頭脳を持つ制御不能な怪物である。  Rの敵・・・それは、 『lack of attention(ラックオブアテンション)』  集中力が高すぎるゆえに、 熱中すると集中し過ぎて 周囲が見えなくなり、 周囲に対する配慮を欠いて 知らずに、周囲を傷つけたり 攻撃したりする怪物である。  Yの敵・・・それは、 『desire(ディザイア)』  幸福感が次から次へと湧いてきて、 さらなる幸福と快楽を追求し、 次に要求する幸福感と快感は 倍増したものでないと満足できない、 快楽を貪る興奮に歯止めが利かない怪物である。  W&Bの敵・・・それは、 『devil(デビル)』  厳しい現実を前にすると、 逃避して殻に閉じこもり、 長い間、閉じこもったがゆえに、 周囲と断絶された、 居心地の良過ぎる殻の中で 多種多様な悪魔的な要素を 身に付けてしまった怪物である。  Gの敵、Bの敵、Rの敵、Yの敵、W&Bの敵の順に 我々が質感を伴った3Dホログラムの敵を 諸君の目前に1体ずつ提示する。  戦闘場面は、VR空間だ。 5人が同時にそのVR空間で戦闘する。  5人で協力して 次々と、1体の敵に対処して欲しい。  しかし、敵と戦闘すると言っても、 殺してはならない。  屈服させた後、 必ず敵と『和解』すること。  そして、今後も永遠に、 共存すると誓うこと。  以上がミッションの内容である。  検討を祈る」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 妖面術師―ヨウメンジュツシ― 

    諸事情により書き方を全体的に変更しました

    1,100

    0


    2022年9月30日更新

    《妖面術師》。それは妖しいお面に宿る存在と契約を交わすことにより摩訶不思議な力・現象を操る者。そんな存在に遭遇してしまった藏野井辰巳は、そこで初めて己の身に降りかかる死の恐怖を体感する。そんな辰巳のもとにどこからともなく現れた大きな欠損が見られる蒼いお面。一縷の望みを賭けて蒼いお面を手にし、どうにか難を逃れることが出来た辰巳だったが、その蒼いお面は妖面術師の間でも語り継がれる曰く付きの妖面であることが判明し――。 ※作者の完全趣味創作※ 納得いくまで書いては消してを繰り返すため更新は激遅不定期

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

  • て、て、天命が聞こえる……? た!  

    暗い世の中でも、面白い話がここにある。

    1,296,101

    54,988


    2022年9月30日更新

    幼少の身でありながら、身勝手な親から無理やりその国の主をやらされていた男が、また強引に使命を持たされ、大人の体で現代社会に落とされる。そんな男がなんとかやっていけたのも自分の中にいるもう一人の存在のおかげであったのだが、その存在が恋に落ちてしまうと何もかもが変わってしまう。そして男は勝手な父親に、罰として古代社会に落とされてしまう。 片や女は生まれてすぐに古代社会に落とされたがために自由奔放に生きてきたと思いきや、この女にしても長い寿命を授かったがために最初のころは神と崇められていたのだが、がまんできない事情に腹を立て村を出てしまう。 二人を違う世界に落とした者は、子供を捨て宇宙に逃げ出した双子の兄弟であった。そして連れ添う女は妹である。この三匹は進化途中のゴキブリであるが、妹をめぐって二人の争いは絶えなかった。 そんな二人が何もない、獣だらけの古代の大平原で出会い恋に落ちる。 男が自分らしさを取り戻していくほどに、中に居座っていた者は次第に鳴りを潜めていくのだが、女は出会った時から男を連れて理想の土地に行こうと思っていた。そして授かった命だが、処刑される女のお腹からいち早く逃げ出す。 やがて女に誘われるがままにたどり着いてしまった所。はるか昔に古代へと落とされる時のわずかな父親の記憶は残っているものの、以後については全くといっていいほどなかった女であるが、その世界で自分を落とした父の存在とその父から託された役割とを知る。 女はひたすら父を信じ、尊敬し、自慢する。その父は父で、人にとっての幸せをひたすら追求するのであるが、その結果、そもそも人間に寿命を与え進化させ、その上に増え過ぎると殺し合わせるという歴史を考え出した者こそが間違っているという結果に至り、新たな命の循環を模索していた。それはまた、真の創造主に対する挑戦でもあった。 片や男は幼少の身で現代社会に落とされたため、両親のわずかな記憶は残っているものの、その記憶たるやろくなものではない。そんな対処的な二人だ。好きになってしまったものは仕方がない。誘ったのも自分だ。なぜこうなってしまったのか知った女は、ふがいない男の仕事まで買って出る。 さらにそこで知り合った偉大な二人は創造主もどきの子供と思われる女を利用して、真の創造主の意図するところを実現しようとする。そんな四人をいざなう者の正体とは?

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:35時間23分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る